膠原病治療:治療経過15回めと整形外科の診察13回め2017年12月12日

腱鞘炎→膠原病覚書35回め。
シェーグレン症候群の薬物療法・継続中です。

やっぱり気が緩むのか、通院日の朝はどうにも身体が重く。

でも今日は午前中に火災保険の更新で代理店の担当者が来訪予定だったので…ギリギリまでお布団でうずくまり、身体をあっためようと思って朝ご飯は鍋汁の残りで卵雑炊にしました。
伯母から昨日届いたりんごも♪

ものっすごい蜜入りでした!!

この後、保険更新手続きで口座振替申込のため、銀行印が必要になったのですが…あれ?どこやった???

定位置になく、そういえば前回(といっても相当前)使ってから…ひょいっとカバンのポケットに入れたまま、定位置に戻そうと思って忘れてた…事まではおもいだしたけれど、それがどのカバンだったか覚えてないΣ(゚д゚lll)ガーン

ので、結局書類を預かって後日郵送する事に…(;´Д`)

何とか探し回って、滅多に使わないカバンのポッケへ入れっぱなしになっていたのを発見し、ホッとしたらドッと疲れたため(-_-;)、そのままホカペでしばらくモスラに……。。。。。

さて、何時の電車に乗ろうかな、いつもの電車は~と寝ころびながらジョルダンアプリで検索したら、ライブ情報が出てて、あれ?JR電車止まってる!?

土曜日の練習前も触車事故で止まってたのに、また!?
今度は設備の故障らしいけれど…お昼頃に運転再開という情報も出ていたため、ダイヤが乱れてる事を想定して、少し早めに出発する事にし、お腹空いてないけど身体を温めるために軽くお昼ごはんを食べました。

・ポーランドで買ったクノールマッシュルームスープ 
・バケット・スペシャリテ(メゾン・ド・フロマン)

で、最寄駅に着いたらば。
運転見合わせのまま、復旧メドたたず

仕事ならサクッと諦めて有給にしますけれどもね、予約診察だし、明日からの薬で予備がないものもあるため、どうしても行かねばならない。

名鉄への振替輸送はあるものの、JRの駅からは徒歩30分くらい離れているんですよ…それなのに、JRの駅員さんは「急ぐなら30分以内に運転再開する目途は立っていないので歩いた方が早い」とアッサリ(ヽ''ω`)

毎回思うけれど、駅までの移動手段こそ何とかしてほしいよ……。
帰りも振替輸送がある保証はないため、JRの駅まで漕いできた自転車はそのままにするしかなく、Googleマップを頼りに初めて名鉄の駅まで歩きました…徒歩30分余り。
途中で名鉄の駅へ行くっぽいコミュニティーバスに追い越され(爆)

虚しい想いでテクテク歩き進み…すでにクタクタになりつつ、何とか名鉄の駅へ到着して、名古屋駅まで移動し、B総合病院行きのバスへ乗り込んだのでした。

予定より15分遅れで到着後、血液検査を済ませたら、もう疲れて寝たくて…(´ぅω・`)待合席でじっと大人しく寝てましたよ。

今回の血液検査の具体的な数値も画面でササッと見ただけなのでハッキリ覚えていませんが、CKCPK、血糖値などもそれぞれ安定しているとの事。

毎度のように

「最近の体調はどうですか?」との問診には、

「相変わらず手首が痛くて手もこわばってます」

と答え、手首と指先、肘を触診した結果は

「手首はやっぱりそれほど腫れていないですが、紅斑が少し戻ってきていますね…指先まで赤いですし。ただ数値は安定しているので、ステロイドは予定通りまた減量しましょう。痛い部分は、極力使わないように」

と、いつも通り。

「と言われても、今週末に楽器の発表会で使わなくちゃならないので、これから整形外科で痛み止め打ってもらう予定です」

と言ったら、

「じゃあ、それが終わったらしばらく休めますか?痛い部分は休めるのが一番です。この病気は寒さに影響を受けやすいので、冷えには特に注意して下さいね」

との事でした。そうなんだ。初めて知りました。
元々末端冷え性でこの時期は色々な対策をしているけれど、今年はもっと厳重な対策が必要かなぁ?


そんなわけで一応順調にステロイド減量メトレート現状維持、次回通院は六週間後です(*´▽`*)

★プレドニゾロン 5㎎×1錠 ×3→2錠(毎朝)※水曜から減量
 30→45㎎で増量してから徐々に5㎎ずつ量し、前々回から1㎎単位、間隔は6週間の減量計画で、今回まで減りました。

★エディロールカプセル 0.75μg×1カプセル(毎朝)
 ステロイド服用により骨粗しょう症になりやすくなるため、骨粗しょう症治療剤

★タケキャブ錠 10㎎×1錠(毎朝)
 胃薬。劇薬服用によって胃潰瘍にならないための対策

★ダイフェン配合錠 0.5錠(毎朝)
 菌による炎症、化膿、感染症を防ぐ

メトトレキサート(メトレート)錠 2㎎×4&4錠(週1回朝夕)※現状維持
 抗リウマチ薬。限度量まで量したまま。いずれ徐々に減量予定ですが、いっこうに減らせない…( ノД`)シクシク…

★フォリアミン錠 5㎎×1錠(週1回朝)※毎週土曜
 メトトレキサート服用による副作用を抑制するために葉酸を補う

★ボノテオ錠 50㎎×1錠(月1回起床時)※毎月1日
 これも骨粗しょう症治療剤

★ロキソプロフェンNaテープ 100mg

☆カロナール錠200 200㎎×3錠(疼痛時)
 これは私の持病である頭痛のために、現在服用しているマクサルトRPD錠10㎎と、ロキソプロフェン錠60㎎アルジオキサ錠100㎎のうち、胃への負担が大きいロキソプロフェン錠60㎎が併用禁止となってしまったため、代替薬として胃への負担が少ない本剤が処方。
 同時に手首の腱鞘炎的な痛みに対する鎮痛剤としても処方される事になりますた。

処方箋を薬局へ先にFAX依頼しておこうと病院内のFAXコーナーへ移動したら、立派なツリーが飾ってありました。
病院に着くまでバタバタしてたから全然気づかなかったよ。

この後は、いつも通りテクテク歩いてA総合病院の整形外科の診察を受けてきました。
いつも通り、B総合病院での検査結果や服用している薬の量について報告した後、痛みが治まらない手首を触診。

「腫れはないですねぇ」

「はい。疲れてくるとちょっと痛みが強くなって、熱を持ってくる程度です。
でも今は演奏会シーズンで、ある程度の長さの曲を連続で弾くのには…ちょっと耐えきれないため、この週末が本番だし、痛み止めを打って頂けると助かります」

と自ら申し出て、特に痛みが酷い右手首へ注射を打って頂きました。

注射の準備をしながら先生に

「本番ではどのくらい演奏しますか?」

と訊かれたため

「10分くらいの曲を断続的に4本です」

と答えると

「あ…それは辛いですね」

はい。特にチェロと、最後のヴァイオリンで「くるみ割り人形」がヤバい。

「打ってから2~3時間は薬指と小指に痺れが出ますが、じきなくなりますので焦らなくても大丈夫ですよ」

すでにジワジワそれっぽい痺れが出てきてました。
痛みが緩和してるかどうかは…痺れの方が強いので、よくわかりません。
この後、チェロレッスンがありますから、どのくらい効果があるかはそこで試せるかな。

「肩の症状は悪くなっていないようですので、前回リハビリも卒業なさいましたし、予約診察はこれでおしまいにしましょうか。また、ご都合で痛み止めを打ちたい時に予約外でお越しください」

やっと定期診察から卒業~~~。
痛み止めの効果があれば、今後スポットで通院しようと思います。

ふぁ~!A総合病院の診察前からすでにお腹がめっちゃ空いてたので、チェロレッスン前にご飯食べたーい!!

