チェロ覚書♪♪第8期SKE英気を養う新年会2018年02月03日

本日は主宰アンサンブルSKEの新年会です。

立ち上げから8期めを迎えた今期の目標は、ガチンコ勝負の年。
前7期は挑戦の年で、SKE史上初となる夏のライヴ発表会参戦を組み込み、冬のホール発表会と合わせ前&後期体制で活動し、それなりの収穫はありましたが、魅せる&聴かせるパフォーマンスとして完成度に欠けてしまったため、今回は原点回帰を目標に掲げました。

おかげさまで今期も新メンバーの加入が決まり、早速新年会にもご参加頂けましたので、顔合わせと7期メンバーのお疲れ会を兼ねた6名での会食と相成りました。

本日ご参加頂いた7&8期メンバーは以下。
これまでSKEで演奏頂いた&頂く予定楽器と当教室でのレッスンコースを[]内に併記(※D-in=ドロップインという当教室のスポットレッスン制度)してみました。

 私…ヴァイオリン[チェロ]
 相棒hikoちゃん…チェロ、アルトリコーダー、ソプラニーノリコーダー、軽バイオリン[チェロ]
 Nさん(男性)…アルトサックス、ベース、カホン、オカリナ、二胡[作曲・その他はD-in]
 Oさん…ピアノ[ドラム]
 Tさん…ボーカル、アルトサックス[サックス・その他はD-in]
 Nさん(女性)…ピアノ[ピアノ]※新メンバー

当教室以外の教室でその他の楽器をレッスン中の方は、私も含めて半分程いらっしゃいますので、ホントに多種多様な楽器編成が可能なアンサンブルチームへと成長しつつ…あるのかな?(謎笑)

最近、仕事に忙殺されて身だしなみも乱れまくっていた私だけれど、今日は主宰として皆さんへのご挨拶もしなくちゃだし、多少フォーマル?な呑み会なので、久しぶりに膝上ワンピ着て、ネックレスも着けて、付け爪も着けてみましたよvvv


MENU Marche [全7品] 90分飲み放題込 6,200円

今回珍しく呑み放題のコースにしましたので、制限時間いっぱいまで吞むぞーーー!

・マッシュポテトのウニ添え
1杯目はグラスワイン白にしたんだけど…少なっ!

・前菜の盛り合わせ
吞む時間に制限があると思うと、食べる方まで何か焦る(笑)

・蟹のキッシュ
ワインは吞み放題でもボトルで注文できるらしいので、次からボトルにしたら、750mlじゃなくて1.5倍くらい入ってる瓶が来た!

それでようやく銘柄を知る(爆)
イタリアンレストランらしく、イタリア産ワインで、確かぶどう品種はトレッビアーノだったかな?
イタリアワインの代表品種だけれど、習ってたワイン講座では実際飲んで勉強しなかった品種だから、特徴はサッパリわかりません(;´Д`)
今回飲んだものは、クセがなくてジュースみたいな(笑)可もなく不可もないガブ吞み系ワインって感じ。

・函館直送海産物の豪快カルパッチョ盛り合わせ
ワインが赤と白と二択しかなかったので、途中でチェイサー代わりにライチ・グレープフルーツカクテルを吞んでたら、赤を呑み損ねたΣ(゚д゚lll)ガーン

・アクアパッツァ

・SILVA名物 肉盛りオールスターズ

・菜の花と牡蠣のフェットチーネ※写真撮り忘れ

・アクアパッツァの残り汁でリゾット※追加料金648円

・自家製ジェラート

以上、がっつり食べて、しこたま吞んだ食レポ…ってあれ?いつもの詳細レポじゃないし。
ま、値段の価値はあるお料理だったのですけど、いつもはもうワンランク上くらいのお店を利用してるので…満足度はそこそこかな。

あ、Nさん(男性)からは帰省土産を頂きました♪

後日、この一見手筒花火みたいな羊羹を頂いたら、こんな感じだった(笑)
切るのが楽しいvvv

というわけで、昨年末すでにメンバーへ開示していた8期の演奏曲はコチラ↓
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
映画「ラヴェンダーの咲く庭で」より
 ナイジェル・ヘス
Theme from Ladies in Lavender
Fantasy from Ladies in Lavender
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日参加メンバーの担当楽器は以下↓
 私…ヴァイオリン[チェロ]
 相棒hikoちゃん…チェロ[チェロ]
 Nさん(男性)…クラリネット[作曲・その他はD-in]
 Oさん…トロンボーン[ドラム]
 Tさん…アルトサックス[サックス・その他はD-in]
 Nさん(女性)…ピアノ[ピアノ]※新メンバー
半数のメンバーが、レッスンコースじゃない楽器を担当しているという(笑)
ただし編成の決定は、本日不参加の7期メンバーの8期残留確認を以て最終決定となる見込みです。

あ、もう衣装コンセプトは決まっておりましてね。
皆さん、演奏よりそちらが心配だったご様子で(笑)、今回は演奏ガチなので衣装も真面目に素敵路線を狙っています♪

しっかり英気を養えましたので、これから編曲作業に入りまーす。

チェロ覚書♪♪教室親睦会2017年12月22日

発表会終了後、教室主催で毎年恒例の親睦会が行われるのですが…
今年はガチ終了後ではなく、明けて6日後の花金開催でした。

平日だから発表会直後の開催時より参加人数は少なかったものの、講師陣も含め60人?くらいは参加なさっていたのではないでしょうか。

金曜はワタクシ薬の都合で呑めない日( ノД`)シクシク…ですので、飲み会の席は切ないのですけど…

今年は教室代表T先生にまた照明の切替など演出上のご協力を頂きましたし、来年から半年休会前という事もあって、お世話になった先生御&生徒さんへのお礼周りと、来期主宰アンサンブルの新規メンバー勧誘営業(笑)のためにも参加してまいりましたよ。


★鉄板ダイニング 向日葵

いつもだいたいレッスンコースごとにテーブル分けされているのですが、私はなぜか毎回別枠扱い?らしく、何故だかチェロの皆さんと違うテーブルに分けられている事が多いです…。

別にあちこち移動するつもりだからいいけど。
本人の意思とは関係なく、レッスンコースじゃない席を指定されるのは…うーん。。。。

で、会場入りしてみたら今回は一応、チェロコースのテーブルではあったのだけど…
チェロコースの親睦会参加者がと、5期SKEメンバーH・Kさんとの生徒2名だけ!(( ノД`)シクシク…しかいなかったせいなのか?座敷の大広間じゃなく、広間と壁を隔てた離れ小島のテーブル席。

で、周りのコースや生徒さんは、お琴の先生1名と生徒さん2名、三味線の生徒さん1名が並び席で、その隣にSKE現行メンバーNさん(在籍コースはクラリネット作曲サックスの3コース)、私の隣にピアノコースで大アンサンブル2曲のピアノ演奏を務められたN・Mさん、その前にピアノコースの面識がない生徒さん、そして5期SKEメンバーH・Kさんという配置でした。
んんん???

主宰アンサンブルSKEを固めるなら、サックスボーカルピアノクラリネットコースに在籍しているSKE現行メンバーTさんも出席してるのに、Tさんは広間席みたいだし???

