ヴァイオリン覚書♪12年10ヶ月~460回めのレッスン2018年08月01日

今日はレッスン前に今年のアンサンブルクッキング2018募集要項を頂きました♪昨年、休会中で参加できなかったから、参加以来皆勤賞がストップしちゃって残念だったので、今年は絶対参加したくて、いつかな~?と思っていたのですよね。

2日開催で、昨年新設されたジャズオーケストラコースは今年、ポップスオーケストラコースに継承されているようです。
『TEA FOR TWO』
『炎のたからもの』
(ルパン三世「カリオストロの城」主題歌)

ストリングスアンサンブルは2コース。レベル分けがされていません。
「カヴァレリア・ルスティカーナ」より間奏曲
  四季より「春」

交響曲40番 第1楽章
※モーツァルトかな?

奇跡的に両日ともスケジュールが空いていましたので、どのコースにするか迷います…。

というわけでレッスン開始。


下降系の1オクターブスケール、今日は4音1スラーで弾きました。

今日はレッスン時間全てを録音していたので、後で聴き返しながらこれを書いています。

1回めは前半ちょっと音程が安定しなかったけれど、2回めでそこそこクリアに弾けて合格。

録音を聴くと、自分ではそこそこ弾けてたつもりでも、結構微妙に音程が怪しいところあるなぁ…がっくし。

次回は♭ふたつ、変ロ長調の5をレッスンします。


今回の宿題部分は、きつかった……
4の指が多用されてる上、前半半分くらいはずーっと、4thポジション維持で、特に冒頭はG線とD線という低弦の4thポジションで4の指…左手がキツイ!

2小節、4小節めなんかはブリッジで指をキープしたまま弾かないと速さに反応できなから、更にキツイ!

でもこれを克服しないと、音符の詰まったフレーズをスムーズに弾きこなすとは出来ないんですよね…。ブリッジするとどうしてもブリッジしきれていない指が隣の弦を触ってて、音が濁ってしまうので、先生と一緒に弾いた録音を聴いたら、自分の音の汚さが一層明確に…ああああ…。

後は終盤二小節の中で指の間隔がかなり詰まるところと1指分開くところが明確に捉えられていなくて、曖昧Me音(笑)になってた箇所があったため、先生と間隔の再確認をしました。

次回は続きを途中まで弾きます。


★ヴィヴァルディ 合奏協奏曲 調和の霊感 第8番 第1楽章…Vn1

前回、先生から特にニュアンスなどの指導もなく、今回は速度アップで仕上げ演奏と訊いていたので、今日までの二週間はクリアに弾ききれていない箇所を集中的に自習して、先生のニュアンスとちょっと違ったなと思った部分をどう弾くか、考えてきました。

1回めは速度84の伴奏くんと、先生と一緒にVn1を演奏。
速度に関しては問題なく対応できたけれど、3&4の音質が明確でない猫啼フィンガリングっぽい点は改善できないなぁ…。まぁ、一朝一夕でどうにかなったらこれまで苦労はしていないので、少しずつ、出来てない意識を保ちながらできるように意識していこうと思います。

2回めは記念?で指定速度92の伴奏くんと、先生のVn2とでアンサンブルしました。

録音したのでコソっと貼っておきます。

※曲名クリックで試聴できますが、音量注意!

やっぱりレッスン録音重要だな。
出来てると思ってても、先生の演奏と比較すると、トリルも甘いし、4の指の音色もクリアじゃなくて何だかこもった感じ。
ブリッジで捉える反復のフレーズも、指が隣の弦を触ってて若干こもってしまっているし…はぁぁぁぁ(*´Д`)反省点いっぱい。

でも先生としては素人だからこんなもんと思っていらっしゃるのでしょう。
これで合格を頂きましたので、次回はVn2をレッスンします。

ニュアンスがこれでいいのか、不安だったため、具体的な箇所を洗って先生に質問してみましたら、

・八分音符は音符の長さを意識しすぎず切って弾く
・スラーのついているフレーズは滑らかに
・十六分音符+八分音符で、ベース音に乗るようなフレーズは切るというより軽やかに
・後はセンス(爆)

という事でした。えええ!?センス(感覚)なの!?

次回レッスンまで一週間しかないので、どこまでレベルアップできるかわかりませんが、多分感覚的にはVn2の方が性に合っていると思うので、Vn1より落ち着いてニュアンスも加味しながら弾けるといいな。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの管理人のハンドル名をお答えください♪

コメント:

トラックバック