膠原病治療:治療経過14回めと整形外科の診察12回め&リハビリ23回め2017年10月31日

腱鞘炎→膠原病覚書34回め。
シェーグレン症候群の薬物療法とリハビリ治療を並行継続中です。

演奏会旅行の疲れがあるのか、どうにも通院日の朝は身体が重く。

でも今日はハロウィン!
だからそれっぽい雰囲気を愉しもうと、見た目だけ朝から全開で(笑)

・南瓜と豆乳のパンドミ(メゾン・ランドゥメンヌ・トーキョー)にブール ド バラット レモン入りオリーブオイル(ボルディエ)添え
・フルーツのロデブ(ポワンタージュ)
・イタリア栗と無花果のパン(ポワンタージュ)
・シャインマスカットクイーンニーナ

そうして食後、通院前に浄化槽点検があったのと、そろそろ庭木の剪定シーズンなので1日ちょびっとずつ片付けようと思って垣根の木1本と周りの草だけ片づけたりしてたら、ものすごい眠気に襲われ、1時間ほどダウン(;´Д`)

でも今日は寝坊せずに(;^ω^)おうちでお昼ごはんを摂れましたよ。

・南瓜の薄炊き
・焼さんま 大根おろし入り(セブンイレブン)
和食でもさりげなーくハロウィン仕様で。

セブンイレブン半額ゲットしたこの焼さんま缶↓、ゆずの風味がする大根おろし入りで結構美味しいvvv
普段お魚料理が食べられないから、商品入れ替えの為に半額で売られていたのを非常食に買って正解でした。

さて、お腹が満たされたところで家を出てB総合病院へ到着。

血液検査を済ませたら、いつもは院内のクリエでお茶休憩するんだけど、今日はもう診察まで寝たくて…(´ぅω・`)待合席で大人しく寝てました。

そんなに混んでないように見えたし、電光掲示板にも診察に遅れの表示はなかったけれど、ちょびっと遅れてて14:30の予約で診察順が回ってきたのは15:00くらいでしたよ…疲。

今回の血液検査の具体的な数値は教えてもらってないけれど、安定しているとの事。

「最近の体調はどうですか?」との問診に、

「相変わらず疲れてるのと、手首が痛くて手もこわばってる一方です」

と答えたけれども、手首を触診した結果は

「そんなに腫れてはいないですね。数値は安定しているので、ステロイドは予定通り減量しましょう。痛い部分は、なるべく使わないように気をつけて下さい」

と、いつも通り。

使わないように、といっても日常生活でどうやったって使う場所なので、サポーターはずっと着けてるし、整形外科にも通ってる。

これ以上、何か対策はないんだろうか…???

「頭痛で処方してるカロナールを、手首の痛みが酷い時にも鎮痛剤として服用して下さい」

あ、そうか。確かにロキソニンの代用薬だから、鎮痛剤として使えばいいんだ。
でもこれだって、所詮は対処療法で、根本治療にはなってない( ノД`)シクシク…

血液検査的な経過は順調なのだろうけど、本人の感覚的には何かすっきりしない治療経過…

というわけで”一応”順調にステロイド減量メトレート現状維持通院頻度は週間後になりました(*´▽`*)


★プレドニゾロン 5㎎×1錠 ×4→3錠(毎朝)※水曜から減量
 30→45㎎で増量してから徐々に5㎎ずつ量し、前回から1㎎単位、間隔は5→6週間の減量計画で、今回8㎎まで減りました。

★エディロールカプセル 0.75μg×1カプセル(毎朝)
 ステロイド服用により骨粗しょう症になりやすくなるため、骨粗しょう症治療剤

★タケキャブ錠 10㎎×1錠(毎朝)
 胃薬。劇薬服用によって胃潰瘍にならないための対策

★ダイフェン配合錠 0.5錠(毎朝)
 菌による炎症、化膿、感染症を防ぐ

メトトレキサート(メトレート)錠 2㎎×4&4錠(週1回朝夕)※現状維持
 抗リウマチ薬。いつまで経っても限度量まで量したまま。
 いつ減量計画が始まるんだろう…( ノД`)シクシク…

★フォリアミン錠 5㎎×1錠(週1回朝)※毎週土曜
 メトトレキサート服用による副作用を抑制するために葉酸を補う

★ボノテオ錠 50㎎×1錠(月1回起床時)※毎月1日
 これも骨粗しょう症治療剤

★ロキソプロフェンNaテープ 100mg

☆カロナール錠200 200㎎×3錠(疼痛時)
 これは私の持病である頭痛のために、現在服用しているマクサルトRPD錠10㎎と、ロキソプロフェン錠60㎎アルジオキサ錠100㎎のうち、胃への負担が大きいロキソプロフェン錠60㎎が併用禁止となってしまったため、代替薬として胃への負担が少ない本剤が処方。
 同時に手首の腱鞘炎的な痛みに対する鎮痛剤としても処方される事になりますた。

うぉーーー!時間が押したからA総合病院の整形外科の診察に遅れちゃった~(;´Д`)と小走りで移動したんだけど、こっちも30分遅れだったΣ(゚д゚lll)ガーン

何かしら外科的な対策とかしてくれないかという一縷の望みで通ってきたのですが、待たされた挙句、今回も特にアドヴァイスを頂けるでもなく、肩の状態が戻っていない事、手首の状態を確認して、おしまい。

「肩は完璧に治ったとまではいかないけれど、ピーク時の事を思えばほぼ回復したといってよい状態を維持しているので、これ以上リハビリを継続する必要性を感じないです」

と正直に告げたところ、

「硬直状態が長かったので、しばらくリハビリで経過を診てきましたが、ご本人の負担が軽減されたという事であれば、一旦終了にしましょうか。ただし自宅でも簡単なリハビリは続けて下さいね。
原病の治療がまだ続いていて、手首の痛みも残っているとの事ですので、また状態を確認させてください」

と言われて、こちらも週間後に再診。

んんんーーリハビリを受けるために義務付けられている月1回の診察だからと思って通院し続けてきましたが、リハビリがなくせるなら一緒に診察もなくなればよかったのに。。。。

次回でおしまいに出来るかな???

診察後のリハビリでは、今日最後になる旨を理学療法士の先生に自ら伝えて、いつもどおり肩を温めてから可動域を確認し、肩周辺のマッサージをしてもらいました。

「肩の関節の状態はかなり良くなってきましたが、今日は右の筋肉がかなり突っ張ってますね~」

それは私も、マッサージを受けたら急に自覚しました。多分、週末のオケ練やら旅行やらの疲れかなと思います。。。。。

この後は伸びるゴムバンドを使ったストレッチを行っておしまい。

自宅でも同じストレッチが続けられるよう、今日はリバビリ通院で使用しているこのゴムバンドを1本頂きました。

「外側の筋肉は、ゴムバンドを立て肘した状態の両手で外側へ引っ張る動きと、座位でお尻にゴムバンドを渡して後ろから前へ引っ張る動きで鍛えられます。
内側の筋肉は、寝ころんだ状態でタオルを脇腹へ畳んで置いて、そこを軽く腕で押す動作をすると鍛えられますので、ご自宅で実践してみてください」

これならいつでも気軽に出来そう。

もちろん、ペットボトルに水入れてフリフリするストレッチも、玄関にそれ用のペットボトルを置いてあるので気が向いたらやってるのですが…

手首がとにかく痛いのでね~~。。。。

どうなることやらです。

膠原病治療:治療経過13回めと整形外科のリハビリ22回め2017年09月26日

腱鞘炎→膠原病覚書33回め。
シェーグレン症候群の薬物療法とリハビリ治療を並行継続中です。

ポーランド旅行から帰国して一週間足らず、旅の疲れは引きずりまくったままで、身体は果てしなく重く。

ありもので朝ご飯を済ませてお薬を飲み。

この後、通院前にガス点検があり、夜はヴァイオリンとチェロ、当面最後のはしごレッスン(´;ω;`)があるので、点検待ちの間にちょびっとでもヴァイオリン弾こうと思ったのだけど……

どうにもこうにも疲れて身体が動かず(;´Д`)

そのうち点検作業員の方がいらして、サクッとガス点検は終了。
お昼ごはんまでに1時間弱ほど余裕があるから、ヴァイオリンは諦め(爆)、いっそ仮眠して疲れを取ろうと、携帯アラームセットしてお布団へ横になったら……

完全にアラーム切って寝過ごしたよ!!(;゚Д゚)

お昼ごはん食べる余裕もない(*_*;

慌てて荷物を準備し、びゅっと家を飛び出しました。

なぜか通院日と週末に限って、時折ものすごい倦怠感に襲われるのだけど…単なる気の緩み???