何故この配置……???

と思ったら、始まってすぐに理由がわかりました。

2期SKEメンバーピアノ担当Wさんが海の向こうへ旅立たれて(海外転勤)2年。
その間、客演(今年秋から晴れてドラムコースの生徒に)でO・Tさん主宰アンサンブルSKEへ加入頂きピアノを担当頂くようになって、実は色々複雑な、ここでは語りつくせぬ悲喜こもごもの事情が重なった事もあり。

教室代表T先生から以前

「ピアノのN・Mさんはとても上手で、他の楽器のアンサンブルをやりたがっているから、この機会にいかがですか?」

と勧められていたんです。
実はN・Mさん、他所の教室でO・Tさんとも親交がある生徒さん。
ただ、私はSNS上でお二人の親交がある事を知っているけれども、その時点でN・Mさんと直接お話をした事がありませんでした。

今年の大アンサンブルの合わせ練習でも、N・Mさんは毎回必ず出席していらっしゃいましたが、お声をかける機会もなくて、接点もないため、教室代表T先生からの申し出はそのまま胸に秘めていたのです。

というわけでこれはどう考えても教室代表T先生の計らいによる、アンサンブルお見合い席に違いない!
婚活ならぬアン活(笑)です。

まぁ、この席は親睦会という、「同じ教室に通っていても、普段接する機会のない他の生徒さんと交流しよう!」という席ですから、主旨は間違ってないしね。

そして教室代表T先生が仰る事と、ご本人の意思に相違ないかを直に確認するためにも、折角教室代表T先生が設けて下さった機会ですので私、まずは大アンサンブルでご一緒した事からジャブジャブと会話を進めていったのですが…

教室代表T先生、大広間での乾杯が終わったら早速、離れ小島のこの席へ来て下さり、N・Mさん、弦楽器とアンサンブルしたいって前から言ってたから、ありこさん是非来年お願いします」猛プッシュされまして(;^ω^)

いやはや私的には、こんな可愛らしいお嬢様が主宰アンサンブルSKEへ加入下さったらそれはもう小躍りする事嬉しい事なのですが…

なんてったって今年アレやっちゃった後でしょ?

N・Mさんの清楚なイメージとかけ離れたパフォーマンスを…実際ご覧になったかは不明ですけど、アレぶちかました後で、同じ思いを抱いて下さるかは正直疑わしくて…。

でもまぁ、来期は演奏を真面目に頑張るつもりだし、色んな生徒さんとのコラボレーションを愉しみたいのは私も同様なので、教室代表T先生から直に背中を押された事もあって、乗っかりました。

「え?ホントですか!?だって今年とか、その前も…うちは普通と違ってアレやとか”ソレ”とかですよ!?本当に、一緒に演ってくれますか!?」

そしたらN・Mさんは素敵な笑顔で「はい、是非!」って……。。。

やったーーーー\(-o-)/

少し席を外していたSKE現行メンバーNさんが戻ってきたら早速

「ねぇねぇ!N・Mさん、来年一緒にSKEで演ってくれるって!」

席を回らずして、営業活動終了(笑)

習っている楽器に関する話題から派生して、音楽を巡る旅の話になったら、なんと海外旅行好きのN・Mさん今年ポーランド旅行してらして、しかも時期が私の行った時期とモロ被りしてました!!(;゚Д゚)
ひょっとしたら現地ですれ違っていたかもしれませんね~なんて話しつつ、定番の観光スポットや、ごはんの話なんかで盛り上がりました。

その後は、初めて顔を合わせた同じテーブルの皆さんともお喋りしたり、この席へ遊びに来てくれたSKE現行メンバーTさんやら、夏のライヴ発表会以来、お喋りするようになったベースHさんやらと会話に花が咲き。

また今日は残念ながら欠席でしたが、ベースHさんアコギとデュオ
演奏なさったチェロ生徒さんで元・メンバーのO・Tさんから、Hさん伝手で、私が撮った動画のお礼にと、差し入れまで頂いてしまいまして♪

何はともあれ例年同様、楽しく、また収穫のある親睦会でした。

途中でビンゴ大会も始まっちゃったりして、席を離れるタイミングを逃がしてしまったため、ヴァイオリンコースの生徒さんや、同じプルトでサポート頂いた先生にご挨拶しそこねて、会がお開きとなったのですが…

帰り際に、「レ・ミゼラブル」を同じプルトで演奏して下さったI先生とお逢いできたので御礼を申し上げたところ

「いえいえ、最初、講師の方かと思っちゃいましたよ~」
I先生は今年からの新任講師

大アンサンブルの参加も9回めで、先生方より参加歴が長いせいか、慣れてて勘違いされたんでしょうね(笑)

お酒が吞めなかったせいで、テンションはおとなしめ?だったかと思いますが、来期主宰アンサンブルSKEの新メンバー加入も決まりそうだし、休会中も私の仕事は盛りだくさんです!ファイト!

チェロ覚書♪♪9回めの発表会・教室アンサンブル2017年12月16日

愉しむ音楽の時間はまだまだ続きます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  私の出演は2日開催の1日めで、

  12月16日(土) 17:30~(予定)
  
  場所:名古屋市昭和文化小劇場

  第二部(アンサンブル部門)

 ★弦楽アンサンブル
  
ヘンデル『水上の音楽』
   …Vc

 ★大アンサンブル(オケ形式)
  ミュージカル「レ・ミゼラブル」メドレー
   …第1Vn

 ★大アンサンブル(オケ形式)
  チャイコフスキー「くるみ割り人形」より行進曲トレパーク花のワルツ
   …第1Vn


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

主宰アンサンブルSKE
  Requiem×ROSIER  LUNA SEA 黒服限定GIG ver.…Vn、E-Vn

のパフォーマンスが終了したら、正直残りはオマケみたいなもの(爆)という感覚でしたので、腱鞘炎症状のある手首への負担を軽減するためにも、楽屋裏での練習はしない…と思ってたのですが……

「合わせ練習やりましょう!」

と誘われて、楽屋で待機している弦メンバーで、よりによって一番手首へ負担がかかる弦楽アンサンブル・ヘンデル『水上の音楽』の合わせ演奏をやる羽目に( ノД`)シクシク…

で、2回も通し演奏しますた…(ヽ''ω`)
それほどズレもせずに通せたし、気になっていた手首の痛みも、痛み止め注射+ロキソニン+本番アドレナリン(笑)のせいか、ほとんど忘れられたので、このまま本番も落ち着いて演奏出来たらなぁ…と思ったのですが…


★弦楽アンサンブル・ヘンデル『水上の音楽』…Vc

5期SKEメンバーチェロ・H・Kさん(発表会参加のチェロメンバーで1、2を争う実力の生徒さん)が、私と同じ2プルの表に座って下さるのと、私が編集し直した自作楽譜を、H・Kさん持参の教室配布楽譜の横へ置かせて頂く事を了承頂いたので、安心していました。

中盤までは私自身もそれなりに集中して弾き進めているし、練習でバラバラだった第2ヴァイオリンも、今日は先生方のフルサポート演奏が混ざっている事もあって大崩れせず、順調順調~……

