ハウス食品スパイスセミナー・初参加2018年02月15日

ワイン講座の生徒さんから教えて頂いて、是非参加してみたいと思ったこの講座、当選したので初めて参加しました♪

毎年2回、各会場で開催されているようで、定員があるため抽選です。参加費は1,000円。

会場が職場の割と近くだったので、最寄駅からの移動中に職場の人間と鉢合わせとかすれ違わないか、ドキドキしてたら、職場の人間どころか直属上司と信号待ちでまさかのブッキング!

…したんだけど、勤務日は長髪をぼっさぼさに下ろしてるし、メンズのワイシャツにストレッチパンツ、というダサい恰好を隠すためのロングコートといういで立ちから、今日は一変してショートパンツにカラータイツ、ぼんぼりお団子ヘア、コートは膝上ダウンという休日ルックだったため、多分ばれてなかったと思います…。

無事、迷うことなく会場に到着(;^_^A

受付で参加費を支払った後、セミナー会場へ入ると、こんな↓ブックレットが用意されており、お茶もいただきました。
開始時間まで余裕があったので、中をパラパラと読んでみたら、Style Bookにはオシャレな盛り付けのレクチャーがあったり、Spice of Lifeには主要スパイスの説明とレシピなんかが掲載されていて、開始前に結構しっかり読んでしまったり(笑)
もちろん、このブックレットは頂けます。

さて、このセミナー、毎回課題は違うようで、今回のテーマは
「酢とスパイスの美味しい使い方」
ピクルス・漬物くらいしか思いつきませんが…スパイスひとつで味わいも違ってきますから、楽しみですvvv

テーブルにはスパイスがいくつか、すでに用意されていました。
まずはスパイス&ハーブとはどんなものなのか、どんな種類のものが、どんなお料理に使われているのかなど、基本的なレクチャーをモニターの画像などと共にわかりやすくお話して頂きながら、実際にテーブルへ用意されていたスパイス&ハーブの形状や匂いを確認しました。
バジルシードは、乾燥した種の状態と、水で戻した状態のものが用意されていて、ローリエはそのまま使うより、パキッと半分に折って使った方が、植物の持っている精油の香りが弾けていいというお話も伺いました。なるほど。

スパイス&ハーブの現物を確認しながら特徴を耳と目と鼻で知った後、今度はピクルス用のスパイスを自分で実際に作ってみます。
といっても、用意されたレシピどおりに配合するだけ(笑)
自分でピクルス、いわゆる酢漬け野菜を作る時に使うスパイス&ハーブといったら、ローリエタイムクミンコリアンダーブラックペッパーホワイトペッパーくらいでしたが、粒マスタードに入ってるマスタードシードディルクローブオールスパイスなんかも使うんだ!?

うちには常備してなかったり、ホールでは持っていないスパイスばかりだけど、ホールを使うのはじわじわとスパイスの持っている旨みや風味を移すことだそうで、やはり扱いやすいパウダーとは違う使い方をしなくちゃならないんだなぁと。

そんな事を考えながら分量通りに計量し、さっきレクチャーを訊きながら実体験で半分に折って香りの違いを感じたローリエも、入れてOKですよ~と仰ったので、せっかくだからお持ち帰り♪
あとは頂いたレシピのようにお酢やお砂糖などの調味料へ入れて、具材を漬け込むだけ。
実際に同じスパイス&ハーブで漬けた野菜のピクルスも試食させて頂きました。
スパイスを調合してた時に感じたような強い香りや独特のクセは旨く纏まっていて、あっさりと頂けましたよvvv

ピくリングスパイスを作った後で、半端に余ったハーブの使い道提案を兼ねた、フレーバービネガーの試食もありました。
バジルは想像ついたけれど、タラゴン(エストラゴン)は、名前こそ知っているものの、ハーブの特徴なんて全く知らず。
で、実際味わってみたら、バニラのように甘い香りがバニラほどきつくなくて、お酢に入れたら美味しい!

オークスハートなどで味わってきた飲むお酢も、フルーツ酢にスパイスを加えたものを試飲させていただきました。

最後に、美味しかったタラゴン酢を使った、洋風ちらし寿司の試食♪
錦糸卵以外にお砂糖は使っていないそうですが、タラゴン酢の甘い香りでお米の甘味の方を感じる優しい味に仕上がっていて、タラゴン酢、俄然作りたくなってきました!

これにてセミナー終了。
終了後は簡単なアンケートに回答して、おもたせもいただけましたvvv
タラゴンも入ってます!!
スパイス&ハーブだけでなく、おやつからカレールゥまで、食べたことない商品なので楽しみですvvv

休日気分を満喫して、帰りに所用を済ませるために寄り道したら…気が大きくなってたみたいで、衝動買いしてしまった…
マタノアツコさんの手袋♪
はめたままスマホが触れる指ぬきの手袋が欲しかったんですよね~vvv
縁がもふもふで気持ちいいvvv

休めば仕事は貯まる( ノД`)シクシク…けれど、いい気分転換になりました。

ヴァイオリン覚書♪12年4ヶ月~442回めのレッスン2018年02月14日

12年半、【α】教室に在籍したYAMAHA大人の音楽レッスンヴァイオリンコース退会し、本日から【β】教室へ編入し、初めてのレッスンです♪
レッスン歴カウントは純粋にレッスン期間を累積しました。
心機一転、初心に却って頑張りたいと思います。

気合注入のため、レッスン前にカフェで一服。
・アールグレイホワイトチョコレートラテ(DEAN&DELUCA)
残業切り上げてバタバタとやってきましたが、心もお腹も温まりました。

さて、新教室でのレッスンスタート。
そういえば、前日に受付の方から「明日がレッスン初回です云々」というお電話も頂戴し、今日実際にやってきたら「空き教室がある日は前レッスンの待ち時間に楽器の準備などで自由に使って頂けますよ。今日は空いていますので、どうぞこちらをご利用ください」と勧めて下さいました。

前の教室とはずいぶん待遇が違うなぁ。さすが直営教室。
そんな事もこれまでなかったし、楽器は借りる気満々で持参しなかったので、用事もないからと空き教室の利用は遠慮して…ほどなく時間ピッタリに前レッスンが終了したため、新しいG先生にご挨拶してレッスン室へ。

簡単なご挨拶の後、今日がたまたまバレンタインデーだった事もあって、お菓子頂いてしまいました♪

それに

「移動届の引継ぎ事項を見せて頂いたら、前の先生…私が大学でとてもお世話になった先輩なんですよ~♪」

ですって!
思わぬつながりが。

で、今後のレッスン進行について打ち合わせしながら、私も見学レッスン日には伝えきれなかったお話をカミングアウト(笑)

・実は別教室でチェロを習っている事
・発表会は別教室で習っていないヴァイオリンでの参加がメインだという事
・上記事由で、自分が主宰のアンサンブルの発表曲と、オケ曲などを年間の半分くらいはレッスンして頂きたい事。

「個人レッスンなので、そのあたりは大丈夫ですよ~。じゃあ、もうすでにやりたい曲とかありますか?」

と私主体で進めて下さる姿勢満々でありがたいところでしたが、主宰アンサンブルの曲は鋭意編曲中だし、同じYAMAHA系列教室の移籍扱いで使いかけ教材のYAMAHAアルバムEXもあるため、当面はそちらを継続という形で…

