マルタ旅行o(^o^)o5日め~朝からワイン、お船でスススィッとゴゾ島観光 その12016年07月16日

今日はマルタ本島を離れて、1日ゴゾ島観光です。

現在地がマルタ本島の真ん中あたりのセントジュリアンですので、今回の旅で一番移動距離が長いです。
ゴゾ島内の移動手段は限られてくるので、ツアーサイトで1日ツアーを申し込んでおきました。
出発が早いから、まだ仄明るいうちに早起きしたのですが、三文の徳?
お部屋から美しい朝陽が見られました♪
ぼんやり明るくなった時に窓の外を見て…だんだん上ってきましたね……。
明る~い!!朝焼けも綺麗です。

朝ご飯食べに行ったら、一番乗りだった(笑)
空いてたので、今日はオムレツもオーダーで焼いてもらいました♪
調理人のおじさんは鼻歌混じりに料理しはじめ、「どっから来たの?」英語でお約束の質問をされたので「Japan」と応えたら、「グッドモーニングはなんていうの?」と訊かれて、思わずちょびっとだけ覚えたマルタ語で「ボンジョールノーー」と言ったは良いけれど、「No,No,No,日本語で」だって。
「おはよう」と言い直したら、「おはよー、ございまーす」と中々流暢な日本語が返ってきましたよ。なんだ、おじさんも言いたかったのね(笑)
その後、要約すると多分「マルタ語は、イタリア語とフランス語とアラビア語が混ざってるから、発音がちょっと違う。ボンジョルノ(イタリア語)、ボンジュー(フランス語)、ボンジュゥールノ(マルタ語)みたいな」というような事を英語で教えてくれました。

ちなみに「Merhba! (メルバ/メルハバ)」は「いらっしゃい,ようこそ」という意味のマルタ語なんですが、発音上はほとんどトルコ語の「Merhaba! (メルハバ)」=「こんにちは」と同じなんですよね。観光客としてコミニュケーションする上では、基本的に英語でOKなので、あんまりマルタ語喋る機会もなかったけれど、色んな影響を受けた文化を感じ取るのも旅の醍醐味です。

さて、オムレツも美味しく焼いて頂いたので、朝食に致しましょう~と、テラス席へその他よそってきた料理を置いて、最後に飲み物を取りにいったらば……
大抵のホテルの朝食ビュッフェであるジュース類、牛乳などのタンクの脇で、氷の入ったワインクーラーの中に何と!スパークリングワインがあるではないですか!!

朝から吞む!!(爆)

朝日に照らされたスパークリングワインが絵になりますね!

いっただっきま~す♪

ぷはーーーっ!!贅沢な朝!!
とまぁ、朝から飛ばして、余裕をもって送迎車を待ってたのですけど……日本的5分前集合気質に触れてきた今回の旅で初めて、時間になっても車が来ない。

10分以上経って、さすがにちょっと催促入れた方がよかろうと、ホテルのコンシェルジュに電話で代理店へ問い合わせしてもらったら、あと10分くらい遅れるとの事。
この際のコンシェルジュのおじさんの対応も親切丁寧でした。

結局、予定時刻より30分くらい遅れてのピックアップとなり、ゴゾ島までのフェリー乗り場へ着いたのも遅れたのだけど、各処からピックアップされて集合した他のツアー参加者と何とか合流して、英語ガイドツアーが始まったのでした。

スリーマ&ヴァレッタ間のフェリーより断然大きい、カフェテリアもある大型フェリーです。フィンランドからエストニアへ行った時のフェリーと同じくらいの規模。フリーWi-Fiはチケットのアドレス入力とか不要で利用できました。

およそ30~35分程度でゴゾ島に到着。

ここからバスに乗り換えて、まずはアズールウィンドウへ。
長い年月をかけ、岸壁を風と波が侵食して出来た自然の造形美です。
この日はとてもよいお天気でしたが、風は相当強いし、波も激しくて、近い将来崩れてしまうと言われているのも頷ける環境でした。

遠くから見ると、周りはこんな感じ。
私はアズールウィンドウ自体には上りませんでしたが、写真をよーくみるとゴマ粒のごとく歩いてる人が見える通り、フリーで行き来できます。
足許が悪いし、風は激しいし、もし風に煽られて腱鞘炎の両腕両手で転んだら、身体を支えきれずに転落事故……って可能性も無きにしも非ずでしたので(苦笑)やめておきましたよ。
遠くから眺めた方が美しいし。

歩きやすくルートが整備されているわけでもなく、足場はかなり悪いので、動きやすい靴で行くべし!です。
そうはいっても、同じツアーに参加されてた日本人の方々、結構サンダルの方が多くて、びっくりしましたが。

全く自然のままなので、侵食されたゴツゴツの岩肌には、ところどころ大きな水たまりもあります。

観光地っぽいものといえば、この案内板一枚だけ。

街中の建造物を見ても思ったけれど、よほど史的価値のあるものでない限りは、自然のまま、多少崩れたり風化が激しくても、崩れるに任せるって感じ(笑)
でも、過保護過ぎないスタイルで、それもまた正しい在り方なのかもしれません。

とりあえずアズールウィンドウを先に見ちゃって、後から周辺をうろうろ歩いてみたら、手前にぽつんと小さな教会がありました。中を見ても、特別素晴らしい内装や外観だったりってわけではなかったのですが、周りにあまり建物がないので、ちょっと絵になりますね。
真新しい感じです。

駐車場の周りには出店やらお土産屋さんがありましたので、少しウィンドウショッピングもして、バスへ戻りました。

午前中は移動時間でだいぶ消化しましたので、もうランチタイムです。

バスで少し移動して、海の見えるレストランで食事しました。

バスの中でガイドさんに「フィッシュorチキン?」とオーダーを訊かれていたので、着いたらサクッと料理が来ましたよ。
ちなみにワインはコースに含まれているそうですので、呑み放題で、ソフトドリンクは有料なのです。
もちろん吞む!
他の日本人の参加者の方たちと同席したのですが、私たちともう一人の男性が一番吞んでました(笑)
私たち以外は一人旅の方たちばかりで、旅慣れていらっしゃったので、行ったことのない国のお話が聴けて楽しかったです♪

個人旅行でも、オプションでツアー参加すると、一期一会の方々と語り合える愉しみがありますね。

さて、メインディッシュは私、チキンを選択しました。
フィッシュじゃないと邪道な感じですが、あえてチキン。
普通のトマト煮込みでした。まぁツアーについてるランチなので、こんなもんでしょう。

デザートにアイス付き。普通に美味しかったです。

食後、バスへ乗り込む前に美しい海を鑑賞して…

次の目的地へ向かいますので、いったんシメま~す。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの管理人のハンドル名をお答えください♪

コメント:

トラックバック