と思っていたら、途中で(あれ?H・Kさんボウイングが違う!?私間違えたっ!!(;´Д`))というフレーズがあってぐちゃぐちゃっとなり…

そこからは譜面のボウイング書き込みに注意して気を取り直したのですが。

演奏が終わってH・Kさんから聴いた失敗談。

自分の楽譜を後半分、逆さまに置いちゃってたんですよ(笑)
それで慌てて、途中からありこさんの楽譜を見させてもらったけど、フォーマットが違うからどこを弾いてるのか理解するのに時間がかかって、ぐちゃっとなりました」

そうだったのか!!じゃ、私が間違ったわけじゃなかったのね~(;^ω^)
H・Kさんは間違わないはずだから、絶対私がうっかり間違えたんだと勘違いしてしまいました(笑)

私も初めてのSKE参加で、譜面を重ねて置いてしまった失敗がありましたので…以来、楽譜はパッと必ず置いて完了する状態でセットできるように、A4版1枚ずつなら1枚に繋げたり、1日の演奏曲は1つの冊子状にまとめたりと工夫するようになりましたけれども、逆さ置きはもうその場で注意するしかありませんね。

隣にいたけど私、自分の楽譜をガン見してるから、見ない楽譜が逆さに置かれてる事など、気づきもしませんでしたよ(-_-;)


★大アンサンブル(オケ形式)・ミュージカル「レ・ミゼラブル」メドレー…第1Vn

たけどこの曲は冒頭の導入部で入りのタイミングが難しい箇所があって、毎回そこを出遅れorフライングしないように注意するのがキモでしたが、3プルだったので、空気を読んで入ればよくって、それさえ乗りきればそう難しいフレーズもなく、わりとサラッと冷静に弾けたと思います。


★大アンサンブル(オケ形式)・チャイコフスキー「くるみ割り人形」より行進曲トレパーク花のワルツ…第1Vn

本番一週間の練習でトップ、コンミス席での演奏を言い渡され、演奏前の儀式(苦笑)で苦手な調弦指示があったのですが…

私が起立したら、オーボエ1人のラの音から始まって管楽器全体の調弦が終わった後、再度オーボエのラが鳴ったら、今度は私がラを鳴らして弦楽器全体の調弦を行う流れのところ、その過程を終えた後でなんだかゴタゴタ管楽器のブースで悶着がありまして。

(???)と怪訝に思っていたのですが、どうやら木管?の方1人で何かトラブルがあったらしく。
ただその位置が、ちょうど私の席から斜め方向のひな壇の1段奥あたりで、座ってると死角になるため、いったん着席したものの、もう一度起立して、ようやく何かトラブル発生している事だけは把握しました。

舞台袖から出てきて事態収拾したクラリネットの先生が、舞台袖に退いたら、また管楽器の調弦が始まり。

(んんん??弦楽器も調弦やり直すの???)
とワタワタして1プルの裏でサポートしてくれてるヴァイオリンの先生に小声て訊ねたら(大丈夫です※不要)との事でしたので、私やっと着席できたのでした。


ようやく演奏スタート。
調弦時のアタフタで若干集中力が削がれたせいもあり、なんかちょいちょい落ちたり、間違ったりしちゃいました~(-_-;)

あ~あ。

何物にも動じない鋼の精神力が欲しいです。

まぁでも全体的には、合わせ練習時のようなフレーズ入りのタイミングのズレやらテンポの乱れは、そこそこすり合わせ出来ていたので、本番マジック、というか先生方が半分くらいサポート演奏してるから当たり前かなって感じです。

ふぅーーー!おわったーーーー!!
燃え尽きた~~。

今回も応援に来てくれた友人Mちゃんから、可愛い差し入れ頂きましたvv


終演後、相棒Vc-hikoちゃんと差しで打ち上げ~。

ホール近くの鶏料理屋さんへ飛び込みで入りましたが、カウンターでまったり(*´ω`)、美味しいおつまみとお酒を堪能できました。

来年はホール発表会のみに参加する予定で、SKEの演奏曲も、大アンサンブルの演奏曲も決まっています。

大アンサンブル…「パイレーツ・オブ・カリビアン」ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界」第4楽章だって(;゚Д゚)

教室代表T先生の暴走が止まりません…。。。ブルブルブル。

チェロ覚書♪♪9回めの発表会・主宰アンサンブル2017年12月16日

前夜にパンクした自転車の修理が完了するのを待って、早めに出発し、仲の良い生徒さんの演奏を聴きたかったので、朝は早起きして仕度しました。

アイメイクは、いつものペーパーつけまアクセサリーをくっつけて。
カラーコンタクトは夏と同じやつです。

衣装チェックも念のために。
噴き出し注意(爆)
ここ↑から、こう↓なって…
あ、最終形態(一番まとも)なのを撮り忘れた!(笑)

他のアンサンブルはトップだけ変えます。

荷造りもあらかた完了したら、朝ご飯。

かなり余裕があったため、修理完了まで待機して…ホカペでゴロゴロしてたら修理屋さん、朝一番に対応して下さいました!感謝!!

早速自転車を受け取り、一旦家へ戻って早昼ごはんにTKGを書きこみ、いざ出陣!!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  私の出演は2日開催の1日めで、

  12月16日(土) 17:30~(予定)
  
  場所:名古屋市昭和文化小劇場

  第二部(アンサンブル部門)
  当日の出演は以下のとおり(私の参加順)

 主宰アンサンブルSKE
  Requiem×ROSIER  LUNA SEA 黒服限定GIG ver.
  …Vn、E-Vn

 ★弦楽アンサンブル
  
ヘンデル『水上の音楽』
   …Vc

 ★大アンサンブル(オケ形式)
  ミュージカル「レ・ミゼラブル」メドレー
   …第1Vn

 ★大アンサンブル(オケ形式)
  チャイコフスキー「くるみ割り人形」よりトレパーク花のワルツ
   …第1Vn


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お目当ての生徒さんたちの素晴らしい演奏を堪能してから、衣装チェンジ!し、楽屋でまったり(*´ω`)

本番直前、舞台袖に待機する私。

さぁ、楽しい音楽の時間の始まりです♪

◆冬の陣<黒>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Requiem×ROSIER  LUNA SEA 黒服限定GIG ver.
 モーツァルト『レクイエム ニ短調』より
 第1曲「Requiem aeternam」
 第3曲「Dies irae」
 第8曲「Lacrimosa」
  ×
 LUNA SEA『ROSIER』
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 私…ヴァイオリン、エレキヴァイオリン
 相棒hikoちゃん…アルトリコーダー、チェロ1
 Nさん…オカリナ、カホン
 メンバーT・Mさん…チェロ2
 メンバーHさん…チェロ3
 メンバーTさん…サックス
 メンバーOさん
…ピアノ

冒頭第1曲「Requiem aeternam」はスポット照明にてスタート。
あ…暑い…照明が暑ーい。。。。。
と思いながら悶々と弾く私モーツァルト(爆)

でも、モーツァルトの死の影を象徴するかのような、サックスメンバーTさんが画的に思った以上ツボで、なおかつ途中から入ってくるサックスのフレーズはまさに忍び寄る死のようにゾクっとするほどハマってて、鳥肌立ちました。