ただし、練習曲やスケールはYAMAHA教材を修了してしまっていますので、これまでのレッスンを踏襲して、カールフレッシュクロイツェルを継続する事になりました。

今日はたまたま弓のキャンペーン中だったそうで、試奏用の弓が3つあり、レッスン中どれでも試し放題!一番高い弓は25万円でしたから、「是非使って下さい!」と先生も勧めて下さったのですけど…

なんせ初回レッスンですので、宿題ないし。
今後のレッスン進行について打ち合わせしただけで終わっちゃいました…(ノд-。)クスン残念。

綿密な?打ち合わせにより決まった宿題は以下↓

・カールフレッシュ 5※途中から
・クロイツェル 26
・YAMAHAアルバムEX クライスラー『愛の悲しみ』

曲は先生が選ばせて下さったので、レッスンしていない曲の中から耳馴染みがあって譜読みが楽、復帰レッスンにも負担の少ない(笑)曲を自分で選んで決めました。

最後にYAMAHAアルバムEXで終了した曲を整理しておきましょう。

01. シャコンヌ/ T.A.ヴィターリ【了】※別楽譜(原曲)にて
02. 無伴奏パルティータ 第3番より ガボット/ J.S.バッハ
03. アリオーソ/ J.S.バッハ
04. シチリアーナ/M.T.フォン・パラディス
05. バイオリン・ソナタ 第5番 春 第1楽章/ L.V.ベートーヴェン
06. カンタービレ/ N.パガニーニ
07. アルペジオーネ・ソナタ 第1楽章/ F.シューベルト
08. 夢のあとに/ G.フォーレ【了】
09. ユーモレスク/ A.ドヴォルザーク
10. 愛の喜び/ F.クライスラー
11. 愛の悲しみ/ F.クライスラー※次回着手
12. アヴェ・マリア/ G.カッチーニ【了】
13. 合奏協奏曲集 調和の霊感 第8番 第1楽章 / A.ヴィヴァルディ
14. 2つのバイオリンのための協奏曲 第2楽章 /J.S.バッハ【了】
15. 6つのカノン風ソナタ 第5番 第3楽章 / G.P.テレマン
16. 2つのバイオリンのための6つの二重奏曲 ト長調 / Lボッケリーニ
17. 弦楽四重奏曲 第1番 第2楽章 アンダンテ・カンタービレ/ P.I.チャイコフスキー
18. 弦楽セレナーデ 第2楽章 ワルツ/ P.I.チャイコフスキー
19. スラブ舞曲 第2集 第2番 / A.ドヴォルザーク
20. 交響曲 第8番 第3楽章 / A.ドヴォルザーク
21. タンゴ / イサーク・アルベニス
22. 魅惑のワルツ / フェルモ・ダンテ・マルシッチ【了】
23. 時の過ぎゆくままに / ハーマン・フップフェルド
24. ポル・ウナ・カべサ / カルロス・ガルデル
25. スペイン / チック・コリア
26. 青春の輝き / リチャード・カーペンター、ジョン・ベティス、アルバート・ハモンド
27. 黄昏のワルツ / 加古 隆
28. 日本歌曲メドレー 我は海の子~この道/ 文部省唱歌~山田耕筰【了】
29. 川の流れのように / 見岳 章【了】
30. 風笛 ~あすかのテーマ~ / 大島 ミチル【了】


結構重たい曲ばかり残っちゃってます(;^ω^)
【α】教室では前述のとおり一年の半分くらいをチェロ教室の発表会曲レッスンに費やしていたので、同じスケジュールでレッスン進行していくと、この本を終了するのは当分先ですね。

ま、早く終了する事より、より美しく弾けて合格を目指しているので、気長に臨みまーす。

チェロ覚書♪♪第8期SKE英気を養う新年会2018年02月03日

本日は主宰アンサンブルSKEの新年会です。

立ち上げから8期めを迎えた今期の目標は、ガチンコ勝負の年。
前7期は挑戦の年で、SKE史上初となる夏のライヴ発表会参戦を組み込み、冬のホール発表会と合わせ前&後期体制で活動し、それなりの収穫はありましたが、魅せる&聴かせるパフォーマンスとして完成度に欠けてしまったため、今回は原点回帰を目標に掲げました。

おかげさまで今期も新メンバーの加入が決まり、早速新年会にもご参加頂けましたので、顔合わせと7期メンバーのお疲れ会を兼ねた6名での会食と相成りました。

本日ご参加頂いた7&8期メンバーは以下。
これまでSKEで演奏頂いた&頂く予定楽器と当教室でのレッスンコースを[]内に併記(※D-in=ドロップインという当教室のスポットレッスン制度)してみました。

 私…ヴァイオリン[チェロ]
 相棒hikoちゃん…チェロ、アルトリコーダー、ソプラニーノリコーダー、軽バイオリン[チェロ]
 Nさん(男性)…アルトサックス、ベース、カホン、オカリナ、二胡[作曲・その他はD-in]
 Oさん…ピアノ[ドラム]
 Tさん…ボーカル、アルトサックス[サックス・その他はD-in]
 Nさん(女性)…ピアノ[ピアノ]※新メンバー

当教室以外の教室でその他の楽器をレッスン中の方は、私も含めて半分程いらっしゃいますので、ホントに多種多様な楽器編成が可能なアンサンブルチームへと成長しつつ…あるのかな?(謎笑)

最近、仕事に忙殺されて身だしなみも乱れまくっていた私だけれど、今日は主宰として皆さんへのご挨拶もしなくちゃだし、多少フォーマル?な呑み会なので、久しぶりに膝上ワンピ着て、ネックレスも着けて、付け爪も着けてみましたよvvv


MENU Marche [全7品] 90分飲み放題込 6,200円

今回珍しく呑み放題のコースにしましたので、制限時間いっぱいまで吞むぞーーー!

・マッシュポテトのウニ添え
1杯目はグラスワイン白にしたんだけど…少なっ!

・前菜の盛り合わせ
吞む時間に制限があると思うと、食べる方まで何か焦る(笑)

・蟹のキッシュ
ワインは吞み放題でもボトルで注文できるらしいので、次からボトルにしたら、750mlじゃなくて1.5倍くらい入ってる瓶が来た!