お昼ごはんは仕方がないから、病院内のクリエか食堂で食べるか…と思ったけれど、夜のレッスンもあってお腹も減るだろうしなぁ…と思ったので、バスを1本やり過ごして、バスターミナルそばのキッシュ屋さんでリピ買い…したのを病院内のクリエでコソ喰い(笑)

・ローストポークと玉葱コンフィチュールのキッシュ 
・ズワイガニとイタヤ貝のキッシュ 
・タルトオクレーム プレーン 

・ソルベージュ マロン&エスプレッソ※これだけクリエ

ローストポークと玉葱コンフィチュールのキッシュ

・ズワイガニとイタヤ貝のキッシュ 
噛んだら、じゅわ~っと貝?カニ?エキスがしみ出して、写真ぴんぼけしちゃったけど(;^ω^)

お腹は十分満たされました。てか食べ過ぎ?(笑)


その後の診察では、やっぱり血液検査の値も安定しており、副作用的な数値も所見なしとの事で、順調にまたまたステロイド減量メトレート現状維持通院頻度は休診日の都合で五週間後になりました(*´▽`*)

ただし、これまで5mgずつ減量してきたステロイドは、今回から1mg単位しか下がりません……いつになったら卒業できるのか、気が遠くなる……。

★プレドニゾロン 5㎎×2→1錠 ×4錠(毎朝)※水曜から減量
 30→45㎎で増量してから徐々に5㎎ずつ量し、今回9㎎まで減りました。今回からは5→1㎎単位、5週間の減量です。

★エディロールカプセル 0.75μg×1カプセル(毎朝)
 ステロイド服用により骨粗しょう症になりやすくなるため、骨粗しょう症治療剤

★タケキャブ錠 10㎎×1錠(毎朝)
 胃薬。劇薬服用によって胃潰瘍にならないための対策

★ダイフェン配合錠 0.5錠(毎朝)
 菌による炎症、化膿、感染症を防ぐ

メトトレキサート(メトレート)錠 2㎎×4&4錠(週1回朝夕)※現状維持
 抗リウマチ薬。いつまで経っても限度量まで量したまま。いずれ徐々に減量予定のはずが、いっこうに減らせず…( ノД`)シクシク…

★フォリアミン錠 5㎎×1錠(週1回朝)※毎週土曜
 メトトレキサート服用による副作用を抑制するために葉酸を補う

★ボノテオ錠 50㎎×1錠(月1回起床時)※毎月1日
 これも骨粗しょう症治療剤

★ロキソプロフェンNaテープ 100mg

☆カロナール錠200 200㎎×3錠(疼痛時)
 これは私の持病である頭痛のために、現在服用しているマクサルトRPD錠10㎎と、ロキソプロフェン錠60㎎アルジオキサ錠100㎎のうち、胃への負担が大きいロキソプロフェン錠60㎎が併用禁止となってしまったため、代替薬として胃への負担が少ない本剤が処方。


「そろそろインフルエンザが流行り出す時期になりますので、予防接種をお薦めします。肺炎になると大変な事になりますからね」

と言われたのですが、これまでインフルエンザは1回罹ったのと、今春の疑惑1回だけで、予防接種なんて受けた事ないんですよね。
片頭痛の薬をもらいにいくついでに、かかりつけ医で受けてくるか…。



この後、A総合病院リハビリ最終…じゃなかったの?へ(謎笑、後述)

いつもどおり、両肩を温めてから、可動域を確認して、肩や腕のマッサージ。
そういえば、旅行の全身的な疲労感は残っているものの、手首の痛みやらこわばりは、むしろ和らいだ気がします。

やっぱり旅行中はPC作業や楽器演奏、家事一切合切をやってない分、ずいぶん違うみたい。

また日常生活に戻ってしばらくして痛みがぶりかえしたら、間違いなくそういう事なのでしょうね。

マッサージ後は、すっかりお決まりとなった伸びるゴムを両手で持って後から斜め前、横から外&内側へこぶし1個分くらい引っ張る筋トレを20回ずつ行っておしまい。

外&内側は大して負荷を感じないんだけど、後ろから斜め前への動きは10回もやらないうちにかなりキツくなってきます。

と言ったら

「痛みで動かせなかった時期に筋力が衰えてしまったので、インナーマッスルを鍛える必要があります。自宅では、500ml入りのペットボトルを持って前後に振るトレーニングをやるといいですよ」

との事。

肩は痛みを感じる事もなくなったし、日常動作はほぼ問題なくなったから、自宅リハビリのモチベーションが下がっちゃって…いかんですね。

でも、今日でリハビリは終了だから自分でやらなくちゃね…と思ってたら、次回のリハビリ予約の話が出たので「あれ?」

今日で最終じゃ…???)と首をかしげかけたのだけど、どうせA総合病院の整形外科の診察も残ってるし、一緒の日にすればいっか、と思ってとりあえず予約。

実は10月の個人的スケジュールが過密で、A総合病院の整形外科の予約を、さっき予約したB総合病院の検査&診察日へずらしたばかりだったので、1か月以上空いてしまうんだけど。

「診察日に合わせて予約しておきますが、今月中旬に時間が作れたら予約変更してください」

んーーーー無理。
という言葉は心の中に閉じ込めて、そろそろA総合病院の通院も1年近くなるし、キリをつけたいなぁ~と思ったりしたのでした。

膠原病治療:整形外科の診察11回&リハビリ21回め2017年09月05日

腱鞘炎→膠原病覚書32回め。
シェーグレン症候群の薬物療法とリハビリ治療を並行継続中です。

前晩の女子会でガッツリ粉もの系を食べてきたせいで、若干胃もたれしてて重かったので、朝ご飯は軽く。

お昼はお腹が空いたから、炭水化物摂りました。


今日はA総合病院だけ、でも月1の整形外科の診察と、だいたい月2くらいで通っているリハビリの両方です。

そういえば整形外科の先生(主治医出張?中の代務)に「一度、手のレントゲンを撮りましょうか」と言われいた気がしますが、その後音沙汰がなかったので、もうないものと思っていたら、今日は予約受付済ませて、整形外科の受付へ予約票を渡すや否や、受付係の方に「レントゲンがありますので、放射線科で撮影してから再度お越しください」と指示されました。

あ、撮るんだ。

医師の指示では酷い方の右手だけだったようですけど、左も一応痛いと申告したところ、両方撮影しましたよ。

で、この日は(いつから復帰してるのかわからないけれど)出張から戻った方の主治医の診察がかなり遅れていたため、1時間待ちの末ようやく診察。

「レントゲンの結果、骨に異常はなさそうです。その後、痛みの状態はどうですか?」

と訊ねられましたので、ありのまま

「肩はほぼ治ってきましたが、逆に手首と手のこわばりが戻って来た感じです…」

と答え。

「B総合病院の状況と薬の服用量はどうですか?」

という質問には

「ステロイドは順調に減らして、先週から10㎎になりました。
メトレートは8錠のままです。
手首と手のこわばりについては、血液検査の数値が安定しているため、ステロイドを減らす事を優先させる”と言われただけで、それ以上の対処法はなしです」

と、やっぱり言われたとおりに答えたところ、手首を触診目視して、

「んん~そこまで腫れが酷いという状態ではなさそうですが…まぁ、筋肉や腱の痛みは、血液検査にそのまま出ないので、何とも言えませんね」

え?でもCRPとかCKって炎症反応が、それらの痛みの指標になるんじゃないの!?

何だかよくわからなくなりますた……。

結局この痛みはシェ―グレン症候群なの?、腱鞘炎なの?
どっちに起因しているのか?という当初からの問題は、相変わらずグレイゾーンのままって事なのでしょうか……。

痛みが酷ければ、ステロイド注射というお話も出ましたが、過去注射してもらってそこまで効果を感じた記憶がないので、今日はお断り。

それでも薬物療法とリハビリ治療を続けて、肩はほとんど復調したので、もう整形外科には通わなくてもいいのかな?と思ったのに、原因がグレイゾーンだからなのか、また一か月後に診察を受ける事になりますた。

てか、最初に飛び込んだ大学病院から、手の外科を両方診てもらえるからって事でこのA総合病院を紹介してもらったのですけど、結局は肩の先生だけの診察を受けていて…
当初酷かった肩が快復したなら、今後は手の外科に転科?してくれてもいいんだけど、そこは肩の先生がずっと診察するの???

んんんーーー、謎です。

シェ―グレン症候群の診断がB総合病院で下った直後の、A総合病院の診察で「整形外科としての診察は終了」って言われた時、素直に止めてればよかったのか~???


悶々としながら、リハビリへ……。

今日はたまたまおニューの、肩がパックリ開いてるシャツを着ていたため、リハビリの先生が「今日は肩が出てるので、低周波治療器を当てましょう」と仰って、首をウォーミングしながら何分?かピリピリ、トントン肩に感じながら、じーっと過ごし。

その間に、整形外科の先生と、リハビリの先生が診察結果を受けての打ち合わせを行った結果、リハビリは今月いっぱいで終了となりました。

リハビリやらないなら、診察を受ける必要もない気がするんだが。


悶々更に増す。。。。。。。。


と、内心の葛藤を抱きつつも、いつもどおり肩の可動域を確認
今日はベッドに寝た状態で腕と肩のマッサージをやって頂きました。

マッサージ後は何回もやってる立位で伸びるゴムを両手で持って後から斜め前、横から外&内側へこぶし1個分くらい引っ張る筋トレを20回ずつ行っておしまい。

最後に肩の可動域を計測し、今日は両手の握力を測定しました。

何を隠そうワタクシ、高校時代に陸上部の先生から「砲丸投げやらないか!?」と誘われたくらい、握力が強かったのです(笑)
左右40kgだったから、女子の平均は大きく上回っていると思います。

あれからン十年経ったし、手にこわばりがあるとはいえ、今年シェ―グレン症候群の診断を受けるために受診したB総合病院神経内科で握力測定を行った時も、確か20kgくらいあった気がするんですけど…数値の覚書がなくて、うろ覚え。

で、今回の結果に愕然…Σ(゚д゚lll)ガーン

右:5kg、左:10kg

でした……えええええ~~!?