少しタイミングが危うい箇所はいくつかあったものの、何とかしのいだという感じ。ふぅ( ´Д`)=3 フゥ

ヅラをカッコよく脱いで、照明ON!は教室代表T先生のご協力あって、バッチリでした!
暗闇に隠れて演奏していた黒ローブ組は、照明ONの後でカッコよく、ローブを脱ぎ捨て、 第3曲「Dies irae」がスタート!
が、後から黒ローブ組の皆さんに伺ったところ、「蒸し風呂のように暑かった」らしく、サッと脱ぐつもりが練習通りスムーズに脱げず「焦った(;´Д`)」とか(笑)

そして 第8曲「Lacrimosa」×LUNA SEA『ROSIER』で私の衣装が最終形態になり、持ち替え楽器のエレキバイオリン登場。
演奏が始まる前、私の衣装&楽器転換の都合で入れていたフレーズとの掛け合いでNさん台詞を2つばかりお任せしていたのですが、うまくハマる台詞を考えて下さって、おおお!っと終盤までの期待が高まったものの…

エレキバイオリンの音が全く出てない!?

いやいや、電源は舞台袖でONになってるの確認したし、ラインもしっかり接続したし、舞台上へ上がってからも演奏直前にサッと確認しましたよ私!?

これ私のミスじゃなくて、音響さんのミスじゃない!?

「バランス見て演奏途中で調整しますから」

と昨日のリハで仰っていましたけれども、どんなに一生懸命弾いてる素振りでアピールしても( ノД`)シクシク…音量はいっこうに上がらず( ノД`)シクシク…

唯一、主旋律を弾いてるのがエレキバイオリンだから、もうどうにも演奏的に閉まらず( ノД`)シクシク…

結局、最後までエレキバイオリンは鳴りませんですた…Ω\ζ°)チーン

悲しい…悲しすぎる…っ!!

後で演奏を聴いて下さった生徒さんたちにも「エレキバイオリン聴こえなかった」って言われました…

うそーーーーん。
こんな事なら、いっそラジカセ持参で、そのスピーカー通した方がマシだったんじゃない…????

まぁ…でも、演出はウケたので、それだけが救いという事にしておきます…あーあ。

まだこの後、教室アンサンブルの出演が残っていますが、意気消沈したので一旦シメまーす……くすん。

チェロ覚書♪♪9回めの発表会~リハーサル2017年12月15日

発表会本番前日のリハーサルです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  私の出演は2日開催の1日めで、

  12月16日(土) 17:30~(予定)
  
  場所:名古屋市昭和文化小劇場

  第二部(アンサンブル部門)
  当日の出演は以下のとおり(私の参加順)

 主宰アンサンブルSKE
  Requiem×ROSIER  LUNA SEA 黒服限定GIG ver.
  …Vn、E-Vn

 ★弦楽アンサンブル
  
ヘンデル『水上の音楽』
   …Vc

 ★大アンサンブル(オケ形式)
  ミュージカル「レ・ミゼラブル」メドレー
   …第1Vn

 ★大アンサンブル(オケ形式)
  チャイコフスキー「くるみ割り人形」よりトレパーク花のワルツ
   …第1Vn


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

主宰アンサンブルのリハーサルは全員集合できませんでしたので、私と、NさんメンバーTさんの3名で、セッティングと音響、照明演出の確認を行いました。

◆冬の陣<黒>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Requiem×ROSIER  LUNA SEA 黒服限定GIG ver.
 モーツァルト『レクイエム ニ短調』より
 第1曲「Requiem aeternam」
 第3曲「Dies irae」
 第8曲「Lacrimosa」
  ×
 LUNA SEA『ROSIER』
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 私…ヴァイオリン、エレキヴァイオリン
 相棒hikoちゃん…アルトリコーダー、チェロ1
 Nさん…オカリナ、カホン
 メンバーT・Mさん…チェロ2
 メンバーHさん…チェロ3
 メンバーTさん…サックス
 メンバーOさん
…ピアノ

今回は4年前のスターウォーズ・メドレーの時と同様、スポット照明から曲半ばで明転という演出に加え、ホール発表会でのエレキヴァイオリン初使用という新たな音響設備もあったため、夏のライブ発表会と違って前日にリハが出来る以上、そこだけは入念に確認したいと思っていました。


照明の切り替えは前回同様、教室代表T先生にお願いし、まずはスポット照明の位置確認暗さの確認
真っ暗にすると、黒ローブを被っているメンバーズのシルエットがわかりづらくなる(笑)ため、薄暗いレベルに絞って頂きました。

ピアノヴァイオリンの私だけに当てて頂くスポット照明の位置も調整完了。

このホールは新しいため生音の音響で十分との音響さんのお話しでしたが、今日は全員参加じゃないし、実際の音量バランスがわからない以上、オカリナアルトリコーダーは予定通りマイクを通す事にして、Nさんオカリナでマイクの音量を確認し、アルトリコーダーはも同じ音量レベルに調整頂くようお願いしました。

生音の音響でもうひとつ決めなければならないのが、ピアノの蓋の開き具合。これまで全閉にはしてこなかったのですけど、ここは音響が良いという事で全閉を勧められ…私としては半開くらいのつもりでいましたが、今日は音出し確認も出来ないしで結局、全閉する事に決めました。

後は私のエレキヴァイオリンの音量。
ラインで出力して、スピーカーから出てる音量はまぁまぁという感じでしたが、もっとガンガン出してもらってもいいと言ったところ、音響さんが「本番で演奏が始まったら、バランス調整します」と仰っていたので…
まぁ、そこまで言うなら大丈夫かな?夏のライブ発表会の二の舞(音が小さくて埋もれた)はないかな?と信じてお任せする事に。

ひととおりセッティングの確認が出来たところで、照明明転のタイミング確認のため、モーツァルト『レクイエム ニ短調』より第1曲「Requiem aeternam」の終盤、数小節を弾いて明転タイミングを教室代表T先生に覚えて頂き……

っていうかヅラを取るタイミングですとぶっちゃけたら教室代表T先生に大受け(笑)

私の演出は今回とっても多く↓て、正直演奏どころじゃなく(爆)自宅での事前確認は怠りませんでした!

