膠原病治療:治療経過9回めと整形外科の診察8回&リハビリ15回め2017年06月06日

腱鞘炎→膠原病覚書25回め。
シェーグレン症候群の薬物療法とリハビリ治療を並行継続中です。
過去24回の覚書はコチラ↓から参照くださいませ。


今日は朝から頭も身体も重たくて……
毎朝のお薬があるため、かなり寝坊で何とか起き出し、パイナップルの芯が活躍!常夏ピラフを食べてから服用した後、すぐお布団へ逆戻り

結局、病院へ移動するギリギリまで寝倒れていました。
おかげでお昼ごはん食べそびれちゃった。

おまけにJRから新しいバスターミナルまで毎回迷っちゃって……でも出発まで少し時間あるかなと思い、気になってたお店でお昼ごはん買ってたら、バスに乗り遅れちゃったり(;´Д`)

20分に1本しかないバスを待つロスタイムとか、座れないし、はしご通院&はしごレッスンでそれなりに荷物もあったから、待つだけでも疲れちゃいました。

B総合病院に着いたら早速採血し、病院内のクリエアイスロイヤルミルクティーだけ買って、検査結果の待ちロスに持ち込んだお惣菜で遅ランチ。


・栗とプティサレ 380円
・海老と季節野菜
(今回は新玉ねぎ) 390円
・タルト・オ・クレーム・オランジュ 270円

色んな種類のキッシュが沢山あって、1個のサイズも手頃。
バスターミナルの入口の傍にあるから、通るたびに買ってみようかな~と思っていたお店です。

お惣菜のキッシュと、おやつのタルトを買ってみました。

欲張ってこんなに買っちゃったけど食べられるかな…と思ったら、ペロリ完食(笑)

栗のプティサレは塩豚入り。もっとコッテリしてるかと思いきや、意外にあっさりしていました。がこんなにゴロゴロ!アパタイユはフワフワした卵焼きみたいな食感で、軽いです。
キッシュ生地は、残念ながらザクザク系じゃなく柔らかいデニッシュパイ系なので、本格的なキッシュというよりは全体的に”キッシュ風パイ系お惣菜パン”って感じでしたが、味は悪くないです。


海老と季節野菜も海老新玉ねぎがゴロゴロ。
素材感がしっかりあって、好感触。

食後のデザートに買ったタルトも、タルト生地というほどザクザクではなくて、パン系。でもキッシュのパイ系とは違いました。
キッシュのアパタイユと違ってかっちりもっちりしているカスタードクリームは、食べ応えがあるけれど甘さ控えめ。

お惣菜系も、おやつ系も、それぞれ違いがあり、それでいてバランス感が取れてていいですね。
また違う味の商品を買おうかなと思える味でした。



さて、体調がイマイチだったのでちょっと不安だった検査結果ですが…


CPKの値は更にステロイド減らしても増えませんでした(*´▽`*)
治療前313 → 治療開始後451 → 281 → 341 →
 228 → 179 → 114 → 87 → 前回82 → 今回45

また減った!よっしゃ!(`・ω・´)b

おかげで、またまたステロイド減量メトレート現状維持、ここからは緩やかにステロイドを減らしてじっくり経過を伺うため通院頻度は四週間後となりました~(*´▽`*)

★プレドニゾロン 5㎎×4→3.5錠(毎朝)※水曜から減量
 30→45㎎で増量してから徐々に5㎎ずつ量し、今回17.5㎎まで減りました。この後は0.5㎎単位、1か月くらいの期間で少しずつ減量していく計画です。

★エディロールカプセル 0.75μg×1カプセル(毎朝)
 ステロイド服用により骨粗しょう症になりやすくなるため、骨粗しょう症治療剤

★タケキャブ錠 10㎎×1錠(毎朝)
 胃薬。劇薬服用によって胃潰瘍にならないための対策

★ダイフェン配合錠 0.5錠(毎朝)
 菌による炎症、化膿、感染症を防ぐ

メトトレキサート(メトレート)錠 2㎎×4&4錠(週1回朝夕)※現状維持
 抗リウマチ薬。限度量まで量したまま。いずれ徐々に減量予定ですが、ステロイドの減量計画がもっと進まないと、減らせないようです( ノД`)シクシク…