何か、力を込めてるつもりでも、手がこわばってて力が入ってるのかどうかよくわからないんですよ。入れようとすると手首にピキッっと痛みが来るので、そのギリギリラインを見計らってやめたら、こうなった(つд⊂)

これで何も処置せず、時が経過して治るのを待ってればよいのでしょうか私……???
それとも、これ以上治らなくて、ずっとこのまま?
もしくは、酷くなる可能性もあるの????

ホントに謎だらけで、悶々です……。

今月は来週から国外逃亡期間に突入するため、残り1回のリハビリとなりました。

ううう……別の病院(整形外科)の診察を受けるべき?

膠原病治療:治療経過12回め2017年08月29日

腱鞘炎→膠原病覚書31回め。
シェーグレン症候群の薬物療法とリハビリ治療を並行継続中です。

今日も暑くなりそうな予感…
何となく疲れを引きずってて、いつもより若干寝坊で起床し、朝ごぱん。

・キウイ、巨峰
 with レジェロ・オン・アイスカフェオレ(Nespresso)
果物と甘いパンで気分UPした後、身支度を整えたのですけど、今日はちょっと肩の可動域やらを日常動作で確認してみようと思って、敢えて後ろボタンのトップスを選んで着てみました。

肩の症状がかなり改善されたから、これまでずっと着られなかった背中ファスナーのワンピースや、後ろボタンのお洋服も着られるかな???

っと期待していざ着てみたら…

上だけ着るのに10分くらいかかったわ!(;´Д`)

一番真ん中のボタンがなかなか…手がこわばってるし、だいぶ後ろ手に回せるようになったとはいえ、肩もちょうど上がりにくくなる位置で、三面鏡を使って位置を確認しながら頑張っても、すんなりとは閉められず。
背中へ回した手を上げたままキープできる時間も短くて、痛くなるから時折おろして休憩しながら、ようやっとという感じでした┐(´д`)┌ヤレヤレ

まだまだだな……肩の動きについては、ステロイド減量の影響を大きく受けず後退してないと思うんだけど……若干不安。。。。。

服着るのだけで疲れちゃって(;^ω^)、出かけるまで午前中はだーらだらーーーー。。。

お昼はレトルトで簡単に。

・ビーフハヤシ(新宿中村屋)に卵白2倍オムレツのせ ライス

朝ごぱんの炙りブリュレトーストで卵黄だけ使ったため、余った卵白に卵1個足して卵白2倍オムレツにしたのですが、味も見た目も違和感なし。

この後、炎天下の中を自転車、電車、バス乗り継いでB総合病院へ行きました。

行くだけで思いっきり体力消耗する感じ……げっそり(ヽ''ω`)

で、血液検査から診察まで毎回1時間くらい待たないとならないため、何となく、ふら~っと病院内のクリエを覗いてみたら…

お盆期間限定だった超エクストラミントチョコ4日間限定(本日最終日)で再販されているではないですか!

お昼食べたばかり&移動で疲れてお腹は空いてなかったのだけど、うっかり注文しちゃったし!(;^ω^)
前回飲んだソルベージュ®エクストラミントチョコと比較したミント感は、確かにこちらの方が上でした。
前回よりクリームがしっかり綺麗に乗ってるせいか、シャビ感もなく、チョコチップのザラザラ感も、ミントの爽快感の陰に潜んでくれて、私にはこれでちょうどいいバランスでした。

その後の診察では、血液検査の値(主に炎症反応)も安定しており、副作用的な数値も所見なしとの事で、順調にまたまたステロイド減量メトレート現状維持通院頻度は同じく四週間後との診断でした(*´▽`*)

何か疲れてボーっとしてたせいもあり、主治医からもあんまり質問されなかったから、サクッと診察終わりすぎて現状報告も詳細に出来ないままだったのですが。

多分残業疲れもあると思うのだけどそこは敢えて伏せておいて(苦笑)、最近全身倦怠感というか全身筋肉痛みたいな重だるさが続いていたので、それをちょっと報告したのと、相変わらず手のこわばりと、手首が痛い旨を訴えたところ、

「ステロイドの減量に伴って、元々の症状のぶり返しが起こってくるとは思います。ただ、血液検査の値は安定しているので、ステロイドの減量を優先しましょう」

との事。

ステロイド服用からおよそ半年、どの程度内臓へ負担が起きているのか、自覚症状がないため、当初から今現在に至るまでより自覚症状の強い筋肉の痛みの方を何とかしたいのに、なかなかすんなり治ってくれないのが(´;ω;`)ウッ…もどかしいです。

特に新たな対処法もなく、お薬もステロイドの減量以外は現状維持。


★プレドニゾロン 5㎎×2.5→2錠(毎朝)※水曜から減量
 30→45㎎で増量してから徐々に5㎎ずつ量し、今回10㎎まで減りました。前々回から0.5㎎単位、4週間ごとの減量です。

★エディロールカプセル 0.75μg×1カプセル(毎朝)
 ステロイド服用により骨粗しょう症になりやすくなるため、骨粗しょう症治療剤

★タケキャブ錠 10㎎×1錠(毎朝)
 胃薬。劇薬服用によって胃潰瘍にならないための対策

★ダイフェン配合錠 0.5錠(毎朝)
 菌による炎症、化膿、感染症を防ぐ

メトトレキサート(メトレート)錠 2㎎×4&4錠(週1回朝夕)※現状維持
 抗リウマチ薬。限度量まで量したまま。いずれ徐々に減量予定ですが、いっこうに減らせず…( ノД`)シクシク…

★フォリアミン錠 5㎎×1錠(週1回朝)※毎週土曜
 メトトレキサート服用による副作用を抑制するために葉酸を補う

★ボノテオ錠 50㎎×1錠(月1回起床時)※毎月1日
 これも骨粗しょう症治療剤

★ロキソプロフェンNaテープ 100mg


A総合病院・整形外科のリハビリでは「装具をつけて見て状態はどうですか?」と訊かれましたが、B総合病院・膠原病内科では専門外のせい?か、血液検査の数値が最優先ぽい診断で、動かせるレベルの痛みはスルー…???

いつ頃、完全にステロイドとおさらばできるのかよくわかりませんけれども、ステロイドがなくなった時に自分の身体がどうなるのか、期待値が下がってきました……。
もう完全には、以前のような状態に戻らないのかな…くすん。

喜んでよいやら何やら、複雑な気持ちで病院を後にし、今日は夜にチェロレッスンがありますので、それまでの空き時間を消費すべく、デパートをウィンドウショッピング。

でもすぐ疲れて、1、2フロア見るごとに、椅子へ座って休憩していました(-_-;)
体力ないなぁ……。昔は一日中、百貨店をはしごしてウィンドウショッピングしても平気だったのに。
歳のせいなのか、病気のせいなのか……。。。。

で、とうとう時間を持て余し、レッスン前に晩御飯済ませちゃう事にしました。

ゲートタワーモールのレストラン街では悉く失敗続きでしたので、今回は口コミとかちゃんと確認して、各階のカフェを利用してみました。

梨花さんがプロデュースされているという、服飾雑貨店に併設のカフェです。


・本日のグルグル ワンプレート 1,500円
選べるメインは完熟トマトのマッシュルームグラタンにして、雑穀ご飯かぼちゃとココナッツのサラダ厚揚げのゴーヤチャンプルードライトマトと茄子のラタトゥイユ風枝豆やオクラや海老やブロッコリーの冷菜グリーンリーフサラダ。※デリの料理名は食べた感じでテキトーです(笑)

全体的に優しい味つけで、彩りやバランスもよく、値段相応。
店内は落ち着いているし、ランチだとセットドリンクが割安で追加できる以外、メイン料理の値段がディナーでも変わらないので、利用しやすいですね。

ここはリピ決定!
レッスン前だったから今日は自粛しましたが、アルコールメニューもあり。
スムージー↓も美味しそうだったので、今度注文してみたいです。

膠原病治療:リハビリ20回め2017年08月24日

腱鞘炎→膠原病覚書30回め。
シェーグレン症候群の薬物療法とリハビリ治療を並行継続中です。
過去29回の覚書も含めて、カテゴリー<身体メンテ>にまとめました。

今日は年1回、菩提寺で行われるお施餓鬼に合わせて有給を取ったので、ついでにリハビリ通院もぶっこみました。

あんまり食欲なかったけれど、お薬MAXディだから、ヨーグルトくらい食べておく。

お寺で先着順にお経あげてもらうだけだから、時間ギリギリでいいや、と思ってしばらくダラダラ過ごしてから、愛車でぴゅっと出向いて、30~40分くらいで帰ってきたのだけど、今日は猛暑!!

