Go To 伊勢・志摩・鳥羽旅行o(^o^)o1日め~賢島エスパーニャクルーズとSAYAの風2020年09月16日

志摩マリンランドを後にし、賢島駅へ戻りました。
乗り物酔いしたばかりの相棒に、次の予定だった賢島エスパーニャクルーズはキツイかと思いましたが、本人が大丈夫そうだというので、乗船まで1時間弱は駅構内のベンチに腰掛けて休憩。

その間にまた、土砂降りの雨が降ってきました!
ぎゃー!!これはクルーズ無理じゃない?!と思っていたのですけど、先ほどと同様に絶妙タイミングで回復して無事、賢島エスパーニャクルーズへGO!
おおお。
1時間ほどのクルーズで、途中で下船して真珠の核に膜をつける作業を見学できます。
もちろん真珠をあしらった商品も販売しているので購入することができますが、見学してるとあんまり時間もないし、他の乗客の皆さん割とさっさと船へ戻ってしまわれたので、最後に残された私たちもあんまりのんびりできずに戻りました。

ペンダントトップとか、可愛くてプチプラのがあったので、お土産にも良さそうですよ。

お天気はどんよりながらも、何とか先ほどのような激しい雨にはならず、相棒もすっかり体調を持ち直したようで、楽しめました。

というわけで本日の観光は終了。
賢島駅から近鉄電車で鳥羽駅まで戻って、ヘイ!タクシーでホテルへ。

実はGoTo トラベルキャンペーン適用前に予約していたので、本来キャンペーンの割引は適用されなかったのですが、宿の方のご厚意により予約し直して乗っかる事が出来ました!

その他諸々の割引なども追加適用され、当初の半額近い費用で利用する事ができたので、本当にラッキー&ありがたかったです。

バリにはいった事あるけれど、その時はバリっぽい雰囲気のホテルじゃなかったため、今回はバリ風を堪能できるお部屋↓
天蓋付きベッドは、フランスのロワールで古城ホテルを利用した時以来かも。
オーシャンビューで、バリ風のオーク調な内装と、海のブルーとのコントラストが素敵。
ベッドの前のスペースも広くて、圧迫感がないのがいいですね。

食事はレストランで。
ビュッフェスタイル、オールインクルージブですが、すべてセルフサービスではなく、お料理も一応コースがあって、その他を自由にビュッフェでセレクトしてくるスタイルです。
お料理はすべてバリ風ってわけではないですね(笑)
前菜盛り合わせはこちら↓
アルコールも呑み放題!
自家製の果実酒はごらんの品揃え↓
とりあえず食前酒にじゃばらの果実酒をストレートでもらってきました。
かんぱーい!!相棒もすっかり復調したから呑めるよ♪
あっという間に飲み干して、サーバーからおビールゲット。
・サーモンと真鯛のカルパッチョ
これには白ワインでしょ。
ワインは赤、白2種類ずつ違う国の違うブドウ品種のものが用意されていました。
スパークリングワインがなかったのが残念だけど、炭酸水もあるので、割ったらそれらしいものが作れるし、オリジナルカクテルも作れちゃうから楽しい~♪

この時点ですでに何杯呑んだか、わからないくらいでした(笑)
・ミネストローネ スープパスタ
温かいものは頃合いをみてサーブされるので、温かい状態で食べられていいですね。

選べるメインはサーモンのソテーをチョイス。
相棒は牛肉のステーキを。
デザートはビュッフェにあったのですが、最後に持ってこようと思ったら、空でした…(ノД`)シクシク
ので、仕方なくシメはお茶漬けをビュッフェからもらってくる。
食事の後でようやく、一日の汗を流しに、貸切風呂のバリ風ガゼボ風呂へ。
下呂で入ったみたいな甕風呂みたい。
オールインクルージブなので、これも別料金じゃないのが嬉しい。
ただし、当日予約制先着ですので、要注意。

お風呂上りのアイスもオールインクルージブ。
ロビーに据え置きの冷ケースから自由に持ってこられます。
部屋着↓もジャージ素材で、浴衣より楽ちん。
アイス休憩~。
後ろにあるたくさんの漫画も、滞在中読み放題。
お部屋に持って帰ってそのまま置いておけば、清掃時に回収してくれるそうです。

ではではお休み~とはならず、バータイム(お夜食)があるので、再びレストランへ。
お夜食ビュッフェにはラーメンと、枝豆、ナッツを持ってきて、風呂上がりのおビールで再び乾杯。
枝豆おかわりして、唐揚げと、タコがないたこ焼?ももらってきた。
おビールには果実酒を割ってみたり。
夕食時にデザートが食べられなかったから、風呂上がりのアイスで補完されたわ~と思ってたのに、お夜食タイムに別途アイスクリームのサービスがありました!
食べっぱなし(;'∀')

ちょっと胃をこならしてから寝ないとやばいので、お部屋に戻ってからだいぶお布団でゴロゴロしてました~。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの管理人名を入力下さい♪
但し管理人が不適切と判断したコメントは予告なく削除いたします。

コメント:

トラックバック