それでようやく銘柄を知る(爆)
イタリアンレストランらしく、イタリア産ワインで、確かぶどう品種はトレッビアーノだったかな?
イタリアワインの代表品種だけれど、習ってたワイン講座では実際飲んで勉強しなかった品種だから、特徴はサッパリわかりません(;´Д`)
今回飲んだものは、クセがなくてジュースみたいな(笑)可もなく不可もないガブ吞み系ワインって感じ。

・函館直送海産物の豪快カルパッチョ盛り合わせ
ワインが赤と白と二択しかなかったので、途中でチェイサー代わりにライチ・グレープフルーツカクテルを吞んでたら、赤を呑み損ねたΣ(゚д゚lll)ガーン

・アクアパッツァ

・SILVA名物 肉盛りオールスターズ

・菜の花と牡蠣のフェットチーネ※写真撮り忘れ

・アクアパッツァの残り汁でリゾット※追加料金648円

・自家製ジェラート

以上、がっつり食べて、しこたま吞んだ食レポ…ってあれ?いつもの詳細レポじゃないし。
ま、値段の価値はあるお料理だったのですけど、いつもはもうワンランク上くらいのお店を利用してるので…満足度はそこそこかな。

あ、Nさん(男性)からは帰省土産を頂きました♪

後日、この一見手筒花火みたいな羊羹を頂いたら、こんな感じだった(笑)
切るのが楽しいvvv

というわけで、昨年末すでにメンバーへ開示していた8期の演奏曲はコチラ↓
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
映画「ラヴェンダーの咲く庭で」より
 ナイジェル・ヘス
Theme from Ladies in Lavender
Fantasy from Ladies in Lavender
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日参加メンバーの担当楽器は以下↓
 私…ヴァイオリン[チェロ]
 相棒hikoちゃん…チェロ[チェロ]
 Nさん(男性)…クラリネット[作曲・その他はD-in]
 Oさん…トロンボーン[ドラム]
 Tさん…アルトサックス[サックス・その他はD-in]
 Nさん(女性)…ピアノ[ピアノ]※新メンバー
半数のメンバーが、レッスンコースじゃない楽器を担当しているという(笑)
ただし編成の決定は、本日不参加の7期メンバーの8期残留確認を以て最終決定となる見込みです。

あ、もう衣装コンセプトは決まっておりましてね。
皆さん、演奏よりそちらが心配だったご様子で(笑)、今回は演奏ガチなので衣装も真面目に素敵路線を狙っています♪

しっかり英気を養えましたので、これから編曲作業に入りまーす。

膠原病治療:治療経過16回め2018年01月23日

腱鞘炎→膠原病覚書36回め。
シェーグレン症候群の薬物療法・継続中です。

実は昨年末に上司から来春退職する後輩の業務を丸ごと引き継げという鬼命令が下りまして…Σ( ̄ロ ̄lll)
しかも、またしても!自分の業務は現状維持ですから、2人前業務ふたたびって状態でして( ゚Д゚)ハァ?
弊社のこうした体制に関してはほとんど諦めておりますけれども、上司変わってもこのマルナゲドンは相変わらずなんだねと。

それもタイトルの通り私、難病治療中の身体ですよ?
上司にはもちろん、病名が確定した時点で無理はできない旨を伝えた上、延長勤務になる昇格も断ったというのに、この仕打ち。
全く配慮されていないという。
っていうかむしろ、「その年齢で、そんな難病抱えて、うちの仕事が気に入らないから転職しようったって無理だろう?辞められるものなら辞めてみろ」という足元を思いっきり見た無言の圧力が窺い知れました…。

とまぁ、愚痴っても仕方がないので、今年に入ってから引継ぎ業務を本格始動してからというもの、毎日が鬼残業&疲れのせいか頭痛眩暈頻発、それでも相手が在職してるうちにとにかく詳細に引き継いで欲しいから意地でも出社して倍量の仕事をこなしてきたほぼ3週間余り。

心身疲れ切って本日の診察を迎えますた。。。。(ヽ''ω`)

休んだ事で仕事が貯まるのは正直キツイけれども、精神的に辛い出勤が続いたため、いつもなら鬱な通院より何より、あの会社へ行かなくていいという歓びが勝ってました。

残業続きでテキトー晩御飯が続いていたから、朝ごはんは辛うじて週末に作った鶏ハムの茹で汁でお粥。市販品の海老のガーリックオイル漬けをオイルごと添えてコクをプラス。
青島みかんでビタミンも補給して。

貴重な通院有給を有効利用すべく、自宅の浄化槽点検に立ち会いつつ、郵便局で所用を済ませ、ドラッグストアで日用品買い足し、愛車に給油して午前中を慌ただしく過ごしたら、ちょっと疲れて…

お昼ごはんは作るのを止め、外食するほどお腹も空いていなかったので、買い弁して、病院の検査待ち時間に病院内のクリエで頂きました。

・ほうじ茶カプチーノ 黒蜜添え(クリエ)
サンドイッチはバス待ち時間に高島屋のペックで買ったもの。
左の海老卵パンは、食べられなくて持ち帰りました…。バス移動中にやっぱり軽い眩暈と胸焼けがあって、でもお腹は空き始めたから、保冷のサンドイッチだけは食べたんですよね。

これだけ疲れを感じているくらいだから、炎症反応上がってるんじゃ…?((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルと若干ドキドキしておりましたけれども、意外や検査結果は安定しておりました。

ホッとしつつ、まだ無理はできるって事なんだなと…
いっそ炎症反応上がってドクターストップになっちゃったら良かったのにと不謹慎な事を思ってしまった。。。。心が病んでます。。。。

で、問診の「最近の体調、手の痛みなどはどうですか?」に対しては、昨年末の発表会直後から痛みが酷くなったため、ヴァイオリン退会中、チェロ休会中を機会に家事や楽器演奏を極力しない方向で過ごしてきたおかげか、割と痛みは気にならなくなっていたため、正直にそう答えました。

あと、最近は残業デスクワークの長時間労働が祟って腰痛が激しいため、元々手首用に処方してもらっていたロキソプロフェンNaテープを腰に使用してる、というのも一応伝えておいたり。

まぁ、あまり痛くないというレベルであって、掌のこわばりは変わらないし、手首も痛みがなくなったわけではないし。

「熱や風邪は引いていませんか?」

と訊ねられましたので

「少し前に風邪の初期症状のような喉の痛みが続いた日はありましたけど、今は大丈夫です。そういえば治療開始以前に感じていたような空咳みたいな症状が、最近復活したなぁという気はします」

と、これも正直回答。

「時節柄、乾燥しやすいせいもあるかもしれませんが、あまり気になって辛いようなら乾燥対策の薬を出しましょうか?」

と打診されましたので、そこまでじゃないからとお断りしました。

それより気になっていたのは最前から申し上げている今までなかった夜間の眩暈だったはずなのですけど、なんかぼーっとしてて肝心なそれを伝えるの、うっかり失念しましたよアレレ(;´・ω・)

そのくせ「メトレートの服用曜日のせいで花金に呑めない」という事を、この一年で結構苦痛に感じていたので、そこは忘れず

「あのー…メトレートの服用日を変更したいんですけど、いいですか?」

と打診してみたところ、

「いいですよ。いつがいいですか?」

と、あっさりOK。

返す返すも最近の激務と自覚症状を鑑みたら不思議なくらい、血液検査に気になる所見なしとの事で、今回も順調にステロイド減量メトレート現状維持、次回通院は八週間後になりました。

★プレドニゾロン 5㎎×1錠 ×2→1錠(毎朝)※水曜から減量
 30→45㎎で増量してから徐々に5㎎ずつ量し、前々回から1㎎単位、間隔は6→8週間の減量計画で、今回まで減りました。