エアコンのない本堂で待つだけでも体力消耗して、どっと疲れました…(;´Д`)

冷たい物が食べたくて、お昼ごはんはちゃちゃっと麺。


病院へ出かける前にアプリで天気予報確認したら、現在の最高気温38℃ですって!!(;゚Д゚)

朝のラジオニュースでは35℃と言ってたのに、こりゃ暑いはずだ!!

熱中症対策でほうじ茶も持参して…チャリ漕いで最寄り駅に着いたらすでに疲。

電車、バスを乗り継いてA総合病院へ辿り着いた頃には汗だく(;´Д`)だし、かなり体力を消耗しておりました……。


さて、前回先生に手首の痛み緩和策として装具を着けるよう指示を受け、今回通院時にも装具を着けてくるよう言われていたので、暑いけどサムガード両肘と右手に装着した状態で「これ、前回から二週間着けてました」と見せました。

痛みが緩和されたかどうか訊ねられましたので正直に

「着けていれば重い荷物を持ち上げたりする動作での負担は減るので、多少緩和されているような気はしますが、外して使っていれば、右手首はやっぱり熱を帯びて痛くなってくるし、相変わらず両手のこわばりはどうにもならないです」

と答えました。

手首も痛いけれど、手は、特に指全体で根元の関節から反った状態にして力がかかった時に激痛が走ります。
だから、手をついて起きあがったりする動作は、手首や肩の痛みが軽減されたので出来るようになったけれども、その負荷が指にかかった途端、アウト。

そこは普段気をつけているので、痛い状態になる事が滅多にないだけで、意識的に反らせて力を入れて見れば、痛くて全然動かせない状態は変わりません。

とはいえ、肩も手首も完治状態ではないため、今日も引き続き両肩のウォーミングから、肩の可動域を確認
座ったまま肩甲骨のマッサージをやって頂きました。

前々回、臨時の先生からレクチャー頂いたストレッチは結構真面目に続けているので、肩甲骨の歪みもすぐに解れるぽい?

その後、寝ころんで可動域を確認しながら肩から腕全体のマッサージをして頂いた後、肩の可動域を確認したら、楽に動きました。

マッサージ後は何回もやってる立位で伸びるゴムを両手で持って後から斜め前、横から外&内側へこぶし1個分くらい引っ張る筋トレを20回ずつ行っておしまい。

肩はもうずいぶん良くなってると思うので、指を何とかしたいのだけど、新しいストレッチとかには移行しないみたい…。

いつまで続けたら、どのくらい治るのか、先が見えないなぁ…と思いながらぼんやり帰りのバスに乗っていたら、ふいに乗客から「あああ…っ!」という悲鳴が上がってびっくり(;゚Д゚)

視線の先を、交差点で直進停車中のバス車窓から眺めたら、今まさにリアルタイムで事故現場でした…。悲鳴を上げた方は瞬間を目撃なさったのね。
左折しようとしたワンボックスカーが横断中の自転車を巻き込んだみたいで、自転車が車の下敷きになっちゃってましたよ…Σ(゚д゚lll)

自転車に乗ってた方は倒れてるものの、自力で動いてて大怪我じゃなさそうだったけれど…
この暑さで注意力が散漫になってたのかな?死傷事故じゃなさそうでホッとしました…(;´Д`)

そんなこんなで変な汗かいてバスを降り、そのまま電車へ乗り継いで帰るにはまだ日も高くて辛かったので、アイス休憩とりました。

GLACIEL
北海道物産展でお馴染みのルタオの姉妹店だそうです。

ショウケースを眺めていたら、お姉さんがシャインマスカットのジェラートの試食をくれました♪
皮まで使っているとの事で、潰したり撹拌しちゃうと存在感が薄れるマスカットの味が結構しっかり、しかも爽やかに感じられたので、1フレイバーはこれで決まり!

もう1種類食べたいな~と思って、悩んで決めました。

・クリームチーズ&苺ルバーブ、シャインマスカット
はぁ~身体がスーッとクールダウンされてゆく~~。

頭もスッキリしてきたので、食べ終わったらハンズメッセを覗いて、無駄遣いにならない食品だけを購入してきました。

で、買ってきたレトルト食品で早速晩御飯。
新宿中村屋のレトルトシリーズで一番好きなベジタブルインドカリー、久々に買いました。値引クーポンがあったので、これ1箱は実質タダですよ♪

カレーに乗っかってるパンダは……目玉焼きをクマ形で焼こうとして、失敗して黄身を潰しちゃったので、クマじゃなくパンダにしました(笑)

膠原病治療:治療経過11回めと整形外科の診察10回&リハビリ19回め2017年08月01日

腱鞘炎→膠原病覚書29回め。
シェーグレン症候群の薬物療法とリハビリ治療を並行継続中です。
過去28回の覚書は、だいぶ多くなってきたため、カテゴリー<身体メンテ>にまとめました。

今朝は月1回服用の面倒なお薬、

★ボノテオ錠 50㎎×1錠(月1回起床時)※毎月1日 
 骨粗しょう症治療剤

があったので、通常モードで起床して用法要領どおりに服用し、身支度を整えてから朝ごぱん頂きました。

・もちもちお米パン(ポンパドゥル)トースト
・色々お野菜サラダ
 with インテンソ・オン・アイス(Nespresso)

はしご通院後、ばよりんレッスンもあるから、ちょぴっと自習して…

ランチは優雅にスペシャルガレット♪

夏野菜の冷製ダルダル鶏ささみキーマカレーリメイク 蕎麦粉のガレット
・トマト&赤ワインスープ(らでぃっしゅぼーや)

気合いを入れて…一番熱い昼日中の炎天下、自転車で最寄り駅まで移動したら汗だく(;´Д`)
通院も、夏場は結構、命がけですよ…

なので乗換時間などなるべく余裕を持って移動を心がけ…まずはB総合病院へ。

血液検査を済ませてから、結果&診察待ちの時間に病院内のクリエでお茶しちゃいました。コレ↓気になっていたので飲んでみたかったんですよ。

・ソルベージュ®エクストラミントチョコ
普通のミントチョコよりミントの爽快感UPしてるそうですが…そこまでスース―じゃないし、思ったよりシャビシャビだった…チョコレートチップはザラザラして苦手なので、ない方が私的にはありがたく。
しばらく置いて下に溜まるのを待ってから飲んだ食感が一番良かったです(;^ω^)
お盆期間には超versionも販売されるらしいですよ。

こうしてお茶しながら火照った身体をクールダウンして、来月の国外逃亡の街歩きルートを、観光局より入手した可愛い地図で確認しながら検討。

今度はどこへ行くのでしょう???この画像じゃわからないですよねぇ。

今年は病気の事もあってちょっと余計な準備やら心構えが必要ですが、それでも往く!!と決め、比較的治安の良い国を選びました。
少しずつ旅の手配を進めています♪愉しみ♪


さて、最近安定してきたので検査結果もさして気にならなくなり…そのせいか今日は数値について特にお話もなく問題なしという事で、


順調にまたまたステロイド減量メトレート現状維持通院頻度は同じく四週間後です(*´▽`*)

前回問診時は「夏バテ」「気圧頭痛」がかなりひどかったので現状確認されましたが、このブログのご飯記録をご覧いただければ一目瞭然、最近はしっかり食べてますから大丈夫!
体重も増えたのがちょっと減ったくらいで、むしろちょうどいいくらい(笑)

私的に一番問題なのは前回問診時にも伝えた通り、肩がかなり良くなった分、手首の痛みと手のこわばりが気になる」という点で、それについては再度伝えましたら、手首の状態を触診してから


「腫れはなさそうですね。となると筋肉より腱かな。痛みのぶりかえしはステロイドの減量による影響があると思いますが、血液検査の数値は安定していますし、早めに減量しないと他の臓器へ負荷がかかるお薬ですので…
サポーターなどで負担がかからないようにしたり、日常生活でもなるべく無理に使わないよう気をつけて下さい」

との事で、今回はB総合病院から湿布を処方してもらえました。

私的にはやっぱり、ステロイドと比較した時のメトレートの効果はあんまり実感がないのですが、そんな事もあってまたしてもメトレートは減量できませんでしたよ…しょぼーん(´;ω;`)



★プレドニゾロン 5㎎×3→2.5錠(毎朝)※水曜から減量
 30→45㎎で増量してから徐々に5㎎ずつ量し、今回12.5㎎まで減りました。前回から0.5㎎単位、1か月くらいの期間での減量計画です。

★エディロールカプセル 0.75μg×1カプセル(毎朝)
 ステロイド服用により骨粗しょう症になりやすくなるため、骨粗しょう症治療剤

★タケキャブ錠 10㎎×1錠(毎朝)
 胃薬。劇薬服用によって胃潰瘍にならないための対策

★ダイフェン配合錠 0.5錠(毎朝)
 菌による炎症、化膿、感染症を防ぐ

メトトレキサート(メトレート)錠 2㎎×4&4錠(週1回朝夕)※現状維持
 抗リウマチ薬。限度量まで量したまま。いずれ徐々に減量予定ですが、まだ減らせない…( ノД`)シクシク…

