チェロ覚書♪♪8回めの発表会~SKE『ラストエンペラー』合わせ練習4回め2016年12月04日

拙主宰アンサンブルSKEの合わせ練習4回め、今回が本当のラストです。
スタジオ仕様の都合上、全員での練習は前回がラストのつもりだったのですが…今日のスタジオにないと思ってたピアノ、グランドじゃないけどアップライトがあった!その上、ピアノがないから新メンバーTさんには練習のメール送ってなかったのに、メンバーサイトでチェックして練習来てくださった!神!!

というわけで、演奏日までジャスト二週間前です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  私の出演は3日開催の1日め&3日めで、
  主宰アンサンブルSKEの発表は最終3日めです。

  12月18日(日) 第二部 13:30~ トリ
  
  場所:名古屋市瑞穂文化小劇場


 ★映画「ラストエンペラー」より 坂本龍一『ラストエンペラーのテーマ』


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

おかげさまで全員そろっての最終合わせ練習となりました。

 私…ヴァイオリン、ガイド(台詞)
 Nさん…二胡、カホン、溥儀(台詞)
 相棒hikoちゃん…チェロ1、子供(台詞)
 新メンバーHさん…チェロ2、子供(台詞)
 新メンバーSさん…オーボエ、子供(台詞)
 新メンバーTさん
※客演…ピアノ子供(台詞)

例年通り、衣装合わせもバッチリ行いますけれども、1番にスタジオ入りしてたNさんが、Nさんが練習なのにバッチリ衣装を仕込んで来てて……ガチ溥儀~~~Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

当日をお楽しみに♪

今日は狭いスタジオ&アップライトピアノでしたので、例年のように当日を想定した配置と手順の確認はしっかりできませんでしたが、その分、演奏とパフォーマンスの詰めをきちんと行いました。

前回全体速度をUPした事もあり、まずは1か月空いて感覚を忘れていないか確認の為に通し演奏。

ちなみに前回練習終了後、メンバーサイトでは以下3点の修正を依頼していました。

・チェロ2パート
 【C】30~32、33小節までのカウントについて。

主旋律Vnが休符になるフレーズにチェロ2パートの重要なフレーズがありますが、1小節3拍のカウントが甘くなっており、結果33小節のタイミングがズレてしまいます。
前小節までの流れで、自分の心でカウントするとともに、ここはピアノが八分音符をベース音として刻んていますので、よく聴いてカウントをすり合わせて下さい。


・オーボエ
 【G】2.5拍のロングトーン

カウント目いっぱいで演奏すると、おそらく息継ぎの影響だと思われまずが、次の小節の入りのタイミングが0.5拍弱遅くなる傾向にあります。
対策として、このロングトーンを0.5拍分=八分休符早めに切り、余裕をもって次の小節の頭拍へ合わせるよう意識してみてください。


・カホン
 【G】107~110小節

オーボエの後ろ押しカウントの影響でテンポダウンしてゆく対策として、このあたりからカウントを煽って頂いているのはわかりますが、ピアノとヴァイオリンパートはここを必要以上に煽られると三連符の演奏がきつくなります。ここはインテンポでお願いします。

ここがきっちり修正出来ているかが、テンポ感の維持とともに最大の焦点でした。


で、テンポ感は前回途中退席だったピアノの新メンバーTさんが探り気味だったのは致し方ないとして、格段に良くなったオーボエ、すり合わせバッチリだったカホンに対して、チェロ2パートへのミッションが達成できていませんでしたね。

というわけで、チェロ2パートピアノだけで分奏練習を行って、カウントの確認を行ったのですが……
音程も問題あった……ので、ピアノチェロパートを演奏して頂いて、音程の確認奏を行ってから、改めてカウント取りの確認奏を行い、すり合わせが出来たところで、次の課題点へ。

今回もチェロミッションが多かったな~~っていうか、チェロパートに重要なフレーズが多くて、なおかつ副旋律で複雑なハーモニーだから音程が捉えづらい編曲だから致し方ないのですが。

それでも今日の合わせ練習で、どんどんチェロ2パートのニュアンス感が合わさってきたので、アンサンブルとしての調和が感じられてとても有意義な練習になりました。

最後に2回ほど通し演奏した感じでは、ちょいちょいミス(私も含め)ありましたけれども、本番は緊張という魔物が棲んでいますから、想定内ですし、そこをカヴァーしながら1曲を弾き切るのがこのアンサンブルの楽しみでもあるので、とにかくここまできたら、当日のパフォーマンスを皆で愉しめるように、体調管理に努めたいと思います。


来期もメンバー変更などありそうですが、ざっと演奏曲なども決まり、私の作業はもう来期に向けてスタートしていますので、6年間の実績をいい形に結実させたいです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの管理人のハンドル名をお答えください♪

コメント:

トラックバック