・ヅラを着用した状態での演奏確認
・ヅラを脱いでヴァイオリンスタンドの弓かけへ置く練習
・赤ジャケットを脱いで待機用の椅子へ置く練習
・ヴァイオリンからエレキバイオリンへの持ち替え確認

後はLUNA SEA『ROSIER』パートへ入る前、私がジャケットを脱いで楽器を持ち帰る時間稼ぎのためのフレーズで、Nさんに丸投げした掛け声2回がどうなるか…練習では毎回、練習中のネタをテキトーに喋って頂いてましたが、本番まで内容を知らされていませんでしたので…愉しみ(笑)

というわけで持ち時間終了。

★弦楽アンサンブル
 
ヘンデル『水上の音楽』…Vc

は前ブログで書いた通り、本日も当日もマイチェロは持参せず、今日は相棒欠席でしたから、必然的に私も欠席し、客席から皆さんの演奏を聴いていました。

合わせ練習ではかなりバラけて冷や冷やものでしたが、今日は先生のサポート演奏がばっちり入っているおかげか、ところどころ持ち直していましたので、本番は何とか大崩れせず弾けるんじゃないかと思います。


★大アンサンブル(オケ形式)
 ミュージカル「レ・ミゼラブル」メドレー…第1Vn

この曲弾いて、この会場の音響を本当の意味で体感しました。
何とか利用した東文化小劇場以上に、自分の音しか聴こえない!!
周りの音がほとんど、もやもやにしか聴こえないため、受け答えのフレーズなどがものすごく弾きづらいです。
そうなったら指揮を見て、カウントで判断するしかないのだけど、他パートを耳で聴いて受けるようにしていたので、まさかの音響に動揺…。


★大アンサンブル(オケ形式)
 チャイコフスキー「くるみ割り人形」よりトレパーク花のワルツ…第1Vn
この会場の音響で一番怖くなったのが、この曲。
本番一週間前にしていきなり命じられたトップ、つまりコンミス席で演奏しなければならない上、一部ボウイング間違いも一週間前に発覚したばかりだし、周りを引っ張るどころかおんぶにだっこされたいくらいの気持ちだったのに、この音響!

まー、あちこちで落ちましたわ(;´Д`)

教室のFacebookにリハの動画がアップされてましたが、一番目立つ位置で映ってる私、ちょいちょい動きが妖しいです(-_-;)

本番では、落ちてもエアボー&びびラートで誤魔化す度胸だけを保ちたいと思いますた。

精神的にドッと疲れて、帰途につき…
途中でコンサート帰りの混みあった電車の中、大荷物で大ひんしゅくを買いながら、ようやっと最寄り駅まで到着し、いざマイチャリで帰宅しようとしたら……

まさかの後輪パンク!?( ノД`)シクシク…

呪われてる……厄日だ……
なんか明日の本番、嫌な予感がする…っ!!

と、パンクした自転車でえっちらほっちら自宅近くまで漕ぎ進み、利用した事はないけれど前から気になっていた自宅そばの自動車整備や(自転車修理をやってるぽい)を通ってみたら…

閉店後の連絡先というのが書いてあった!ので夜中の22時30分、失礼を承知で電話し、修理をお願いしたところ…明日一番で修理して下さるとお返事頂けたのはせめてもの救いでした。ホッ。
神よーーーーーー(* ̄0 ̄)/ 

チェロ覚書♪♪8年6ヶ月~202回めのレッスン2017年12月12日

どうにもお腹が空いたため、レッスン前にお外ごはんしました。


・グリルド チキン サンドウィッチ 税込1,706円
おおお!想像よりガッツリ!!
コールスローサラダの上に、でっかいピクルスが1/2個、付け合せのポテトフライはかなり沢山乗っています。

ベーコングリルチキントマトロメインレタスアボカドが綺麗にサンドされていて、かぶりつくための紙袋も2枚くれました。
レッツ がぶりチキン。

わー、カリッと焼かれたベーコンと、ジューシーにグリルされたチキン、瑞々しいトマト、シャキシャキで傷みのないロメインレタス、ほどよく熟れたアボカドが絶妙バランス。

ポテトフライは私、くし形カットのが好みなのですが、この拍子切りタイプ、表面がカリッカリに揚がっていて油っぽくなく、美味しい。

コールスローもしっかり塩もみしてから調味されていて、よく馴染んでるし、ピクルスがおっきいのも嬉しい。

全体的に、基本調理がきちんとされているなぁと感じました。
値段なりの価値は味わえましたよ。
小腹を満たしたい時は、二人でシェアしてもちょうどよいくらいのボリューム感でした。

うん、ここはリピ決定。


大満足で教室へ移動し、休会発表会前、最後のレッスンです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  私の出演は2日開催の1日めで、本アンサンブル部門は

  12月16日(土) 17:30~(予定)第2部
  
  場所:名古屋市昭和文化小劇場

  です。当日の出演は以下のとおり(私の参加順)

 ★弦楽アンサンブル
  
ヘンデル『水上の音楽』
   …Vc

 ★大アンサンブル(オケ形式)
  ミュージカル「レ・ミゼラブル」メドレー
   …第1Vn

 ★大アンサンブル(オケ形式)
  チャイコフスキー「くるみ割り人形」よりトレパーク花のワルツ
   …第1Vn

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

今日も弦楽アンサンブル曲のレッスン。

弦楽アンサンブル
ヘンデル『水上の音楽』

週末に参加した最後の合わせ練習、当時の状況は先生のお耳にも届いていたようで…(;^ω^)
教室代表T先生がかなりご立腹で、ヴァイオリンの先生が戦々恐々だったみたいですね~(苦笑)あ、チェロは大丈夫って仰ってましたよ」
と仰っていました。

通し演奏すらできなかったけれど、終盤に途中でストップがかかるまで録音したので、それを先生にお聴かせしたところ…苦笑。

冒頭から合ってないし、中盤はもっとバラバラだし(;^ω^)

でもテンポの参考にはなったので、録音と同じくらいの速度で、先生の他パートピアノ演奏と一緒に通し演奏しました。

痛み止めを打ってからちょうど3時間くらい経っていて、まだ若干薬指&小指の痺れは残っていましたが、手首の痛みは…多少軽減されてる…かな???というレベル。

なるべく弓手に余計な力を使わないよう、響きを殺さないように演奏したつもりでしたが、弾き終わった後で先生からは

「前回よりちょっと丁寧感が弱くなってしまいましたが、音程もおおむね安定していましたし、ニュアンスは大体出ていたと思います」

と言われました。

強弱やタイミングに意識を傾けた分、少し粗く聴こえる弾き方になってしまったのかな?

本番も近いし、目立った問題もないという事で、今日は前半お喋りが長かったせいもあって通し演奏1回でおしまい。

意識して弾くとより良いと頂いたアドヴァイスは、以下の赤[の部分。

「ここは小節頭がフレーズの頭じゃなく、前の小節のフレーズの終わりなんですよ。特に強弱記号を見るとお分かりの通り、11小節は冒頭レが10小節の3拍めからクレシェンドしたフォルテシモで、11小節の2拍めはメゾフォルテになっていますよね?ここが次のフレーズの始まりっていう事なんです」

なるほど。

「35小節は指示記号上の切れめがありませんけど、ここも34小節の流れから35小節の冒頭までで区切って収めオクターブ跳躍するレの音で仕切り直す感じです。
といっても、最終的には他の弦とのアンサンブルなので、周りのニュアンスに合わせる事にはなりますけどね(苦笑)

と、語尾へ暗に”ニュアンスレベルの状態ではない”事を臭わせる口調でもって、ご指導頂きました(笑)


後半はほとんど伴奏的なフレーズだし、移弦もそこそこスムーズになってきたしで、先生からもニュアンスのご指導や修正指摘はありませんでしたので、このまま丁寧を心がけて本番に臨めたらいいな。
前日リハは職場から直行するためマイチェロを持参できず、弦楽アンサンブルはリハ欠席です。

当日も、荷物削減のためマイチェロは持参せず、チェロ弓だけ持参して相Vc-hikoちゃんの愛器を借ります♪
Vc-hikoちゃんの愛器は、ぶっちゃけマイチェロの3倍くらいの値段なので、マイチェロで弾くよりいい音が鳴る事は間違いなし!