★フォリアミン錠 5㎎×1錠(週1回朝)※毎週土曜
 メトトレキサート服用による副作用を抑制するために葉酸を補う

★ボノテオ錠 50㎎×1錠(月1回起床時)※毎月1日
 これも骨粗しょう症治療剤

★ロキソプロフェンNaテープ 100mg



そんなこんなで、前回より快復してるかと問われれば、自分の感覚的に、「肩は停滞、手首はやや後退」っていうのが率直な感想なのですけど、治療計画的には問題なしと見做されているようです。

そういえば一時期立派だったムーンフェイスも、私としてはほぼ治まったと思ってたのですが、今日先生から「もうちょっとステロイドが減るとムーンフェイスも治りますからね」って言われますた…(;´・ω・)

元々丸顔だからこの程度は仕様だと思うんだけど…腫れてる?コレ??
これってまだムーンちゃんなの私???(爆)

それとも腫れて綺麗に戻ってないせいなのかなぁ?
ちょいちょい拝見した方々のブログでは、もっと酷いケースが多々見受けられたし、副作用全般的に私はかなり軽い方だと思っていたので…ムーンちゃんとも早々サヨナラ出来ていたと思ってました…。。。。

いや、これ仕様なんだけどー……←顔がでかい。


ま、いいや(いいのか)。



気を取り直して、A総合病院へ移動。

リハビリ治療を受けるために義務付けられた整形外科の診察は、今回もB総合病院での投薬治療計画の進捗状況を報告し、肩の可動域やらを確認し…
前述のとおり手首の痛みと手のこわばりが気になると話したところ、触診して

「確かに右は、わずかに腫れてるかな…次回まで様子を見て…O医師も戻ってきますから一度レントゲン撮りましょうか?」

でおしまい。
肩の痛みが酷かったから手首より時間かかると思っていたのに、使用頻度の問題もあるのか、どうにも手首の痛みが快復しなくてもどかしいです。


診察後のリハビリでも、その旨報告をして、いつもどおり両肩のウォーミングから、肩の可動域を確認
今日は前回臨時の先生にやって頂いたように、まずは座ったまま肩甲骨のマッサージをやって頂きました。

そうそう、その臨時の先生からレクチャー頂いたストレッチ、なるべく毎日1回、帰宅してお風呂に入った後で行うようにしていたのですが、首からのストレッチをやってみて、自分の首がいかにコリコリなのか実感しましたよ。
それにいきなり肩のストレッチから入るより、首をほぐしてからの方が楽に出来たので、いいなコレ!と感じてモチベーションアップにも繋がったし。

というお話も、いつもの理学療法士の先生にお話しつつ…

座位で肩甲骨がほぐされてから肩を動かすと、だいぶ楽に動くようになったので、今度は寝ころんで可動域を確認しながら肩から腕全体のマッサージをして頂きました。

肩は日常生活で痛みを感じる動作がほとんどないので、前述通り経過はちょっと停滞中って感じかな、と思っていたのですけど…
今日は身体的コンディション?の問題もあるのか、若干右肩の状態が後退してると指摘を受けました( ´゚д゚`)エー

こう、バンザーイ\(-o-)/ってこの←絵文字みたいな角度で肩を上げると、右肩はコリッて感じたところで同時に痛みがあるんですけど、左肩はコリコリいっても痛くはないんですよね。
痛みや突っ張りを感じるところをマッサージで解して頂きながら、可動域を広げていったら、途中で先生が

「あれ?ありこさん、ひょっとして冷え性ですか???」

と仰いました。

ええ、めっちゃ末端冷え性ですとも!!!
でも、生姜とか身体を温める食品、調理法にも気を遣ってるのに。
なぜわかった!?

「ここ(腕の付け根、脇の背中側あたり)がすごく冷たいんですよ。末端もですが、血流が悪いと冷たくなるので、冷え性の人は大抵そうです」

ですって。
リンパが集中してる大事なところなので冷え性対策は注意を払いたいと思いますが、食事や環境の問題だけではなく、運動が必要との事。
運動…ストレッチをもっとやるって事か?
ヴァイオリン演奏ではかなり右腕を使ってるんだけどなぁ。

年齢的に(;´・ω・)、腕やデコルテ丸出しの服は発表会の衣装を除いてほとんど着なくなりましたが、この夏は冷房対策に配慮した服装なども工夫してみようと思います。
あ、ちなみに出勤スタイル=勤務スタイルは、パンツに長袖ワイシャツといういでたちなので、肌の露出はかなり少なめです!

マッサージ後は座位で伸びるゴムを両手で持ってテーブルへ肘をつき、外側へこぶし1個分くらい引っ張る筋トレを20回行っておしまい。

最後に手首の痛みの対策として、やはりB総合病院でも言われたように、装具で固定するように指示されたのと、次回使用している装具を見せてほしいと言われました。

えーーー、サムガード復活か~~(つд⊂)エーン
暑い季節は蒸れるから、嫌なんだよね~~(つд⊂)エーン
でも、これ以上ひどくなっても困るので、、、、大人しく言う事を訊くしかないのか…ちぇっ。

膠原病治療:リハビリ18回め2017年07月18日

腱鞘炎→膠原病覚書28回め。
シェーグレン症候群の薬物療法とリハビリ治療を並行継続中です。
過去27回の覚書はコチラ↓から参照くださいませ。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

今日はB総合病院の検査や診察がないので、午前中に保健所へ行って、特定疾患の助成金更新手続きをしてきました。
初回手続きがウダウダだった(※【雑記】膠原病の特定医療費(指定難病)支給認定参照)事を思えば、今回は担当者が居たせい?なのか、更新月間だからか、比較的スムーズに話が進みましたよ。

今回は同じ建物の下階で住民票をもらう時からして、窓口の方に「このまま上(保健所)へ行かれますか?」と訊かれたくらいですし、実際そのまま上階の保健所へ行ったら、いくつかある打ち合わせ席の机すべてに予め月額自己負担額の一覧表が置かれていたくらい、受付体勢万端でした(笑)

で、保健所の窓口へ更新手続きの旨を申し出たら、今回は担当?の方が書類を確認した後、

「保険適用前の医療費が33,330円を超える月が3か月ありましたので、重症度分類に該当しない場合も軽症者特例に該当すると思います」

との事。

え…だったら医療費申告書というのが要るので出直しか!?(;´Д`)と思ったけれど、調べたら自己負担上限額管理票で確認出来ればOKらしいですね。

で、自己負担上限額管理票のコピーを取られました。おしまい。

当初よりかなり症状が落ち着いてるから、ひょっとすると更新手続きしても不認定になるかな?と思ったのですが、この特例でおそらく更新も認定されるのではと思います。。。。

スムーズに手続きが終わり、車で移動してサクッと帰宅したので、そんなに疲れるほどの事ではなかったはずなのに…何か身体がだるくてこの後しばらく寝落ち(-_-;)


動きたがらない身体に鞭打って、何とかレンチン系のお昼ごはんを食べ、暑い盛りにA総合病院へ向かったのでした。
真夏に真昼の通院って、ホント辛い……。


さてA総合病院のリハビリ、今日は月1?くらいでいらっしゃるという院外の先生?が診て下さるという事で、いつもとは少し違うスタイルでのリハビリでした。

両肩のウォーミングはいつもどおり、肩の可動域を確認し、両肩のマッサージをやって頂いたのですが、いつもは寝台へ寝ころぶところ、今日は椅子に座った状態でやって頂きました。

本人的には昨年の今頃を思えば、かなり肩の筋肉は解れてきたと思うし、横でいつもの先生も「これでもだいぶ柔らかくなったほうです」とフォロー?してたくらいなのですが、
本日の先生いわくまだ「硬い」との事で、

頚肩腕症候群っぽい感じもあるなぁ…肩から首まで全部硬い」

と呟いていらっしゃいました。

あ、それ、片頭痛というより緊張型頭痛がかなりひどかった時期に私も疑いましたが、2、3週間くらいで治まったので、結局それもシェーグレン症候群の症状のひとつだったのかな?くらいで終わってましたが、肩が直りかけてると思ってた今になって言われるとは。

手首の炎症や手のこわばりが中々直らないところを併せて考えると、元々腱鞘炎やら筋肉の痛みが溜まっていたところに、シェーグレン症候群の症状が重なってるって事なのかな…いつもの理学療法士の先生にも、それは指摘されていたし。

今日の先生には座った状態の肩甲骨マッサージをかなり入念にやって頂き、肩甲骨まわりの筋肉が柔らかく解れたところで寝台へ寝て、肩から腕のマッサージをやって頂きました。
いつもの先生と似たような動作だけれど、クッションの当て方や角度が違ったり、指圧も…「大丈夫ですか?」と都度訊ねて下さったから痛くはないけれど、結構がっつり。

「これでかなり解れたと思いますので、どこまで腕が上がりますか?」

と寝ころんだまま斜め方向へ腕を上げてみて…サクッと上がりそうだったので結構思いっきり上げたら、上がりきる手前で激痛!!

