下呂旅行o(^o^)o喰いだおれ湯けむり女旅・2日め後半2019年12月29日

朝ごはん→温泉まんじゅうと食べ続けて、まだ食べます( ´艸`)
だって喰いだおれだから!
昨日売り切れで食べ損ねたパン屋さん…
朝イチなので、出来立てほやほやのカレーパンがありました。
・飛騨牛ごろっとカレーパン(焼きor揚げ)
食べ続けなので、揚げより焼きかな。
もっとサイコロくらいの大きさのやつがごろっと入ってるのかと思ったら、焼き肉スライスくらいのが2枚でした。

んーーー普通。
どちらかというとお肉が得意でない私には、キーマカレーのほうが好み。

で、まだ食べ歩きノルマがあるので、腹ごなしに寺巡り。
★温泉寺
奥のほうにうっすら見える門へ向かって石段を上ります。
つ…ついた~(;´∀`)

実はこちらを訪問する前にも小さなお社を1件お参りしてきたのですが、5か所巡りスタンプラリーというイベントがあって、文字通り指定された5か所の寺社仏閣をめぐってスタンプを集めると、温泉割引券か粗品がもらえたそうです。
最終的にたぶん指定の5か所を訪問したけれど、スタンプは集めませんでした。

サクッとお参りしてもと来た石段を下り、また食べ歩く。
入口にある可愛らしいホーロー鍋の中で、プリンがあったまってました。
昨日のプリンもそうだったけど、温泉地だから温めちゃうのか…冷たい方が美味しいと思うのになぁ。
で、折角ミルクスタンドなので牛乳をいただきました。
左から飛騨桃牛乳いちご牛乳飛騨りんご牛乳(HOT)
私は桃にしました。結構甘くて、牛乳本来の味はよくわからなかったという(;^_^A
上に乗ってるのはビスキュイでした。
向かいのヴィーナスの足湯に浸かって…
また腹ごなしに温泉街を歩き進むと、またプリン。
めっちゃ並んでるし。
とりあえず記念撮影して、どんな商品があるのか覗いておしまい。
歩け~歩け~と、ずんずん歩いて温泉街も端の端まで来たところで神社に到着。
★若宮八幡神社
くぐっとく。
お参りを済ませて、次なるお目当てスポットへ。

角打ち(カクウチ)といって、日本酒好きな私も恥ずかしながらこの言葉を初めて知ったのですが、桝の角に口をつけてお酒を飲む事から転じて、酒屋さんの店頭で枡酒を頂く、とか単純に立ち呑みの意味でつかわれる事もあるようですね。

観光案内書や街中でチラシを見かけていきたいなと思ったので、やってきました角打ち。
4種類呑めて400円。桝ももらえます。
もちろんついてくる桝で呑んでもよいのですが、用意されていた可愛いおちょこでいただきました。
昨日の酒屋さんでも幅を利かせていた天領酒造さんの商品が気になるもの多かったので、一部友人と商品は変えて5種。
最後に頂いた右の天領はこのボトルで5,500円くらいする高価なラインので、やっぱり一番美味しかったけれど、左から2本めの発砲にごり酒が1,400円くらいでリーズナブルな上、甘さがすっきりしててお米の味もして飲みやすかったので、こちらをお買い求めしました。

引き返しがてら、もう1件お参り。
★かえる神社
灯籠にもカエルが。
お手水にももちろんカエル。
観光客向けで、鈴を振ると…というかリピート再生で「あなたは一生お金に困らないでしょう ケロケロ」とか「あなたには幸せがたくさん訪れるでしょう ケロケロ」というアナウンスが聞こえます。
が、私の時はちょうど再生の切れ目だったのか、何も言ってくれなかったわ…くすん。

そんなこんなの下呂旅行、そろそろ帰りの時間が近づいてまいりましたが…電車の乗車時間が長くて、帰宅までに絶対お腹空きそうだったので、遅いお昼ご飯を頂きました。

そろそろ昼営業終わりがけでしたが、ぎりぎり受け付けていただけました。
まずは下呂麦酒で乾杯。
このあたりの名物、鶏ちゃん定食をいただきました。
鶏ちゃんとご飯とお味噌汁くらいのセットかなと思ったら、小鉢のおかずが3つもついてて結構なボリューム!
お味噌で下味がついた鶏肉をジュージュー香ばしく焼いていただくから、間違いなく美味しかったです!