来月から半年休会、その間、チェロを弾く事は…多分ないと思いますが、来年の発表会にもチェロ1枠くらいは参加したいので、養生しまーす。

チェロ覚書♪♪9回めの発表会~SKE『Requiem×ROSIER』合わせ練習4回め2017年12月10日

発表会本番、一週間前。最後の合わせ練習です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  私の出演は2日開催の1日めで、主宰アンサンブルSKEの発表は

  12月16日(土) 17:30~(予定)
  
  場所:名古屋市昭和文化小劇場

  第二部(アンサンブル部門)の3番め※変更になりました

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今日も全員集合。

 私…ヴァイオリン、エレキヴァイオリン
 相棒hikoちゃん…アルトリコーダー、チェロ1
 Nさん…オカリナ、カホン
 メンバーT・Mさん…チェロ2
 メンバーHさん…チェロ3
 メンバーTさん…サックス
 メンバーOさん
…ピアノ

私同様、他のアンサンブルの練習と同日になった方もいらっしゃいましたが、奮ってご参加下さり、有難い限りです。

◆冬の陣<黒>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Requiem×ROSIER  LUNA SEA 黒服限定GIG ver.
 モーツァルト『レクイエム ニ短調』より
 第1曲「Requiem aeternam」
 第3曲「Dies irae」
 第8曲「Lacrimosa」
  ×
 LUNA SEA『ROSIER』
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

これまでは通し演奏を数回行って、気になるフレーズ、ズレたフレーズなどを確認演奏、という流れで行ってきましたけれども、当たり前ながら泣いても笑っても、本番は1回しか演奏できませんし、戻って弾き直しも出来ません。

ですので、今日も本番に近いセッティングと衣装(小物)で、通し演奏はスタジオレンタル時間の終盤に1回だけ行うと宣言してスタートしました。

で、もっとニュアンスが出せたらなぁ…と、これまでの練習で常々思ってきたため、今日は特にニュアンスが重要な【A】パート・第1曲「Requiem aeternam」のレベルUPを計って、持参したプロのオーケストラの音源と合奏して頂くことにしました。
私は自習の際、これまでこの音源に合わせてきたのですけど、引っ張られるくらいしっかりとニュアンスがついていて、とても参考になります。

ただし今日は持参した設備の関係で、全員で弾くと音源が音量負けしてしまうので、パートごとに分けて演奏しました。
持参音源は速度がゆっくりめで、物凄く強弱やタメ&ritが利いていますから、音源合わせはあくまで音量アップやダウンのニュアンス参考として実践して頂き、そこで掴んだニュアンスを踏まえて、全員で合奏して頂きましたところ…

うん!だいぶニュアンスが出てきた!
このイメージを頭の中に残して頂きたいです(^^♪

【B】パート・第3曲「Dies irae」は、一度全員で弾いてみたら、何だかいつもよりかなり速度アップしていましたが(笑)、何とか皆さん誤魔化しつつもタイミングを合わせて弾いて下さったので、今更あれこれいじらずスルー。

【C】【D】パート・ 第8曲「Lacrimosa」×LUNA SEA『ROSIER』はタイミングが時折ズレるのがネック。
合う時は合うけれど、特にシンコペーションで弾いているピアノのベースフレーズが、だいたい2、3か所の決まった小節あたりでズレ始める事があって、経験豊富なOさんは途中で何とか帳尻合わせして戻して下さるのだけど、ズレてる小節が長ければ長いほど目立ちます…有名な曲だけに。
同じく有名だけど、各パートがほとんど単独・独立フレーズで、輪唱のような構成になってる【A】パート・第1曲「Requiem aeternam」の方が、ズレても聴衆にはバレにくい(爆)のですが、こっちは絶対バレる。

ので何度かズレるポイントを中心的に確認演奏して、宣誓通り1回だけの通し演奏を行いました。

…が、やっぱり【C】【D】パート・ 第8曲「Lacrimosa」×LUNA SEA『ROSIER』はがズレたーーーーーーーーーーー( ノД`)シクシク…

思わず言っちゃいました。

「ハイ、ずれましたね(;´Д`)
本番でこうなるか、これより演奏レベルは落ちると思いますので、最低限こう(目立つズレに)ならない事を祈ります…怖いなぁ…」

本番って、そんなもんです。
だからこそ、毎々言っていますが私は、本番1か月前からは自習で1日1回しか通し演奏をしません。

私自身も、苦手なフレーズをイマイチ克服できていないため、残り一週間で他パート(特にズレ)に惑わされず、クリアな音色と音程で弾けるように、ここだけは集中弾きこみしておきたいなぁと思いました。

そんな最後の練習、このアンサンブルは私の主宰で、主な演出は私が提案させて頂いていますが、今日は演出含めて本番想定でパフォーマンスしたところ、皆さんからちょいちょい意見も頂けまして、今日も「あ!それいいな!」という演出を採用させて頂きました。

こういう意見交換をしながら演奏や演出を決められるのも、このアンサンブルの醍醐味だなぁ~長く続けていけたらなぁと改めて思ったり。

本番がどうなるかは、毎回メンバーも少しずつ違いますし、ホントにドキドキです。
失敗しても次の糧に。
まぁ、自己満足の世界ですから。とにかく楽しんだもの勝ちって事で!

と自分に言い聞かせて帰宅し、ランチのお寿司でお腹いっぱい、練習の疲れで胸もいっぱい疲れもMAXだったために晩御飯は林檎1個でテキトーに済ませてたのですけど…

お弁当用に帰宅してからスイッチオンしたご飯がピーッと炊けたら、急にお腹が空きまして(爆)

これ↓をネットでポチってあったのを思い出したので…

22時頃になってコレを食べる(爆)
いなばタイカレーシリーズ、この味は初めて食べましたら、一番好きかも♪

チェロ覚書♪♪9回めの発表会アンサンブル~1回めの弦楽アンサンブル練習2017年12月10日

発表会まで一週間切ってて1回めの練習!?
…ええ、教室のセッティングしたアンサンブル練習はすでに4回終了しておりますが、私が今期1回めの参加というカウントをしておりますので、ご了承下さいませ。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  私の出演は2日開催の1日めで、本アンサンブル発表は

  12月16日(土) 17:30~(予定)
  
  場所:名古屋市昭和文化小劇場

  です。当日の出演は以下のとおり(私の参加順)

 ★弦楽アンサンブル
  
ヘンデル『水上の音楽』
   …Vc

 ★大アンサンブル(オケ形式)
  ミュージカル「レ・ミゼラブル」メドレー
   …第1Vn

 ★大アンサンブル(オケ形式)
  チャイコフスキー「くるみ割り人形」よりトレパーク花のワルツ
   …第1Vn

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

本日は上記のうち弦楽アンサンブル・ヘンデル『水上の音楽』の練習です。
こちらも前日リハを除けば、練習は最後。

実は弦楽アンサンブルにチェロで参加するのは、本当に久々。
ヴァイオリンではチョイチョイ参加してましたけれども、初めての発表会でパッヘルベル『カノン』に1回チェロで参加してからは、ヴァイオリンでの参加に転向しちゃっていましたから…オケでのチェロ参加を除けば8年ぶり?

