ヴァイオリン覚書♪11年4ヶ月~408回めのレッスン2016年08月09日

最近ちっとも自習できずにレッスンへ臨んでいたので、今日こそはと思って前日、前々日くらい多少、ほんと多少だけど(苦笑)頑張ってきました!

■イ短調の4オクターブアルペジオ 
今日は1拍分3音1スラーで演奏。
下降系でちょっともたつきましたが、弾き直して合格。


なかなかスピードも上がらないし、特に後半は音程が定まらなくて苦心しましたが、自習の成果に期待して演奏。
ところどころ間違えたり、音程がわからなくなって止まってしまいました(( ノД`)シクシク…
なので私自身は消化不良で、弾き終わった後に出来てない自覚のある部分は自らダメ出ししたくらい。
でも、先生からは前回より改善がみられたという事で、おまけ合格頂きました。

次のエチュードも…トリル(爆)
トリル嫌いじゃないけど、ここまで延々トリルが続くと若干飽きてきますね~。
「次回はまずトリルなしで弾きましょう」と先生から指示がありましたので、基準フレーズをきちんと弾けるようにしておきたいです。


★カッチーニ『アヴェ・マリア』…第1&2Vn
最初に第1Vnの仕上げ通し演奏を、先生の第2Vnと合奏で演奏しました。
前回指摘のあった【C】パート、付点四分音符からの十六分音符2つのボウイングは、弓圧と弓の速度を一定に保って弾く部分演奏を繰り返し、次のフレーズへスムーズに繋がる努力をしてきました。
事前録音で確認もしたのですけど、んん~???
弾けてるかなコレ???自信はないけれど、ボウイングに意識を集中して弾いたら、先生からはしっかり弾けていたとお褒めの言葉を頂きました!良かった♪

第1Vnは問題なく合格頂き、第2Vnへ。
【A】パートは単純な3音1スラーが訥々と続くフレーズばかりですが、やっぱりね~指摘事項はあるわけで。
「強弱のニュアンスはちゃんとついているのですが、ヴィブラートがぎりぎりまで使い切れていないところで、スラーの途中にフレーズの流れが途切れてしまうので、1音1音のヴィブラートを意識的に使いましょう」

【B】パートは問題なく弾けたようで、スルー。

【C】パートも【A】パートと同じくヴィブラートが途切れないよう注意して…

【D】パートの終盤の展開部、第2Vnはすごく素敵な編曲です!
俄然、テンションが上がって、好き好きオーラ全開で弾いてたせいか、先生から褒められました♪
「不規則なリズムもきちんと拍の中でまとめられていて、フレーズにも流れと強弱の振り幅があり、とっても良かったですよ~」

イエーーイ(*´▽`*)

先生の第1Vnと仕上げの合奏をして、合格。

おうち帰ってから、多重録音で仕上げ演奏を録音してみました。
カッチーニ『アヴェ・マリア』…第1&2Vn…ありこ
※タイトルクリックで試聴可能
ちょっと音程探ってる感満々な部分がところどころあるけれど(苦笑)指摘事項はそこそこ改善されてると思います!!

次回は、大島ミチル「風笛~あすかのテーマ~」をレッスンする事になりました。
大島ミチルさんの曲大好きだけど、これは知らない……。

コメント

_ ゆき ― 2016年08月17日 01時52分39秒

お久しぶりです。
ワタクシのブログ、コメント放置すみません・・・汗
バイオリンも停滞しまくってます。
ありこさんは着実にステップアップしてますね!

カッチーニ作曲のアヴェ・マリア初めて聞きました。
しっとりした曲ですね。
ありこさんの演奏もやわらかい演奏で雰囲気が良く出ています。
どうやったらそんな風に表情がつけられるのか・・・
やっぱり弓圧、ビブラートとホントに細かいところまでレッスンされて、気を使って演奏されてますもんね。
やっぱりレベルが全然違います。
自分の演奏はどこまで行っても粗雑で・・・苦笑

_ ありこ ― 2016年08月17日 11時14分03秒

>ゆきさん

ステップアップしてるのかな~
10年以上やってて、基礎中の基礎技術が使えていない事もしばしばですよ。

>>カッチーニ作曲のアヴェ・マリア

この曲、今となってはカッチーニ作曲説が覆されちゃったので通称「カッチーニのアヴェ・マリア」というのが正しいのですけど、大河ドラマの「平清盛」では死に際のシーンで吉松隆さんの編曲版がよくバックミュージックになっていて、以来私の中では死のイメージが強くなっちゃいました(苦笑)

でも、私の演奏でやわらかさを感じて頂けたなら嬉しいです!!
弱音を、いかに柔らかく弾くか、というところが最近の目標だったので、出来てるなら新しいテーマを設けなきゃ。

ゆきさんも運弓の目標に向かってステップアップ!ですね♪

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの管理人のハンドル名をお答えください♪

コメント:

トラックバック