★エディロールカプセル 0.75μg×1カプセル(毎朝)
 ステロイド服用により骨粗しょう症になりやすくなるため、骨粗しょう症治療剤

★タケキャブ錠 10㎎×1錠(毎朝)
 胃薬。劇薬服用によって胃潰瘍にならないための対策

★ダイフェン配合錠 0.5錠(毎朝)
 菌による炎症、化膿、感染症を防ぐ

メトトレキサート(メトレート)錠 2㎎×4&4錠(週1回朝夕)※現状維持
 抗リウマチ薬。限度量まで量したまま。いずれ徐々に減量予定だったはずなのですが、いっこうに減らない( ノД`)シクシク…
 なので、花金にアルコールという潤いを求め(笑)、木曜→火曜服用へ来週から変更しました。

★フォリアミン錠 5㎎×1錠(週1回朝)※毎週土曜→木曜
 メトレート服用による副作用を抑制するために補う葉酸
 メトレートの服用から2日空ける法則らしく、メトレートの服用曜日変更に伴って来週から木曜へ変更です。
 
★ボノテオ錠 50㎎×1錠(月1回起床時)※毎月1日
 これも骨粗しょう症治療剤

★ロキソプロフェンNaテープ 100mg

☆カロナール錠200 200㎎×3錠(疼痛時)
 これは私の持病である頭痛のために、現在服用しているマクサルトRPD錠10㎎と、ロキソプロフェン錠60㎎アルジオキサ錠100㎎のうち、胃への負担が大きいロキソプロフェン錠60㎎が併用禁止となってしまったため、代替薬として胃への負担が少ない本剤が処方。
 同時に手首の腱鞘炎的な痛みに対する鎮痛剤としても服用しております。

ここまではいつもどおりの診察でしたが、

「そろそろ治療を開始して1年が経過しますので、次回はレントゲンを撮りましょう」

との事。

通院頻度が減るのは嬉しいけれど、またレントゲン以外にも昨年みたいな痛い検査を受けるのは嫌だなぁ…と少し不安も抱きつつ、病院を後にしたのでした。

今日はこれまでのように通院後、ヴァイオリンやチェロのレッスンがないので、気晴らし&非常食補給に東急ハンズへ寄って、コレ↓買ってきました。
カレーばっかり(爆)

そんなこんなで、また明日から辛い日々が続きますので、ブログの更新は滞りがちになるかと思いますが、多分しぶとく細々と生きてると思いますので、ご安心くださいませ。

伊勢参りo(^o^)o~順調治療の御礼参りと死事の開運祈願2018年01月07日

腱鞘炎膠原病の治療が寛解に向かう事を祈願して、伊勢参りo(^o^)o~病気平癒祈願に…行ったはずが喰い倒れしてから早1年。
今年も相棒の誘いを受けてお伊勢参りしてきました。

暮れに仕事で鬼命令が下ってからというもの、心も身体も一気に落ち込み沈み込んで、正月休みはほとんど不貞寝して過ごしたので正直、腰は重かったのですが。

病名が確定して治療へ移行する際、入院治療を断固拒否して通院治療を選択したところ主治医には「症状いかんでは入院」と言われ、一時は”あわや”という状態に陥ったりしつつも……
おかげさまでこの1年、何とか入院回避し、ステロイドも順調減量、症状も比較的安定してきたので、御礼参りすべきかな、と思いなおしまして。

いつも通り、JR東海伊勢路フリーきっぷを利用し、快速みえ1号へ…乗ったはいいけれど、正月7日中なせいか、通勤ラッシュのような混雑で、立ちっぱなしの電車移動。

伊勢市駅へ到着したらすでに若干腰が痛かった…。

外宮まで徒歩移動してお参り&お神酒を頂いたら、内宮までタクシー移動するにもすごい行列に並んだりと、いつもと勝手の違うお伊勢参りではありましたが、内宮は思ったほどの混雑でもなかったかな。こちらでもモチロンお参り&お神酒を頂きまして、無事お礼参り終了。

そこからは毎度のルーティンで、すし久待ちに暖を取りつつ小腹満たし。
・甘酒 
・粕汁

ランチはお馴染みの~
・老緑 430円 熱燗
・てこね御膳 1,250円

おかげ横丁をブラブラしたら、お腹が空いてなくてもルーティン。

★赤福茶屋
・赤福ぜんざい 520円

今回はいつもより多少、タクシー待ちやら参拝待ちの時間でロスがあったため、食べ歩きは最低限で。

お土産に欲しかった若松屋ひりょうず(若松屋)も、残念ながら夕方には売り切れてしまって買えなかったので、昨年壊れてしまった折り畳み傘↓を新調しました。
前のも水に濡れると柄が浮かぶタイプで、ミューザ川崎のホールショップで購入したのを気に入ってたので、今回も柄は違うけど同じ仕様のものを買いました。

病気は安定してるから最近うまく付き合えてると思うのだけれど、仕事は真剣に死事になりそうな本年。
無事に生き残れますように…どうせ死ぬなら楽しい旅行で客死したい。。。。

チェロ覚書♪♪教室親睦会2017年12月22日

発表会終了後、教室主催で毎年恒例の親睦会が行われるのですが…
今年はガチ終了後ではなく、明けて6日後の花金開催でした。

平日だから発表会直後の開催時より参加人数は少なかったものの、講師陣も含め60人?くらいは参加なさっていたのではないでしょうか。

金曜はワタクシ薬の都合で呑めない日( ノД`)シクシク…ですので、飲み会の席は切ないのですけど…

今年は教室代表T先生にまた照明の切替など演出上のご協力を頂きましたし、来年から半年休会前という事もあって、お世話になった先生御&生徒さんへのお礼周りと、来期主宰アンサンブルの新規メンバー勧誘営業(笑)のためにも参加してまいりましたよ。


★鉄板ダイニング 向日葵

いつもだいたいレッスンコースごとにテーブル分けされているのですが、私はなぜか毎回別枠扱い?らしく、何故だかチェロの皆さんと違うテーブルに分けられている事が多いです…。

別にあちこち移動するつもりだからいいけど。
本人の意思とは関係なく、レッスンコースじゃない席を指定されるのは…うーん。。。。

で、会場入りしてみたら今回は一応、チェロコースのテーブルではあったのだけど…
チェロコースの親睦会参加者がと、5期SKEメンバーH・Kさんとの生徒2名だけ!(( ノД`)シクシク…しかいなかったせいなのか?座敷の大広間じゃなく、広間と壁を隔てた離れ小島のテーブル席。

で、周りのコースや生徒さんは、お琴の先生1名と生徒さん2名、三味線の生徒さん1名が並び席で、その隣にSKE現行メンバーNさん(在籍コースはクラリネット作曲サックスの3コース)、私の隣にピアノコースで大アンサンブル2曲のピアノ演奏を務められたN・Mさん、その前にピアノコースの面識がない生徒さん、そして5期SKEメンバーH・Kさんという配置でした。
んんん???

主宰アンサンブルSKEを固めるなら、サックスボーカルピアノクラリネットコースに在籍しているSKE現行メンバーTさんも出席してるのに、Tさんは広間席みたいだし???

何故この配置……???

