ヴァイオリン覚書♪11年3ヶ月~406回めのレッスン2016年07月26日

マルタ旅行から帰国後、一週間以上あったし土日もフリーだったはずなのですが、残業も多かったし、旅の疲れに加えて夏風邪まで引いちゃってほとんど自習できませんでした…。
やったといったら、新しい曲の譜読みくらい。それも数分で1回ざざっと弾いただけ(爆)

とりあえず、レッスン前にアンサンブルクッキングの申込を済ませる事を最大の目的にして(苦笑)教室へ向かいました。
今年のアンクは、カノンコース、バッハコース、モーツァルトコースの3コース。
ブロ友&YAMAHA友のぽん0427さんとすり合わせて、バッハコースで申し込んだのですけど、よくよくスケジュールチェックしたら、その日は午前中にチェロ教室のオケの練習が入ってたからちょうどよかった。

先生にお土産をお渡しして、「実は前回レッスンの後……云々」と旅行に出かけた事をお話ししたら、「アクティブですね~」と驚かれましたよ(笑)
お土産賄賂で自習不足を誤魔化し作戦(爆)


■イ長調の4オクターブアルペジオ 
今日は1拍1スラーで弾きました。
下りでちょっと譜面を追ってる目が迷子になっちゃって、フィンガリングで迷って乱れましたが、弾き直してOK。


まったく自習していなかったので、一番不安だったのですが…
あれ、案外サクッと弾けちゃった。
しかも、宿題範囲は途中までだったのだけど、集中して弾き続けて先生も止めなかったからそのまま最後まで弾いちゃった(笑)

中盤、音程がかなり怪しいところはあったのですが、前のエチュードで指摘された「左指を極力弦から離さずにトリルを弾く」事も心がけながら弾いていたので、特に技術的な指摘はなく、次回は頭から通して、速度アップで弾く事になりました。

完璧とはいかないまでも、こういう長いエチュードがほぼ初見で弾けるようになったのは、進歩なのかな???

★カッチーニ『アヴェ・マリア』…第1Vn
今やカッチーニ作ではない事が通説となりましたが、YAMAHAのアルバムEXはカッチーニ作としてますので、原典ママとします。
一度、過去のアンクで第2Vnを弾いた事があったのですけど、ざっと譜読みしただけでもずいぶんアレンジが違いました!

まずは頭から先生と一緒に演奏。
【A】パートは最後の段から1stポジで弾いてたのですけど、3rdポジを維持して弾くように指示がありましたので、修正しました。

【B】パートも【A】パートからの当初の流れで冒頭を1stポジで弾いていましたが、必然的に3rdポジへ変更。
ここは2段めの最後の音"レ"がフレーズの流れ的に唐突で、3段めの休符明けのフレーズの音程が臨時記号もあって捉えづらく、若干苦心したため、後で何度か確認演奏しました。
それ以外は、ポジ移動がちょっと複雑?だけれども、流れで捉えれば何とか。

【C】パートは、確かアンクでも同じようなフレーズを弾いた記憶があるので、わりとすんなり弾けました。

【D】パートは、【B】パート後半部分のほぼ繰り返しだから、サクッと。
2、3回めの通し演奏は、先生の第2Vnと合奏しました。
4拍子に当てはめながら演奏する意識を持って合奏した分、ちょっと強弱が疎かになってしまった部分もあったけれど、自習不足にしてはまぁまぁかな。

先生からも
「第2Vnのフレーズと、よくタイミングをすり合わせて弾けていましたね」
と評価頂きました。

次回はニュアンスも加味して演奏します。

チェロ覚書♪♪7年3ヶ月~173回めのレッスン2016年07月26日

ヴァイオリンレッスンからの~チェロレッスン。

こちらも全く自習していなかったけれど、前回レッスン以降、譜読みした年末発表会チェロアンサンブル曲のフィンガリングは清書しておいたので、多分大丈夫かな?と甘々な予測を立てつつ、お土産賄賂とお土産話で盛り上げてからのレッスンでした(笑)

★「カッチーニのアヴェ・マリア」…第3Vc
先生の他パート含むピアノ演奏と一緒に演奏スタート。
し始めたら、いきなり「最初の音が違う」って言われて、(出だし解放弦なのに、えええ!?)と焦りましたが、単純に先生が第4Vcと勘違いなさってただけでした(苦笑)
私チェロアンサンブル始まって以来ずっと第4Vcでしたのでね。今年は第3Vcに昇格?ですよ。

解放弦も多いし、音程はほぼ無難に捉えられていたのですが、【A】パートの「15小節めのソ♯はフレーズの中で大きく変化する音なので、mpで一定に弾かず、少し強調して弾く」ように指導されました。

あ、一応ボウイングは未確定ながらも、【A】パートまでは譜面のままってことだったのですけど、【B】(コレ、意味あるの?)ってスラーの指定違いが25小節と26小節以降で一目瞭然なので、現状スルーだそうです。
それ以外は、別に一小節分のスラーも苦なく演奏。

ゆっくりめなら何とか弾けるけれど、今後の課題は【C】パート以降でしょう。
「音形通りに強弱をつける」よう指示されましたが現状、音程を捉えるだけで精一杯なので、今後の修正点として持ち越し。
【D】パートは一瞬主旋律かと思いきや、さくっと副旋律に移行しますが、ここも「55小節めのソ♯はフレーズの中で変化する音なので、mfで一定に弾かず、少し強調して弾く」ように指導されました。
それ以後、しばらく続く57小節め以降の四分音符に関しても、私はベタッとのっぺり弾いてしまったのですが「訥々とリズムを刻む感じで、バロックっぽく切って、余韻を軽く残す感じで弾いてください」との事でした。

【E】パートはザッと譜読みした時のフィンガリングで、ある程度の速度感を保って弾こうとしたら……
腱鞘炎の左手(特にバネ指になってしまった現状)では、かなり厳しいフィンガリングが何か所かありました。
それが71、74、79小節の1から4の指(移弦あり)のフィンガリングです。
間隔が広いのと、音も八分音符で詰まってて、なおかつ1スラー内という事で、スムーズに弾くには1と4の指の定位置を弾く段階で両方キープして弾かなければならないところ、1と4の指の間隔分、どうしても指が開けないため、4の指を弾く段階でずらして弾こうとすればタイミングが遅くなってしまい、どうにもこうにもダメでした。

そしたら先生が、「第4ポジションで弾きましょう」とフィンガリング代案を提示して下さったので、元来ポジション移動なしで弾けるパートでしたが、問題の3か所だけポジション移動する事にしました。
第4ポジなら移弦なしの1&4の指になり、間隔もポジションが高くなった分、狭くなります。移動前さえ気を配っていればよいので、この方が圧倒的に楽でした。

やっぱり腱鞘炎でチェロはかなり厳しい。特に左手がバネ指になっちゃってからは、無理すると相当痛いので、痛い時は素直に痛いと白状して、先生と打開案を探りながら、スローレッスンを続けてゆこうと思います。

だって、私はサボったらダメらしいんで……。。。。
だから、なんでーーーー????