★フォリアミン錠 5㎎×1錠(週1回朝)※毎週土曜
 メトトレキサート服用による副作用を抑制するために葉酸を補う

★ボノテオ錠 50㎎×1錠(月1回起床時)※毎月1日
 これも骨粗しょう症治療剤

そういえば、先月末くらいに保健所から、特定疾患の助成金更新手続きの書類が届いていたのですが…
どの患者さんも更新時期は同じだから、また主治医から話があるかな?と思ってたら前回スルーで、今回も診察結果と治療計画の確認だけで終わっちゃいそうだったので、(症状が軽くなったから更新はできないのかな?)と思いつつ訊ねてみたらサクッと「あ、そうですね。書いておきます」ですって。

更新できるんだ(;^ω^)

後から病友(?(;^ω^))に訊いたら、難病治療のためステロイド服用してるうちは軽症でも助成金受けられるそうです。
また”あの”保健所のお役所対応に遭うかもしれないと思うと、ちょっとウンザリ…(-_-;)ですが、二割負担は大きいですものね。


午前中の体調不良とは裏腹に検査結果が良好だったので、ホッとしてA総合病院へ移動。

今日のお天気は若干曇り空でしたので、はしご通院の徒歩移動もなんとか。しかも体調がイマイチだったから、この後のはしごレッスンで毎回連れ歩いてたヨメ(ヴァイオリン)は今回お留守番、手ぶらで来ちゃったので楽々~~。


リハビリ治療を受けるために義務付けられた整形外科の診察は、いつもどおりB総合病院での投薬治療計画の進捗状況を報告し、肩の可動域やらを確認しておしまい。

肩に関しては日常動作でほとんど痛みや不都合を感じなくなり、背中へもだいぶ回るようになったので、順調です。
ただ、手のわずかなこわばりと、手首に疲れが溜まりやすくて痛む点は気になっていたので一応伝えて…まぁそれも今後リハビリの効果を待つという事でおしまい。

診察後のリハビリもいつもどおり両肩のウォーミングから、肩の可動域を確認し、両肩のマッサージをやって頂いたのですけど……
今日は理学療法士の先生の反応が違いました。

「右肩の状態がすごく良くなりましたね。今まで肩甲骨をマッサージしてもガチガチですぐ戻ってしまったのですが、だいぶほぐれて柔らかくなってます。他の関節も硬さがなくなって、痛みを感じない部分が増えましたね」

触ってわかるんですねぇ~。確かに、私自身もいつもどおり色んな角度に動かされて、これまではある角度へいくと「イテテ」とか「そこはちょっと突っ張ります」と言っていたのに、今日は1回くらいしかキツイ部分がありませんでした!おおお!

「逆に左の方がちょっと固い部分が残っているかな。右と左で固い部分が違うようです」

とも仰いました。
今までずっと、右肩の方が重篤だったので、左はあんまり気にしていなかったのですけど、右の状態が劇的に良くなった分、左の悪い部分が露見したのか????

とはいえ、どちらも後退はしておらず順調に回復傾向だったため、今日はより筋トレ的な動きを取り入れていくとの事で、以前も行った伸びるゴムを使って肘から下の腕をこぶし一つ分ほど内外へ引っ張るストレッチを行った後、滑車のような器具に重りをつけて上げ下げする筋トレ的な動きを行いました。重りは前回1キロが厳しくて0.75キロで行ったのですが、今回は1キロでも痛くない!ので1キロで4分?くらい頑張りました。

以前は重りの重さで腕が上がると、肩から二の腕あたりの外側の筋がピーンと突っ張って痛いようなきついような感覚があったのですが、今日はほとんど違和感なし。
むしろ重りを上げた時にかかる手首への負荷の方が、連続で行ううちに強く感じたかな。

「肩がずいぶんよくなったら、最近手首や手の方が、何となく筋肉痛ぽく傷む時があって気になるんです」

という話をしたら、自然と庇って使わなかった筋肉を使うようになり、そこと繋がった筋肉も使うようになったため、よくある事らしいです。

あんまり痛い時はロキソニンテープを巻いて紛らわせていましたので、それは診察の時に言って、今回処方して頂いたのですけどね。

筋肉って色んなところと連動して使って、動かしているんだなぁと改めて気づかされるお話しでした。

「かなり順調に回復し始めたので、これからは筋トレ要素の強い動きを入れていきますね。ヴァイオリンもチェロも、リハビリがわりになりますから、どんどん弾いて頂いていいですよ」

おお!本番まで一か月を切ったタイミングで、朗報です!

というわけで、B総合病院の診察は4週1回になったのですが、リハビリは継続する事に意味があるため、二週後また通う事になりました。

ゴールが見えないと思っていたけれど、だんだん見えてきたかも。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの管理人のハンドル名をお答えください♪

コメント:

トラックバック