そんなこんなで、もう十分に喰い倒していたのですが…電車待ちの時間に、友人がどうしても気になるというので…
・涼菓 しらさぎ物語
お土産好適品、しらさぎ物語のアイスバージョン。
でもお菓子ほどサクサク感がなくて…普通に皮が噛み切りにくい最中アイスでした…残念。
美濃焼のお店で素敵なアクセサリーや器なども見てきましたが、お土産も食べ物とお酒ばかり。

最後の最後まで食べ尽くした旅、久しぶりの国内お泊り旅行、楽しかったです♪

下呂旅行o(^o^)o喰いだおれ湯けむり女旅・2日め前半2019年12月29日

昨晩遅いお風呂をいただいた後、女子トークしながら、お菓子食べつつ、ばば抜きやったりして、寝たのは2時回った頃。

でも朝食の時間までに身支度を整えようと逆算したら、入れ替わったお風呂に入る時間が~というわけで、5時30分起床でした(笑)

まだ日も上ってない暗闇で、めっちゃ寒かったけれど、おかげで貸し切り状態、桧の露天風呂と、天然石のお風呂をいただいて、だいぶあったまってから部屋へ戻りました。

朝食もお部屋食ですが、お布団を片付けていただいて、支度ができるまでにお茶菓子がでました。
そして朝定食。
お漬物、煮物、お味噌汁。
サラダ。
湯豆腐ですが、おっきい油揚げと水菜も入ってて豆腐鍋くらいボリュームあり。温まるから嬉しい♪
今朝は白飯もおかわりしちゃいましたvvv
チェックアウトぎりぎりまでお宿でダラダラ。
宿泊フロアのEVホールにもかわいらしい飾りつけ。
ロビーの飾りつけはさらに立派。

さるぼぼ(右)といっぱいぶらさがってるやつ(なんていうか忘れました)


で、チェックアウトしましたが、ホテルの入り口脇にも足湯がありまして、
温泉まんじゅうを頂きながら足湯しました。
ここの足湯はぬるくてちょうどよかったな。
朝ごはん前にお茶菓子食べて、朝ご飯がっつり食べて、更に食後のデザートで温泉まんじゅうまで食べましたが、まだ喰いだおれますよ!後半へつづく。

下呂旅行o(^o^)o喰いだおれ湯けむり女旅・1日め後半2019年12月28日

合掌村を後にして、ホテルへ向かうかと思いきや…
まだ喰いだおれ延長戦( ´艸`)
柏屋酒店

おちょこ代1つ100円(中に♨マークの入ったものは120円)で2種類のお酒が利き酒できます。

私は黒いおちょこにして…利き酒はプラカップで頂きました。
右の方はかなりあっさり、左の方があっさり辛口だけど風味がより芳醇でした。

が、これじゃなく、女子っぽい発砲日本酒を2種類購入して、晩御飯に頂きましょ♪
利き酒の後は、飛騨牛が入ったカレーパンが食べられるパン屋さんへ…
行ったのですが、あいにく売切( ノД`)シクシク…
なので、店内のトトロのモニュメントをめでて…
撮影OKらしいので…
一緒に撮ってきました。
でもカレーパン脳はおさまらず…近くのお肉屋さんへ。

おっきな牛の椅子が目印です。
こちらもカレーパン扱ってるのですが、やっぱり売切。
で、別のものを注文し、揚がるのを待ってる間に店内で飛騨牛の肉みそを試食。
すき焼きコロッケにしました(^^♪
これはこれで、熱々で美味しい。
お腹いっぱい~なので
これは食べられない…明日か?
宿へ戻りがてら、手湯に浸かったり。
さるぼぼ神社に行って。

お宿へチェックイン。
館内の至る所に、可愛らしいうさぎのお人形が飾られていて、女性向けです。
お部屋に案内頂き、係の方がお抹茶を立ててくださいました。
お茶菓子は夜お腹すいたら食べよう…。
お部屋けっこう広くて、ベッドが2つと、
奥に座敷ともう一間ありました。

お部屋食の時間まで、だらだらして~晩御飯きた。
右の鍋は豆乳で加熱前に自分でにがりを打って手作り豆腐していただきました。
左は飛騨牛の朴葉焼き
飛騨牛ローストビーフ

前菜色々。飛騨のトマトとか。
お刺身
こちらは後で温かく出てきた治部煮ミニ五平餅など。
大きななめこのお味噌汁でした。
デザートは黄桃といちごのムース。
ボリュームもあって満足です。
お腹パンパンですぐにはお風呂へ行けなかったので、入浴時間が終わるぎり1時間くらい前にやっと行きました。

夜は壺風呂。
明日は入れ替わるので、早く起きなくちゃ。(つ∀-)オヤスミー

下呂旅行o(^o^)o喰いだおれ湯けむり女旅・1日め前半2019年12月28日

先週末に発表会が無事終わり、相棒の企画で年末に初めて下呂温泉へ旅しました(^^♪

ここに至るまでの一週間は仕事も激務だったけれど、これを楽しみに耐えた…っ!!

電車に揺られてお喋りしてたら、到着。
お宿のチェックインまで余裕がありますので、手荷物だけ先に預けて、まずはお昼ごはんを頂きましょう。

飛騨牛を使ったお料理がいただけます。
ステーキはさすがのお値段ですが、丼物はハンバーグはリーズナブルなので、飛騨牛100%ハンバークランチにしました。
スープは、すくな南瓜のポタージュ
ハンバーグはミンチを使用せず、塊肉を叩いてミンチにしているそうです。ぷりぷりとした塊肉の歯ごたえが残っています。
お好みで朴葉味噌をつけて…つけた方が美味しいですvvv
地ビールも一緒に頂いて、昼呑みサイコー(^^♪
お腹いっぱいになりましたが…来た時に観光案内所で頂いたパンフレットなどでB級グルメ情報などを見ちゃったので、是非堪能せねば!