最近の弦楽アンサンブルの選曲が良いし、今回の曲はヴァイオリンで演奏した事があったので、チェロでも弾けたらいいなぁと思い、チェロアンサンブルへの参加を止めて、今年はこちらへ参加する事にしたんです。

これまでは個人レッスンでじっくり先生に指導頂いてきましたから、そつなく弾く自信がありましたし、2プルの裏でコッソリ弾けるという好ポジションでもあって、気分的に「最後の合わせに顔出しくらいでいっか」(爆)という感じでしたゴメンナサイm(_ _)m

さて、基本ヴァイオリンの主旋律に添う形で演奏する事になりますが、テンポ感やいかに。

★弦楽アンサンブル・ヘンデル『水上の音楽』…Vc

指導は教室代表T先生
まずは通し演奏…と思いきや。おっと、中盤くらいでどうにも崩れてストップ入りましたぁ!

はい…第2Vnが全員バラバラのテンポ・タイミングで弾いちゃってて、こうなると第1Vnと指揮に合わせるしかないのだけど、音楽的にはカオス!!

この後、第1Vn、第2Vn&Va、Vc&Cb※先生でパート分けして部分演奏した際も、チェロは大抵1回でパス!だったけれど、第1Vn、第2Vn&Va、特に第2Vnは何度もダメだしされていました。

教室代表T先生「ソロ演奏じゃないんです。全員で同じリズム感で演奏しないと。指揮をちゃんと見てください」と仰るのだけど、多分皆さん、曲を弾きこなすのだけが精一杯なんですよ。「ちゃんと練習して来てください」とも仰ってたけれど、練習しても弾きこなすのが精いっぱいなんだと思います。

顔ぶれから推察するに多分、せいぜい長くてレッスン歴3~4年の方が集まっていると思うので、限界ですよ。

その点、チェロは今回の編曲だと主旋律がほとんどないし、小学校低学年かヘタすると幼稚園?くらいの可愛らしい生徒さんは結構サクサク上手に弾きこなしているし、もう一人の大人の生徒さんも安定感のある演奏で、私は一応指揮を見る余裕もアンサンブル感覚も経験上は豊富だし、今日はいらっしゃらなかったけれど5期SKEメンバーのHoさんはかなりお上手だから、もう盤石。
本番も、先生のサポートは入らないのですけど、ノープロブレムでした。

この曲、私がYAMAHAアンサンブルクッキングでこの曲のヴァイオリンパートを弾いた時は、確かレッスン歴5年くらいだったと思いますので…
今日の痛いご指導の数々は、他人事とは思われませんでしたよ……。弾きこなすのに必死だし、フレーズの特徴上、どうしても奔って前のめり、ツッコミぎみになってしまうんですよね。

本番までにこの状況から一気に仕上がるとは思えませんから、とにかブレブレになっても動じない事だけは、今日の練習で覚悟ができました(苦笑)

私、前日リハにはチェロを持参できないため、会場入りはしてるけど参加はしないので~客席から演奏を聴いて、客観的な判断を以て本番へ臨みたいと思います。

はぁ~それにしても、やっぱり1曲弾き切る耐力がないわ~腕痛い…。

午後からSKEも最後の合わせ練習がありますので、愛車で移動して相棒Vc-hikoちゃんを途中ピックアップし、練習前にお外ランチしてきました♪


景気づけにお寿司!
どれにしようかなぁ…といっても私は握りが好きじゃないので、丼定食をセレクトしました♪

・特選六色丼定食
 1,430円
まぐろの漬けが食べたかったので~。
わーい(*´▽`*)茶碗蒸し赤だしもついてくるよ♪
写すの忘れたけれど、お店の湯飲みに入ったお寿司屋さんらしい緑の濃いあがり(お茶)も嬉しいですvvv

丼だけ撮ってみた。あ、わさびは速攻で撤去!!(笑)
ネタはどれも新鮮で、美味しかったです。
欲を言えば、ギョクはもっと出汁が利いてるやつだと嬉しかったけれど、こんだけ刺身が乗っててこの値段はコスパ高いでしょう!

お腹ぱんぱん!お座敷席で頂いたので、このまま横になって眠りたいくらいでしたが(笑)スタジオへ移動しまーす。

チェロ覚書♪♪9回めの発表会アンサンブル~3回めの合同練習2017年12月09日

毎度紛らわしくて申し訳ありません&くどいようですが、本記事はチェロ教室で参加しているヴァイオリンレッスンの備忘録、つまり”チェロ(教室)覚書”です。

そして教室のセッティングした合同練習はすでに4回終了しておりますが、私が今期3回めの参加というカウントをしておりますので、併せてご了承をば。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  私の出演は2日開催の1日めで、本オーケストラ発表は

  12月16日(土) 17:30~(予定)
  
  場所:名古屋市昭和文化小劇場

  です。当日の出演は以下のとおり(私の参加順)

 ★弦楽アンサンブル
  
ヘンデル『水上の音楽』
   …Vc

 ★大アンサンブル(オケ形式)
  ミュージカル「レ・ミゼラブル」メドレー
   …第1Vn

 ★大アンサンブル(オケ形式)
  チャイコフスキー「くるみ割り人形」よりトレパーク花のワルツ
   …第1Vn

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

本日は上記のうち大アンサンブルの練習で、前日リハを除けば、練習は最後。

早いもので本番までちょうど一週間前です。
今更ジタバタしたところで、演奏技術が上がるかといったら…私は単なる悪あがきだと思っていますので、練習よりも体調管理に重点を置きまして。

インフルエンザワクチンが不足しているらしく、かかりつけ医院で予防接種を受けられなかったため、サクッと諦めて、気休めでもコレ↓買ってきました。

ついでに電車移動時などの対策で、このタイプ↓も。
やらないよりはマシくらいのつもりで…もちろん手洗いうがいはしていますよ。

末端冷え性対策で、キツイ靴下は履かずに、ゆるゆるだけどあったかいルームシューズ(相棒から昔貰ったプレゼント(^^♪)を履いてます。

寝る時も靴下は履かず、バーゲンで買った、もこもこのルームブーツ履いてます。
朝方暑くなって脱ぐんだけどね。

今のところ、疲れで身体はだるいけれど風邪も引かず、それなりに体調管理出来ていると思います。

さて、今朝は電車が触車事故運転見合わせから大幅に遅れていたのを、最寄り駅へ着いた時に知って、(最後の合わせ練習なのに~遅刻か!?)と若干焦ったのですけど、ちょうど運転再開1本めに乗れてラッキーでした。

ミュージカル「レ・ミゼラブル」メドレー…第1Vn

今日もまたロングトーンのボウイングが変わった……( ´Д`)=3 
直前までこんな感じか…相変わらず。
まぁ、ロングトーンをダウンで弾き続けるか、ダウンアップにするかの違いなので、演奏に対して影響はないといえばないのですけど…折角、清書した自作譜面に手書きでごちゃごちゃ書き込みが増えるの、ちょっと嫌。

全体の仕上がりとしては、ツッコミどころは尽きないし(;^ω^)、指揮を務める教室代表T先生としても全然足りてないレベルだと思います。
が所詮、教室の寄せ集めオケなので、これが限界かな。


チャイコフスキー「くるみ割り人形」より行進曲トレパック花のワルツ…第1Vn

2プルの表だったはずなんですけどね、、、、、、
実は今日、会場入りした途端にヴァイオリンのY先生から「トップ予定だった方の都合が悪くなり、ありこさんにトップ(コンミス)席でお願いしたいんです」と言われまして。
一応、拒否ったのですけど、レミゼの休憩中、お手洗いに行って席を外してたら、強制的にトップ席しか空いてませんでした……。。。。(;´д`)トホホ

去年のカルメンメドレーは1stヴァイオリンに生徒さんが誰もおらず、正確にはヴァイオリンの生徒じゃないけど教室の生徒という括りで私がトップになるしかない状況だったから致し方ないとして…
今回は1stヴァイオリンに私以外のヴァイオリンの生徒さんいるっぽい(今まさに)んですけど…なんで私???