と思ったら、始まってすぐに理由がわかりました。

2期SKEメンバーピアノ担当Wさんが海の向こうへ旅立たれて(海外転勤)2年。
その間、客演(今年秋から晴れてドラムコースの生徒に)でO・Tさん主宰アンサンブルSKEへ加入頂きピアノを担当頂くようになって、実は色々複雑な、ここでは語りつくせぬ悲喜こもごもの事情が重なった事もあり。

教室代表T先生から以前

「ピアノのN・Mさんはとても上手で、他の楽器のアンサンブルをやりたがっているから、この機会にいかがですか?」

と勧められていたんです。
実はN・Mさん、他所の教室でO・Tさんとも親交がある生徒さん。
ただ、私はSNS上でお二人の親交がある事を知っているけれども、その時点でN・Mさんと直接お話をした事がありませんでした。

今年の大アンサンブルの合わせ練習でも、N・Mさんは毎回必ず出席していらっしゃいましたが、お声をかける機会もなくて、接点もないため、教室代表T先生からの申し出はそのまま胸に秘めていたのです。

というわけでこれはどう考えても教室代表T先生の計らいによる、アンサンブルお見合い席に違いない!
婚活ならぬアン活(笑)です。

まぁ、この席は親睦会という、「同じ教室に通っていても、普段接する機会のない他の生徒さんと交流しよう!」という席ですから、主旨は間違ってないしね。

そして教室代表T先生が仰る事と、ご本人の意思に相違ないかを直に確認するためにも、折角教室代表T先生が設けて下さった機会ですので私、まずは大アンサンブルでご一緒した事からジャブジャブと会話を進めていったのですが…

教室代表T先生、大広間での乾杯が終わったら早速、離れ小島のこの席へ来て下さり、N・Mさん、弦楽器とアンサンブルしたいって前から言ってたから、ありこさん是非来年お願いします」猛プッシュされまして(;^ω^)

いやはや私的には、こんな可愛らしいお嬢様が主宰アンサンブルSKEへ加入下さったらそれはもう小躍りする事嬉しい事なのですが…

なんてったって今年アレやっちゃった後でしょ?

N・Mさんの清楚なイメージとかけ離れたパフォーマンスを…実際ご覧になったかは不明ですけど、アレぶちかました後で、同じ思いを抱いて下さるかは正直疑わしくて…。

でもまぁ、来期は演奏を真面目に頑張るつもりだし、色んな生徒さんとのコラボレーションを愉しみたいのは私も同様なので、教室代表T先生から直に背中を押された事もあって、乗っかりました。

「え?ホントですか!?だって今年とか、その前も…うちは普通と違ってアレやとか”ソレ”とかですよ!?本当に、一緒に演ってくれますか!?」

そしたらN・Mさんは素敵な笑顔で「はい、是非!」って……。。。

やったーーーー\(-o-)/

少し席を外していたSKE現行メンバーNさんが戻ってきたら早速

「ねぇねぇ!N・Mさん、来年一緒にSKEで演ってくれるって!」

席を回らずして、営業活動終了(笑)

習っている楽器に関する話題から派生して、音楽を巡る旅の話になったら、なんと海外旅行好きのN・Mさん今年ポーランド旅行してらして、しかも時期が私の行った時期とモロ被りしてました!!(;゚Д゚)
ひょっとしたら現地ですれ違っていたかもしれませんね~なんて話しつつ、定番の観光スポットや、ごはんの話なんかで盛り上がりました。

その後は、初めて顔を合わせた同じテーブルの皆さんともお喋りしたり、この席へ遊びに来てくれたSKE現行メンバーTさんやら、夏のライヴ発表会以来、お喋りするようになったベースHさんやらと会話に花が咲き。

また今日は残念ながら欠席でしたが、ベースHさんアコギとデュオ
演奏なさったチェロ生徒さんで元・メンバーのO・Tさんから、Hさん伝手で、私が撮った動画のお礼にと、差し入れまで頂いてしまいまして♪

何はともあれ例年同様、楽しく、また収穫のある親睦会でした。

途中でビンゴ大会も始まっちゃったりして、席を離れるタイミングを逃がしてしまったため、ヴァイオリンコースの生徒さんや、同じプルトでサポート頂いた先生にご挨拶しそこねて、会がお開きとなったのですが…

帰り際に、「レ・ミゼラブル」を同じプルトで演奏して下さったI先生とお逢いできたので御礼を申し上げたところ

「いえいえ、最初、講師の方かと思っちゃいましたよ~」
I先生は今年からの新任講師

大アンサンブルの参加も9回めで、先生方より参加歴が長いせいか、慣れてて勘違いされたんでしょうね(笑)

お酒が吞めなかったせいで、テンションはおとなしめ?だったかと思いますが、来期主宰アンサンブルSKEの新メンバー加入も決まりそうだし、休会中も私の仕事は盛りだくさんです!ファイト!

チェロ覚書♪♪9回めの発表会・教室アンサンブル2017年12月16日

愉しむ音楽の時間はまだまだ続きます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  私の出演は2日開催の1日めで、

  12月16日(土) 17:30~(予定)
  
  場所:名古屋市昭和文化小劇場

  第二部(アンサンブル部門)

 ★弦楽アンサンブル
  
ヘンデル『水上の音楽』
   …Vc

 ★大アンサンブル(オケ形式)
  ミュージカル「レ・ミゼラブル」メドレー
   …第1Vn

 ★大アンサンブル(オケ形式)
  チャイコフスキー「くるみ割り人形」より行進曲トレパーク花のワルツ
   …第1Vn


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

主宰アンサンブルSKE
  Requiem×ROSIER  LUNA SEA 黒服限定GIG ver.…Vn、E-Vn

のパフォーマンスが終了したら、正直残りはオマケみたいなもの(爆)という感覚でしたので、腱鞘炎症状のある手首への負担を軽減するためにも、楽屋裏での練習はしない…と思ってたのですが……

「合わせ練習やりましょう!」

と誘われて、楽屋で待機している弦メンバーで、よりによって一番手首へ負担がかかる弦楽アンサンブル・ヘンデル『水上の音楽』の合わせ演奏をやる羽目に( ノД`)シクシク…

で、2回も通し演奏しますた…(ヽ''ω`)
それほどズレもせずに通せたし、気になっていた手首の痛みも、痛み止め注射+ロキソニン+本番アドレナリン(笑)のせいか、ほとんど忘れられたので、このまま本番も落ち着いて演奏出来たらなぁ…と思ったのですが…


★弦楽アンサンブル・ヘンデル『水上の音楽』…Vc

5期SKEメンバーチェロ・H・Kさん(発表会参加のチェロメンバーで1、2を争う実力の生徒さん)が、私と同じ2プルの表に座って下さるのと、私が編集し直した自作楽譜を、H・Kさん持参の教室配布楽譜の横へ置かせて頂く事を了承頂いたので、安心していました。

中盤までは私自身もそれなりに集中して弾き進めているし、練習でバラバラだった第2ヴァイオリンも、今日は先生方のフルサポート演奏が混ざっている事もあって大崩れせず、順調順調~……

と思っていたら、途中で(あれ?H・Kさんボウイングが違う!?私間違えたっ!!(;´Д`))というフレーズがあってぐちゃぐちゃっとなり…

そこからは譜面のボウイング書き込みに注意して気を取り直したのですが。

演奏が終わってH・Kさんから聴いた失敗談。

自分の楽譜を後半分、逆さまに置いちゃってたんですよ(笑)
それで慌てて、途中からありこさんの楽譜を見させてもらったけど、フォーマットが違うからどこを弾いてるのか理解するのに時間がかかって、ぐちゃっとなりました」