「イテテテテッ!!い…行けると思ったけど、この辺りでムリでした…(;´Д`)

真横に上げるのは普通(健常な)人でも難しいらしいので、ちょっと斜め方向に上げきれたらOKなのですが、真っすぐと比較すると斜め方向はまだまだ、きちんと上げられません。

この後は、いつもの先生とやっている伸びるゴムを使って肘から下の腕をこぶし一つ分ほど内外へ引っ張る筋トレと、後方から前方へ引っ張る筋トレを、今日は寝ころんだ状態で20回ずつ、片方の端を先生が持って下さって内側と下側へ引っ張り外側へ引っ張るのは自分で両手で持って同時に引っ張りました。

(立ってやってる時より、何か負荷が……)

と思ったら、今日の先生が

「この方が肩や腕以外の筋肉を使わずに動かすので、キツイと思います」

と仰っていました。

最後に、自宅で行えるストレッチをレクチャーして頂きました。

「首から解した方がいいと思います」

との事で、

・額へ片手の中指を添えて、軽くおじぎして戻す×3回
・左(右)のこめかみへ左(右)の中指を添えて、軽く横へ倒して戻す×3回
・後頭部の首の付け根へ中指を添えて、軽く後方へ倒して戻す×3回

・座った状態で、両肩のリフトアップ&ダウン×3回

・座った状態で、両手を内側に組んで深呼吸してから、吐きながら上体を前へ倒して戻す×3回

・座った状態で、両手を後ろ手で内側に組んで深呼吸してから、吐きながら腕を上へ持ち上げて戻す×3回

というストレッチを先生と一緒に行い、おしまい。

元々頭痛持ちで、多分万年肩こりなのですが、最近は肩といっても腕に近い方の肩の痛みやら、手首や手指の痛みが気になっていて、肩こりの事は隅に追いやられていました(笑)

いやはや首すごい。ストレッチする傍からコリコリゆってましたわ~。こりゃ、頭も痛くなるわな。

病院に着く前から何となく頭が痛くなってきて、カロナールを服用したのですけど、リハビリが終わったら完全に片頭痛へシフトチェンジしそうな…前兆の生あくびが出てきたので、マクサルト飲みました。

次回はB総合病院とのはしご通院ですので、体力を温存しなければ。

今日もこの後、はしごレッスンだし、逆上せた身体をクールダウンさせたくて、バスで病院から名古屋駅まで移動した後、降車してすぐ目についた催事出店のジェラート屋さんで、アイス休憩。


・3フレーバー カップ 550円
ほうじ茶赤桃レッドピーチパッションフルーツ
ステロイド知覚過敏でも、スプーンで小さく掬って、舌で溶かして食べれば大丈夫♪
身体がスーッと冷えて美味しかったです。。。。晩御飯かなコレ???

膠原病治療:治療経過10回めと整形外科の診察9回&リハビリ17回め2017年07月04日

腱鞘炎→膠原病覚書27回め。
シェーグレン症候群の薬物療法とリハビリ治療を並行継続中です。
過去26回の覚書はコチラ↓から参照くださいませ。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

通院有給、台風3号接近中という気圧的な負荷と、ライブ発表会以降どうにも引きずっている疲れ夏バテのせいで、相変わらずダルダル起床。

……でも毎朝のお薬があるから、ちょっと寝坊して牛乳だけ飲んで服用。


お腹は空くのだけど、料理意欲も食欲もイマイチな感じ。
だけど宅配野菜やら、頂きもののお野菜がけっこう沢山あって、萎れさせるのは忍びないため、頑張ってお昼ごはんだけは作って食べました。


キンキンに冷やしたつもりはなかったけれど、ステロイド知覚過敏の歯に沁みて染みて……(つд⊂)エーン
これからの季節、ホント辛いなぁ知覚過敏。


このように体調がイマイチだったので、ちょっと不安だった検査結果ですが…


CPKの値は安定期に入りました?(*´▽`*)
治療前313 → 治療開始後451 → 281 → 341 → 228
 → 179 → 114 → 87 → 前回82 → 前回45 →今回46

よっしゃ!(`・ω・´)b

順調にまたステロイド減量メトレート現状維持通院頻度は同じく四週間後です(*´▽`*)

★プレドニゾロン 5㎎×3.5→3錠(毎朝)※水曜から減量
 30→45㎎で増量してから徐々に5㎎ずつ量し、今回15㎎まで減りました。前回から0.5㎎単位、1か月くらいの期間での減量計画です。

★エディロールカプセル 0.75μg×1カプセル(毎朝)
 ステロイド服用により骨粗しょう症になりやすくなるため、骨粗しょう症治療剤

★タケキャブ錠 10㎎×1錠(毎朝)
 胃薬。劇薬服用によって胃潰瘍にならないための対策

★ダイフェン配合錠 0.5錠(毎朝)
 菌による炎症、化膿、感染症を防ぐ

メトトレキサート(メトレート)錠 2㎎×4&4錠(週1回朝夕)※現状維持
 抗リウマチ薬。限度量まで量したまま。いずれ徐々に減量予定ですが、まだ減らせない…( ノД`)シクシク…

★フォリアミン錠 5㎎×1錠(週1回朝)※毎週土曜
 メトトレキサート服用による副作用を抑制するために葉酸を補う

★ボノテオ錠 50㎎×1錠(月1回起床時)※毎月1日
 これも骨粗しょう症治療剤


問診時に「夏バテ」「気圧頭痛」あと「手首の痛みの方が肩より気になる」という点を伝えたところ、

「あまりにも夏バテ状態がひどく、ご飯を食べられない日が続いたら、その週はメトレートを飲まなくてもいいです。服用すると脱水症状が起こりやすくなるので」

との事。
ステロイドと比較した時のメトレートの効果はあんまり実感がないし、効果よりむしろ、メトレートのためにアルコール禁止期間がある事への精神的苦痛が勝る(爆)ので、内心え?飲まなかった週はアルコールフリー?と思っちゃったものですが(;^ω^)

ご飯が食べられなくてもお酒は吞める!とか言ったら、叱られそうなので(-_-;)そっと胸の奥にしまっておきましたとさ。


診察後、前回通院時に依頼しておいた特定疾患の助成金更新手続きのための臨床調査個人票を受け取り、A総合病院へ移動。


リハビリ治療を受けるために義務付けられた整形外科の診察は、今回もB総合病院での投薬治療計画の進捗状況を報告し、肩の可動域やらを確認しましたが…
まだ手首の痛みが治まらず、逆に肩より痛いと話したところ、触診して「んーーー、確かに腱鞘炎で痛くなる部分に痛みが出てるようですが、そうなると手の外科の方で診る事になりますし…レントゲン撮りましょうか?」という流れになって、これからリハビリもはしごレッスンもあるし長引くと面倒だなぁと思っちゃったので、とりあえず今日は「もうちょっと様子を見ます」でおしまいにしました。

肩は完全回復ならずも、日常動作にほぼ支障のないレベルまで恢復しています。
が、手首はほんと辛い。
痛みは昨年のピーク時ほどではないにせよ、処方して頂いたロキソニンテープはほぼ毎日貼っていますし、日常PC作業でマウス操作を続けると、半日と持たずに熱を帯びてきます。
この二週間は、前回リハビリで理学療法士の先生にレクチャー頂いたとおり、保冷剤でのアイシングを続けてきました。

それで多少、軽減されてる気はするけれど、根本的に回復しているかと言われれば…うーん、ちょっと使えばすぐ熱くなって痛いもんなぁ。

診察後のリハビリでは、やはり理学療法士の先生も、今は手首の方が気になると仰いました。

が、肩の完全回復も目指さねばならないため、いつもどおり両肩のウォーミングから、肩の可動域を確認し、両肩のマッサージをやって頂きました。

もう日常動作で痛みを感じる事がないため、どこがどう痛んで完治していないのか普段は無関心で居られますが、マッサージして頂くと、ある角度や位置で痛みやつっぱり感があって、表情もきつくなってきます。

右肩は斜め45度上げた状態をキープするのが、やっぱりキツイ。
左肩はほとんど痛みなく、角度の維持力もそれなりにあるけれど、つっぱり感というか、違和感のある位置は明らかにあります。

マッサージをした後で、もう一度、肩の可動域の確認をしたら、上方向は一層楽に上がるようになったけれど、横から持ち上げる動きでは、ある角度でストッパーがかかったように上がらなくなります。
他人の手で無理矢理引っ張られれば、もうちょっと上がるけれど、上げきらない角度でピシーンッと鈍くしびれるような痛みが突っ走り(笑)


で、今日も伸びるゴムを使って肘から下の腕をこぶし一つ分ほど内外へ引っ張る筋トレと、後方から前方へ引っ張る筋トレを20回ずつ行いました。これは毎度20回終わる頃には、結構きつくてピリピリ来てたのが、今日は楽勝だったかも♪
負荷に耐えうる筋力が戻ってきている事を実感できました。

最後に理学療法士の先生から

「手首の痛みがなかなか治まらないようなら、B総合病院の先生にも相談してみて、こちらA総合病院)の先生に報告頂いて、何か措置を取った方がよいかもしれません。軽作業でも炎症を起こしてしまうレベルのようですし、炎症状態が長く続いていますからね、気になります」

とのお言葉を頂きました。

この一週間強で若干軽減はした気がするけれど、ステロイド減量に伴ってドーピング効果(´;ω;`)が薄れたために痛みがぶりかえしてる?のか、単に使いすぎて腱鞘炎をぶりかえしてる?のか、原因がはっきりしない分、医師側としても対処が難しいようです。

そもそも今回の病名が確定するのですら紆余曲折を経ましたので、治療もまだまだ山あり谷ありって感じなのかも?