毎回これ愚痴ってますが、私はこの教室ではあくまでもチェロの生徒であって、レッスンコース以外の楽器でも参加が可能という教室の規約に添ってヴァイオリンに混ぜて頂いている立場なので、ヴァイオリンコースの生徒さんを差し置いて先頭に立つべきではないんですよ。
私が逆の立場だったら、いい気分はしないので…毎回そこへ座らされているのは断じて私の要望ではないのだけど、っていうかホント、私の立場も考えて欲しいよ。。。。

そんなこんなで泣く泣く( ノД`)シクシク…トップ席へ。

更に愚痴が続いちゃいますが、ヴァイオリンコースの生徒じゃないため、ボウイングなどの変更は合わせ練習で初めて知らされるわけなんですよね。

で、今回もまた、変更箇所がありました。というか、正確には私が勘違いしてた事になっちゃうんだけど。

しかもずっと苦手意識があって最近ようやく多少反応出来てきた、第13曲 花のワルツ (Valse des fleurs)のココ↓【E】
3段目のTuttiからです。
教室から頂いた譜面は、上画像通り1小節めのみにダウン、アップのボウイングが書き込まれていたため、以下小節はてっきり弓順だと思い込んでいたのです。
個人的にレクチャー頂いた私のヴァイオリン師匠も弓順…?と疑問符つきながら教えて下さったので。

そもそも、くどいようですがYAMAHAアルバム3ではココ、小節頭は全てアップボウ統一↓でしたから。
弓順じゃないどころか、残念ながらアップボウ統一でもなくて、まさかのダウンボウ統一だとぅ!?
んんん…まぁ、弓順よりははるかに弾きやすいけれど、今更変えろと?
てか、過去2回も合わせ練習出てきたんだから、初めからそうだったなら最初に教えてよ~~( ノД`)シクシク…

いきなりトップ交代事件から始まって、実はダウンボウ統一だった事件とのダブルパンチで、心がポッキリ折れますた……。。。。。。

全体的な仕上がりは…うん、特に第13曲 花のワルツ (Valse des fleurs)が酷い感じです(;´Д`)自分の演奏も含めて。
どこからどうツッコんでよいやらわからない。教室代表T先生も「難しい…!」としきりと呟いておられましたが、うん、選曲がそもそも難し過ぎたねという感じ。

本番どうなることやらわかりませんが、後ろのプルトでコソ弾きするつもりが、残念な方向へ……ドナドナド~ナ~~ド~ナ~~。。。。。。

チェロ覚書♪♪8年6ヶ月~201回めのレッスン2017年12月05日

休会発表会前残り2回のレッスンです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  私の出演は2日開催の1日めで、本アンサンブル部門は

  12月16日(土) 17:30~(予定)第2部
  
  場所:名古屋市昭和文化小劇場

  です。当日の出演は以下のとおり(私の参加順)

 ★弦楽アンサンブル
  
ヘンデル『水上の音楽』
   …Vc

 ★大アンサンブル(オケ形式)
  ミュージカル「レ・ミゼラブル」メドレー
   …第1Vn

 ★大アンサンブル(オケ形式)
  チャイコフスキー「くるみ割り人形」よりトレパーク花のワルツ
   …第1Vn

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

今日も弦楽アンサンブル曲のレッスン。

弦楽アンサンブル
ヘンデル『水上の音楽』

次の週末にある、最後の合わせ練習にようやく初参加予定(;^ω^)
チェロは基本、ヴァイオリン2パートの主旋律に添うテンポ、タイミングで演奏するため、速度がネックになってきますが、先生がヴァイオリンの先生に合わせ練習の状況を確認なさったところ、テンポはそれなりに標準?で仕上がってきているとの事でしたので、今日は標準テンポと、ちょっと奔った場合を想定した速めテンポで1回ずつ通し演奏しました。

今日も圧のかけ方を意識して。
弓を弦へちゃんと乗せてから、腕の重みを使って、圧をかける。

終始意識的に演奏したのが先生にも伝わったようです。
丁寧に意識を保ったおかげで、移弦が1弦跨ぎのフレーズなどで少し出遅れてしまったりしましたが

「ボウイングをより丁寧に弾いていらっしゃるせいだと思いますので、遅れないように、タイミングの意識も伴って弾けるようにしましょう」

との事でした。

二分音符は重くなりすぎず長すぎず

これは相変わらずバランスが難しくて…今日はちょっと重かったみたい。

「もうちょっと軽やかに響きで音符分の音を鳴らせるといいかな、と思います」

と言われました(;´Д`)

でも、

「クレシェンド、デクレシェンドの弾き方は、そんな感じでいいと思います。
基本的にはヴァイオリンのニュアンスに合わせた強弱なので、率先して強弱を出すというよりは、ヴァイオリンのニュアンスを手助けするつもりで表現して頂ければいいですよ」

とOK頂きましたので、大袈裟になりすぎず、主旋律のニュアンスに寄り添う形で表現できたらいいなと思います。

テヌートのついている音も、重くなりすぎず丁寧を意識。
これは、ツッコミがなかったので、出来てたのかな?
58小節1音め以降からの付点二分音符は、前回「音の長さ分伸ばして弾く」よう指摘されたので、これも意識しました。
が、ちょっと重すぎたかな?
チェロは基本的な弓圧の感覚が出来ていないため、ニュアンスを出すための適正な弓圧が使い分けできず響きでの表現もなかなか…難しいです。

それでも、本番まで着実に、少しずつ演奏レベルはアップしていると思います。

ただし。ホントに一番の問題は、腱鞘炎手首の耐力( ノД`)シクシク…
今日は1回目の通し演奏が終わった後で、左腕が攣りそうになりました。

2回目の繰り返し以降は、弓が持てなくてヘンテコな持ち方に変えたまま弾いて、途中で戻したり、誤魔化しながら通し演奏に耐えきった状況……。

まだまだ腕が使い切れていないのかな…(´;ω;`)ウッ…

意識を持つだけでも多少なりと演奏に表れると信じて、腕を使う意識を高め、手首への負担を軽減しつつニュアンスのある演奏が出来るように心がけます。