そうだったのか!!じゃ、私が間違ったわけじゃなかったのね~(;^ω^)
H・Kさんは間違わないはずだから、絶対私がうっかり間違えたんだと勘違いしてしまいました(笑)

私も初めてのSKE参加で、譜面を重ねて置いてしまった失敗がありましたので…以来、楽譜はパッと必ず置いて完了する状態でセットできるように、A4版1枚ずつなら1枚に繋げたり、1日の演奏曲は1つの冊子状にまとめたりと工夫するようになりましたけれども、逆さ置きはもうその場で注意するしかありませんね。

隣にいたけど私、自分の楽譜をガン見してるから、見ない楽譜が逆さに置かれてる事など、気づきもしませんでしたよ(-_-;)


★大アンサンブル(オケ形式)・ミュージカル「レ・ミゼラブル」メドレー…第1Vn

たけどこの曲は冒頭の導入部で入りのタイミングが難しい箇所があって、毎回そこを出遅れorフライングしないように注意するのがキモでしたが、3プルだったので、空気を読んで入ればよくって、それさえ乗りきればそう難しいフレーズもなく、わりとサラッと冷静に弾けたと思います。


★大アンサンブル(オケ形式)・チャイコフスキー「くるみ割り人形」より行進曲トレパーク花のワルツ…第1Vn

本番一週間の練習でトップ、コンミス席での演奏を言い渡され、演奏前の儀式(苦笑)で苦手な調弦指示があったのですが…

私が起立したら、オーボエ1人のラの音から始まって管楽器全体の調弦が終わった後、再度オーボエのラが鳴ったら、今度は私がラを鳴らして弦楽器全体の調弦を行う流れのところ、その過程を終えた後でなんだかゴタゴタ管楽器のブースで悶着がありまして。

(???)と怪訝に思っていたのですが、どうやら木管?の方1人で何かトラブルがあったらしく。
ただその位置が、ちょうど私の席から斜め方向のひな壇の1段奥あたりで、座ってると死角になるため、いったん着席したものの、もう一度起立して、ようやく何かトラブル発生している事だけは把握しました。

舞台袖から出てきて事態収拾したクラリネットの先生が、舞台袖に退いたら、また管楽器の調弦が始まり。

(んんん??弦楽器も調弦やり直すの???)
とワタワタして1プルの裏でサポートしてくれてるヴァイオリンの先生に小声て訊ねたら(大丈夫です※不要)との事でしたので、私やっと着席できたのでした。


ようやく演奏スタート。
調弦時のアタフタで若干集中力が削がれたせいもあり、なんかちょいちょい落ちたり、間違ったりしちゃいました~(-_-;)

あ~あ。

何物にも動じない鋼の精神力が欲しいです。

まぁでも全体的には、合わせ練習時のようなフレーズ入りのタイミングのズレやらテンポの乱れは、そこそこすり合わせ出来ていたので、本番マジック、というか先生方が半分くらいサポート演奏してるから当たり前かなって感じです。

ふぅーーー!おわったーーーー!!
燃え尽きた~~。

今回も応援に来てくれた友人Mちゃんから、可愛い差し入れ頂きましたvv


終演後、相棒Vc-hikoちゃんと差しで打ち上げ~。

ホール近くの鶏料理屋さんへ飛び込みで入りましたが、カウンターでまったり(*´ω`)、美味しいおつまみとお酒を堪能できました。

来年はホール発表会のみに参加する予定で、SKEの演奏曲も、大アンサンブルの演奏曲も決まっています。

大アンサンブル…「パイレーツ・オブ・カリビアン」ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界」第4楽章だって(;゚Д゚)

教室代表T先生の暴走が止まりません…。。。ブルブルブル。

チェロ覚書♪♪9回めの発表会・主宰アンサンブル2017年12月16日

前夜にパンクした自転車の修理が完了するのを待って、早めに出発し、仲の良い生徒さんの演奏を聴きたかったので、朝は早起きして仕度しました。

アイメイクは、いつものペーパーつけまアクセサリーをくっつけて。
カラーコンタクトは夏と同じやつです。

衣装チェックも念のために。
噴き出し注意(爆)
ここ↑から、こう↓なって…
あ、最終形態(一番まとも)なのを撮り忘れた!(笑)

他のアンサンブルはトップだけ変えます。

荷造りもあらかた完了したら、朝ご飯。

かなり余裕があったため、修理完了まで待機して…ホカペでゴロゴロしてたら修理屋さん、朝一番に対応して下さいました!感謝!!

早速自転車を受け取り、一旦家へ戻って早昼ごはんにTKGを書きこみ、いざ出陣!!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  私の出演は2日開催の1日めで、

  12月16日(土) 17:30~(予定)
  
  場所:名古屋市昭和文化小劇場

  第二部(アンサンブル部門)
  当日の出演は以下のとおり(私の参加順)

 主宰アンサンブルSKE
  Requiem×ROSIER  LUNA SEA 黒服限定GIG ver.
  …Vn、E-Vn

 ★弦楽アンサンブル
  
ヘンデル『水上の音楽』
   …Vc

 ★大アンサンブル(オケ形式)
  ミュージカル「レ・ミゼラブル」メドレー
   …第1Vn

 ★大アンサンブル(オケ形式)
  チャイコフスキー「くるみ割り人形」よりトレパーク花のワルツ
   …第1Vn


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お目当ての生徒さんたちの素晴らしい演奏を堪能してから、衣装チェンジ!し、楽屋でまったり(*´ω`)

本番直前、舞台袖に待機する私。

さぁ、楽しい音楽の時間の始まりです♪

◆冬の陣<黒>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Requiem×ROSIER  LUNA SEA 黒服限定GIG ver.
 モーツァルト『レクイエム ニ短調』より
 第1曲「Requiem aeternam」
 第3曲「Dies irae」
 第8曲「Lacrimosa」
  ×
 LUNA SEA『ROSIER』
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 私…ヴァイオリン、エレキヴァイオリン
 相棒hikoちゃん…アルトリコーダー、チェロ1
 Nさん…オカリナ、カホン
 メンバーT・Mさん…チェロ2
 メンバーHさん…チェロ3
 メンバーTさん…サックス
 メンバーOさん
…ピアノ

冒頭第1曲「Requiem aeternam」はスポット照明にてスタート。
あ…暑い…照明が暑ーい。。。。。
と思いながら悶々と弾く私モーツァルト(爆)

でも、モーツァルトの死の影を象徴するかのような、サックスメンバーTさんが画的に思った以上ツボで、なおかつ途中から入ってくるサックスのフレーズはまさに忍び寄る死のようにゾクっとするほどハマってて、鳥肌立ちました。

少しタイミングが危うい箇所はいくつかあったものの、何とかしのいだという感じ。ふぅ( ´Д`)=3 フゥ

ヅラをカッコよく脱いで、照明ON!は教室代表T先生のご協力あって、バッチリでした!
暗闇に隠れて演奏していた黒ローブ組は、照明ONの後でカッコよく、ローブを脱ぎ捨て、 第3曲「Dies irae」がスタート!
が、後から黒ローブ組の皆さんに伺ったところ、「蒸し風呂のように暑かった」らしく、サッと脱ぐつもりが練習通りスムーズに脱げず「焦った(;´Д`)」とか(笑)

そして 第8曲「Lacrimosa」×LUNA SEA『ROSIER』で私の衣装が最終形態になり、持ち替え楽器のエレキバイオリン登場。
演奏が始まる前、私の衣装&楽器転換の都合で入れていたフレーズとの掛け合いでNさん台詞を2つばかりお任せしていたのですが、うまくハマる台詞を考えて下さって、おおお!っと終盤までの期待が高まったものの…

エレキバイオリンの音が全く出てない!?