わざわざ面倒なはしご通院を続けてきて、肩はぐんぐん良くなっているから、望みは持ちたいと思います…。。。

膠原病治療:リハビリ16回め2017年06月20日

腱鞘炎→膠原病覚書26回め。
シェーグレン症候群の薬物療法とリハビリ治療を並行継続中です。
過去25回の覚書はコチラ↓から参照くださいませ。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

通院有給、今日はリハビリだけなので日中だいぶ余裕があり、色々雑事をこなせそうだったのですが…
気圧のせいなのか、ホルモンバランスの乱れか、朝から身体が重たくて……でも毎朝のお薬があるから、だいぶ寝坊して朝ご飯食べました。

・緑野菜と岩塩のスープ(スープストックトーキョー) 
・さくらんぼ(めぐみファーム)
やる気がないわりにバランス良いメニューなのは、やっぱり常備菜があったからですね。
週末に一週間分の常備菜を作る方、ミイルを見てると結構いらっしゃるけれど、私は……毎週末の日課にするのは無理だなぁ(;´Д`)

確かに便利なんだけれども、手間がね~。


朝ご飯食べたら、ヤル気が出るかと思ったけれど、やっぱりだるだる~~。
で結局、何もせぬままお昼ごはん。

 with ビタークラシックコーヒー(澤井珈琲)
常備菜ならぬ、常備からあげ棒(笑)で、ちゃちゃっと作りました。
切ったり、レンチン、トースターチンして、混ぜるだけ~。
でも、なかなかバランスいいですよね?

食べてから、ようやく身支度を調えて、重い腰を上げ…

今日はヴァイオリンとチェロのはしごレッスンもあるから、最近手首や指の痛みが気になってる事もあって、出がけにロキソニンテープを貼ってからA総合病院へ。

エントランス前に、綺麗な紫陽花の鉢植えがありました。



鬱な通院も、ちょっと癒されます…。

さてリハビリはいつもどおり両肩のウォーミングから、肩の可動域を確認し、両肩のマッサージをやって頂きました。

マッサージでは最近、ほとんど痛みを感じなくなったのですが、左と右で感じる違和感が微妙に違うのは、理学療法士の先生も触って何となくわかるみたい。


「(左肩の)この辺は痛いですか?」

脇の下のリンパ腺とか、腕の付け根のあたりを指圧して訊かれました。
前回も左に固い部分があると言われたけれど、その辺が固いって事なのかな?激痛ではありませんが、何となく指摘されたあたりがピンポイントで痛い感じ。


(右肩の)この角度(45℃くらい?)だと、どうですか?関節か、筋か、どこが痛いですか?」


これも以前のように痛いというほどではないのですが、腕の付け根から二の腕全体、肘関節あたりまでピーンと突っ張ったような感覚があります。

マッサージでじっくり両肩の状態を確認しながらほぐしてもらった後で、肩の可動域や、背中へ腕を回した時どこまで上がるかやってみたら、だいぶ楽に上がるようになりました。

が、両手に貼られたロキソニンテープで先生も気づいたとおり

「肩はだいぶ状態が良くなっていますが、手首の方が痛そうですね」

と、指摘されたので

「楽器を弾いたり、マウスを動かしたり、しばらく使うとすぐ手首に疲れが溜まるみたいで、痛みが出てくるんですよね。それに指の付け根から指全体のこわばりもあって、あまり反れないのが気になります」

と状態を正直に答えたところ

「朝のこわばりが酷いという事はありますか?」

と訊かれ

「いえ、去年の今くらいは朝のこわばりが酷かったけれど、今は朝だからという事はないです。常に微妙にこわばっているというか…とにかく指がほとんど反らせないし、無理に反らせようとすると痛くて出来ないんですよね」

と答えたところ、触ってから先生が

「手首、熱いですね。熱を帯びてるので、炎症を起こしてます。あとでアイシングしましょう」

その後は前回同様、伸びるゴムを使って肘から下の腕をこぶし一つ分ほど内外へ引っ張るストレッチ両手20回ずつ、これに加えて、横から前へ45度くらいの角度へも引っ張るストレッチ両手20回ずつ行いました。

「最後の動きはキツイですか?」

と今回初めてやった方向のストレッチについて訊かれましたが、一番キツイのは依然、外側へ引っ張る時かな。
最初の数回は大丈夫だけれど、中盤から疲れが出てくるし、引っ張る筋力が使いづらいというか、出しづらくなってきます。出来ないわけじゃないし、痛いというほどではないにせよ、抵抗を強く感じ始めるって事は使う筋力がへばって落ちて来るって事ですよね。


手首の炎症が気になったのか、今日の筋トレはここまで。

最後に先生が、デパ地下のお惣菜とか買うとつけてくれる小さな保冷材(笑)で、手首と指の付け根をアイシングして下さいました。

数回、繰り返し手首の内側と側面全体、指の付け根へそのまま、あててもらっただけですが、何となく楽になったかも?

腱鞘炎でまずやられる部分が、手首と、小指の付け根から手首までの側面と、あとは指の付け根なんです。元々、病気以前に腱鞘炎状態ではあったようですので、それがまた表面化してきている感じですね。
その日の痛みはその日のうちにじゃないですが(笑)、みが強くなってきたり、熱を持ってきたりしたら、濡らしたハンカチでもいいので、その場ですぐ冷やした方がいいです。寝る前にも一日使って溜まった炎症を鎮めるために、保冷材でアイシングするようにしましょう。日中はサポーターを使ってもいいですよ」

またサムガード生活に逆戻り~~!?( ノД`)シクシク…
あれを装着すると、動きは楽だけど使わなくなるから、こわばりがまた強くなっちゃう気がして…着けるにしても、リストバンドくらいにしておこうかな。

前回「ヴァイオリンもチェロもガンガン弾いてよし!」と言われて以降、でもそんなにバリバリ弾いてたわけじゃないのですが、本番前にしてこの状態に陥ってしまったので、アイシングだけは必ず実践しようと思います。

肩はどんどん軽く動きやすくなってきたのになぁ~。ちぇ~っ。

次回のリハビリは、月1の診察の後。
発表会も終わって演奏イベントはひと山越えるけれど、課題はいっぱい控えているので、手首&指の状態を窺いながらになりそうです。


というわけで、「今日もこの後、はしごレッスンです…」と言ったら「じゃあ終わったらアイシングですよ」と釘を刺され……

レッスンまで余裕があったし、ポイントカードが溜まっていたので、おやつ兼晩御飯しました。


・スープ2品+パンorライスのセット+300円でドリンク追加

えんどう豆と豆乳のグリーンポタージュ
マルゲリータスープ
石窯パン
無花果チャツネのラッシー
以前タカシマヤにあったお店とネットショップで持ち帰りは配送購入はしてたけれど、店舗でイートインするのは久々。
店舗のメニューを見たら、デザートやドリンクが充実していて、思わずドリンクを追加orderしちゃったvvv
どれもお味は安定して美味しいし、ハズレがないですね。

ちょうどテスト期間中?でしょうか???「勉強等の長時間利用はご遠慮ください」と警告板が立っているにも関わらず、学生さんがあちこちで陣取っていました(;^ω^)てか、名古屋の学生さんって贅沢ね~。
ドリンク1杯だって数百円はするものを、飲み物実質タダの自宅とか、公共の図書館じゃなく、わざわざカフェで勉強するんだ…
その後、普段通り過ぎるだけのカフェも何となく気になって目がいくと…居ますね、勉強してる学生さん。

貧乏田舎学生だった私には考えられない状況でした。