いやいや、電源は舞台袖でONになってるの確認したし、ラインもしっかり接続したし、舞台上へ上がってからも演奏直前にサッと確認しましたよ私!?

これ私のミスじゃなくて、音響さんのミスじゃない!?

「バランス見て演奏途中で調整しますから」

と昨日のリハで仰っていましたけれども、どんなに一生懸命弾いてる素振りでアピールしても( ノД`)シクシク…音量はいっこうに上がらず( ノД`)シクシク…

唯一、主旋律を弾いてるのがエレキバイオリンだから、もうどうにも演奏的に閉まらず( ノД`)シクシク…

結局、最後までエレキバイオリンは鳴りませんですた…Ω\ζ°)チーン

悲しい…悲しすぎる…っ!!

後で演奏を聴いて下さった生徒さんたちにも「エレキバイオリン聴こえなかった」って言われました…

うそーーーーん。
こんな事なら、いっそラジカセ持参で、そのスピーカー通した方がマシだったんじゃない…????

まぁ…でも、演出はウケたので、それだけが救いという事にしておきます…あーあ。

まだこの後、教室アンサンブルの出演が残っていますが、意気消沈したので一旦シメまーす……くすん。

チェロ覚書♪♪9回めの発表会~リハーサル2017年12月15日

発表会本番前日のリハーサルです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  私の出演は2日開催の1日めで、

  12月16日(土) 17:30~(予定)
  
  場所:名古屋市昭和文化小劇場

  第二部(アンサンブル部門)
  当日の出演は以下のとおり(私の参加順)

 主宰アンサンブルSKE
  Requiem×ROSIER  LUNA SEA 黒服限定GIG ver.
  …Vn、E-Vn

 ★弦楽アンサンブル
  
ヘンデル『水上の音楽』
   …Vc

 ★大アンサンブル(オケ形式)
  ミュージカル「レ・ミゼラブル」メドレー
   …第1Vn

 ★大アンサンブル(オケ形式)
  チャイコフスキー「くるみ割り人形」よりトレパーク花のワルツ
   …第1Vn


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

主宰アンサンブルのリハーサルは全員集合できませんでしたので、私と、NさんメンバーTさんの3名で、セッティングと音響、照明演出の確認を行いました。

◆冬の陣<黒>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Requiem×ROSIER  LUNA SEA 黒服限定GIG ver.
 モーツァルト『レクイエム ニ短調』より
 第1曲「Requiem aeternam」
 第3曲「Dies irae」
 第8曲「Lacrimosa」
  ×
 LUNA SEA『ROSIER』
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 私…ヴァイオリン、エレキヴァイオリン
 相棒hikoちゃん…アルトリコーダー、チェロ1
 Nさん…オカリナ、カホン
 メンバーT・Mさん…チェロ2
 メンバーHさん…チェロ3
 メンバーTさん…サックス
 メンバーOさん
…ピアノ

今回は4年前のスターウォーズ・メドレーの時と同様、スポット照明から曲半ばで明転という演出に加え、ホール発表会でのエレキヴァイオリン初使用という新たな音響設備もあったため、夏のライブ発表会と違って前日にリハが出来る以上、そこだけは入念に確認したいと思っていました。


照明の切り替えは前回同様、教室代表T先生にお願いし、まずはスポット照明の位置確認暗さの確認
真っ暗にすると、黒ローブを被っているメンバーズのシルエットがわかりづらくなる(笑)ため、薄暗いレベルに絞って頂きました。

ピアノヴァイオリンの私だけに当てて頂くスポット照明の位置も調整完了。

このホールは新しいため生音の音響で十分との音響さんのお話しでしたが、今日は全員参加じゃないし、実際の音量バランスがわからない以上、オカリナアルトリコーダーは予定通りマイクを通す事にして、Nさんオカリナでマイクの音量を確認し、アルトリコーダーはも同じ音量レベルに調整頂くようお願いしました。

生音の音響でもうひとつ決めなければならないのが、ピアノの蓋の開き具合。これまで全閉にはしてこなかったのですけど、ここは音響が良いという事で全閉を勧められ…私としては半開くらいのつもりでいましたが、今日は音出し確認も出来ないしで結局、全閉する事に決めました。

後は私のエレキヴァイオリンの音量。
ラインで出力して、スピーカーから出てる音量はまぁまぁという感じでしたが、もっとガンガン出してもらってもいいと言ったところ、音響さんが「本番で演奏が始まったら、バランス調整します」と仰っていたので…
まぁ、そこまで言うなら大丈夫かな?夏のライブ発表会の二の舞(音が小さくて埋もれた)はないかな?と信じてお任せする事に。

ひととおりセッティングの確認が出来たところで、照明明転のタイミング確認のため、モーツァルト『レクイエム ニ短調』より第1曲「Requiem aeternam」の終盤、数小節を弾いて明転タイミングを教室代表T先生に覚えて頂き……

っていうかヅラを取るタイミングですとぶっちゃけたら教室代表T先生に大受け(笑)

私の演出は今回とっても多く↓て、正直演奏どころじゃなく(爆)自宅での事前確認は怠りませんでした!

・ヅラを着用した状態での演奏確認
・ヅラを脱いでヴァイオリンスタンドの弓かけへ置く練習
・赤ジャケットを脱いで待機用の椅子へ置く練習
・ヴァイオリンからエレキバイオリンへの持ち替え確認

後はLUNA SEA『ROSIER』パートへ入る前、私がジャケットを脱いで楽器を持ち帰る時間稼ぎのためのフレーズで、Nさんに丸投げした掛け声2回がどうなるか…練習では毎回、練習中のネタをテキトーに喋って頂いてましたが、本番まで内容を知らされていませんでしたので…愉しみ(笑)

というわけで持ち時間終了。

★弦楽アンサンブル
 
ヘンデル『水上の音楽』…Vc

は前ブログで書いた通り、本日も当日もマイチェロは持参せず、今日は相棒欠席でしたから、必然的に私も欠席し、客席から皆さんの演奏を聴いていました。

合わせ練習ではかなりバラけて冷や冷やものでしたが、今日は先生のサポート演奏がばっちり入っているおかげか、ところどころ持ち直していましたので、本番は何とか大崩れせず弾けるんじゃないかと思います。


★大アンサンブル(オケ形式)
 ミュージカル「レ・ミゼラブル」メドレー…第1Vn

この曲弾いて、この会場の音響を本当の意味で体感しました。
何とか利用した東文化小劇場以上に、自分の音しか聴こえない!!
周りの音がほとんど、もやもやにしか聴こえないため、受け答えのフレーズなどがものすごく弾きづらいです。
そうなったら指揮を見て、カウントで判断するしかないのだけど、他パートを耳で聴いて受けるようにしていたので、まさかの音響に動揺…。


★大アンサンブル(オケ形式)
 チャイコフスキー「くるみ割り人形」よりトレパーク花のワルツ…第1Vn
この会場の音響で一番怖くなったのが、この曲。
本番一週間前にしていきなり命じられたトップ、つまりコンミス席で演奏しなければならない上、一部ボウイング間違いも一週間前に発覚したばかりだし、周りを引っ張るどころかおんぶにだっこされたいくらいの気持ちだったのに、この音響!

まー、あちこちで落ちましたわ(;´Д`)

教室のFacebookにリハの動画がアップされてましたが、一番目立つ位置で映ってる私、ちょいちょい動きが妖しいです(-_-;)

本番では、落ちてもエアボー&びびラートで誤魔化す度胸だけを保ちたいと思いますた。

精神的にドッと疲れて、帰途につき…
途中でコンサート帰りの混みあった電車の中、大荷物で大ひんしゅくを買いながら、ようやっと最寄り駅まで到着し、いざマイチャリで帰宅しようとしたら……

まさかの後輪パンク!?( ノД`)シクシク…

呪われてる……厄日だ……
なんか明日の本番、嫌な予感がする…っ!!

と、パンクした自転車でえっちらほっちら自宅近くまで漕ぎ進み、利用した事はないけれど前から気になっていた自宅そばの自動車整備や(自転車修理をやってるぽい)を通ってみたら…

閉店後の連絡先というのが書いてあった!ので夜中の22時30分、失礼を承知で電話し、修理をお願いしたところ…明日一番で修理して下さるとお返事頂けたのはせめてもの救いでした。ホッ。
神よーーーーーー(* ̄0 ̄)/ 

チェロ覚書♪♪8年6ヶ月~202回めのレッスン2017年12月12日

どうにもお腹が空いたため、レッスン前にお外ごはんしました。


・グリルド チキン サンドウィッチ 税込1,706円
おおお!想像よりガッツリ!!
コールスローサラダの上に、でっかいピクルスが1/2個、付け合せのポテトフライはかなり沢山乗っています。

ベーコングリルチキントマトロメインレタスアボカドが綺麗にサンドされていて、かぶりつくための紙袋も2枚くれました。
レッツ がぶりチキン。

わー、カリッと焼かれたベーコンと、ジューシーにグリルされたチキン、瑞々しいトマト、シャキシャキで傷みのないロメインレタス、ほどよく熟れたアボカドが絶妙バランス。

ポテトフライは私、くし形カットのが好みなのですが、この拍子切りタイプ、表面がカリッカリに揚がっていて油っぽくなく、美味しい。

コールスローもしっかり塩もみしてから調味されていて、よく馴染んでるし、ピクルスがおっきいのも嬉しい。

全体的に、基本調理がきちんとされているなぁと感じました。
値段なりの価値は味わえましたよ。
小腹を満たしたい時は、二人でシェアしてもちょうどよいくらいのボリューム感でした。

うん、ここはリピ決定。


大満足で教室へ移動し、休会発表会前、最後のレッスンです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  私の出演は2日開催の1日めで、本アンサンブル部門は

  12月16日(土) 17:30~(予定)第2部
  
  場所:名古屋市昭和文化小劇場

  です。当日の出演は以下のとおり(私の参加順)

 ★弦楽アンサンブル
  
ヘンデル『水上の音楽』
   …Vc

 ★大アンサンブル(オケ形式)
  ミュージカル「レ・ミゼラブル」メドレー
   …第1Vn

 ★大アンサンブル(オケ形式)
  チャイコフスキー「くるみ割り人形」よりトレパーク花のワルツ
   …第1Vn

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

今日も弦楽アンサンブル曲のレッスン。

弦楽アンサンブル
ヘンデル『水上の音楽』

週末に参加した最後の合わせ練習、当時の状況は先生のお耳にも届いていたようで…(;^ω^)
教室代表T先生がかなりご立腹で、ヴァイオリンの先生が戦々恐々だったみたいですね~(苦笑)あ、チェロは大丈夫って仰ってましたよ」
と仰っていました。

通し演奏すらできなかったけれど、終盤に途中でストップがかかるまで録音したので、それを先生にお聴かせしたところ…苦笑。

冒頭から合ってないし、中盤はもっとバラバラだし(;^ω^)

でもテンポの参考にはなったので、録音と同じくらいの速度で、先生の他パートピアノ演奏と一緒に通し演奏しました。

痛み止めを打ってからちょうど3時間くらい経っていて、まだ若干薬指&小指の痺れは残っていましたが、手首の痛みは…多少軽減されてる…かな???というレベル。

なるべく弓手に余計な力を使わないよう、響きを殺さないように演奏したつもりでしたが、弾き終わった後で先生からは

「前回よりちょっと丁寧感が弱くなってしまいましたが、音程もおおむね安定していましたし、ニュアンスは大体出ていたと思います」

と言われました。

強弱やタイミングに意識を傾けた分、少し粗く聴こえる弾き方になってしまったのかな?

本番も近いし、目立った問題もないという事で、今日は前半お喋りが長かったせいもあって通し演奏1回でおしまい。

意識して弾くとより良いと頂いたアドヴァイスは、以下の赤[の部分。

「ここは小節頭がフレーズの頭じゃなく、前の小節のフレーズの終わりなんですよ。特に強弱記号を見るとお分かりの通り、11小節は冒頭レが10小節の3拍めからクレシェンドしたフォルテシモで、11小節の2拍めはメゾフォルテになっていますよね?ここが次のフレーズの始まりっていう事なんです」

なるほど。

「35小節は指示記号上の切れめがありませんけど、ここも34小節の流れから35小節の冒頭までで区切って収めオクターブ跳躍するレの音で仕切り直す感じです。
といっても、最終的には他の弦とのアンサンブルなので、周りのニュアンスに合わせる事にはなりますけどね(苦笑)

と、語尾へ暗に”ニュアンスレベルの状態ではない”事を臭わせる口調でもって、ご指導頂きました(笑)


後半はほとんど伴奏的なフレーズだし、移弦もそこそこスムーズになってきたしで、先生からもニュアンスのご指導や修正指摘はありませんでしたので、このまま丁寧を心がけて本番に臨めたらいいな。
前日リハは職場から直行するためマイチェロを持参できず、弦楽アンサンブルはリハ欠席です。

当日も、荷物削減のためマイチェロは持参せず、チェロ弓だけ持参して相Vc-hikoちゃんの愛器を借ります♪
Vc-hikoちゃんの愛器は、ぶっちゃけマイチェロの3倍くらいの値段なので、マイチェロで弾くよりいい音が鳴る事は間違いなし!

来月から半年休会、その間、チェロを弾く事は…多分ないと思いますが、来年の発表会にもチェロ1枠くらいは参加したいので、養生しまーす。