腹ごなしに温泉街をぶらぶらし、至るところでみかけるカエルを楽しみました。

アスファルトのカエルとか↓
消火栓のカエルとか↓

足湯をしながらスウィーツが食べられるスポットへやってまいりました。
・温玉ソフト
右だけ、相棒が頼んだ味噌ソースがかかったの。
( ,,`・ω・´)ンンン?不味くはないけど温玉が入ってる意味が…よくわからない(;^_^A味噌でもなく、いっそお醤油をかけて食べた方が美味しそうでした。

他に、あったかいプリン↓も売ってましたが、それって茶碗蒸しの甘いバージョンって感じ…?
時間は十分あるので、温泉街を抜けてちょっと上ったところにある下呂 合掌村へ行ってみました。
手湯もなかなか温かくて気持ちいいです。
施設内のあちこちに、茅葺の建物やら、足湯があって、中は博物館になっています。
足湯はめっちゃお湯が熱くて、じっと入っていられなかったです…(;´Д`A ```

昭和レトロな懐かしい生活道具や家財なんか、見てると楽しいです。

・飛騨高椅神社
合掌村内にある神社。お料理の神様だそうです。
食欲大魔神なので、食べ物に困らないよう、念入りにお参りしておきました( ´艸`)
・かえる神社
のちに別のかえる神社も見つけたのですが、下呂の音をもじってゲロ(かえるの鳴き声)から、かえる推しって事なんですよね多分。
さりげなく潜むかえる
かえる神社のあたりから反対側の合掌村を望むと、綺麗でした。
施設内にぽっつり座ってた木のお人形。
こんなの↓あったので、遊んでみたり( ´艸`)
結構重かったので支えるの辛かった…。
実は栃の実のお菓子大好きな私、施設内のお店でこれ↓見つけて
お腹空いてないのに、買っちゃった(;^_^A
栃の実がたっぷり入ってて薩摩芋もほくほく甘くてあったかくて美味しかったvvv

十分堪能した後、出入り口付近にあった栃の実せんべいの製造直売所へ行ってみました。
★千寿堂
栃の実ってこんな感じ↓灰汁が強いのでしっかり抜いて調理するそうです。
確かに、見た目は栗と似てるけど、中身全然違うもんな。
お店に入ったら、焼き立ての栃の実せんべいを1枚試食させてくださいました。
焼き立てって、風味がいっぱいで軽い食感。
これはこれで美味しいけれど、私はザラメが入った堅焼きタイプの方が好きなので、ここでは栃の実シフォンだけお買い上げ。

半日もいないのに結構盛りだくさん!
後半は改めて~。

可児で城攻めo(^o^)o顔戸城,城,美濃金山城,明智城など2019年10月26日

可児へ戻って山城攻め再開です。

★顔戸城址
あ、こちらは山城じゃなく平城だ(;^ω^)
斎藤妙椿築城との事ですが、私的には土岐氏に仕えたという点と、奥さんが伊勢北畠氏出身という点で、南北朝につながるポイント萌え(笑)

観光用としては整備されていませんので、さらっと見て終了。

次なる山城目指して移動しましたら…
どうやらこの森の中の一角にあるらしい。

可児市、あくまでも蘭丸押し(笑)

それにしてもかなり規模もあって立派に整備された森(公園)です。
バーベキュー施設もあり、桜スポットでもあるようなので、色々な角度で楽しめていいですね!

ここからお散歩しながら城址を目指すこともできるとは思いますが、時間短縮のため、もうちょっと車で移動しまして…

とりあえずもうちょっと車で移動できるポイントへ。
ここから本丸までは歩きになります。
上ってみたかったのですが…ミル友さんの行きたいスポットがまだまだ残ってるので、さらっと眺めてトイレ休憩しておしまい。

築城主は斎藤正義だけど、その後は森蘭丸のお父さん森可成が城主になり、以降も森氏に受け継がれてる関係上、まぁ森氏の中で一番ネームバリューがある森蘭丸がクローズアップされてくるのは必然ですが、一応蘭丸も城主になった事あるだけ、他の城の便乗扱いよりはマシかな。

はい、次行きます。
大トリを除いて、おおかた目的の山城は攻めたので、復習しておきましょう。
あ、入口からして森蘭丸の押し度が(;´Д`)
あんまり蘭丸押しがすごいので…ここでは関係ないけど一応言っておくと個人的に、信長の小姓衆の中では万見仙千代が一番好きです(^^♪
その手の文書書籍で頻繁に登場するものの、現在の歴史スポットではほとんど見かけない(´;ω;`)
でもきっと、仙千代が死んでなかったら蘭丸がここまで浮上してくる事はなかったと思いますよ!…と青春の主張(笑)

というわけで展示物を見学します。
Googleマップさん頼みで車移動してきましたので、位置関係があやしいです…こういうマップで再確認。
あ、午前中に郷土資料館でもらった葉書の甲冑これ↓

お!ちょっと南北朝時代の流れが窺えるパネル発見。
他にも山城の事が子供でもわかりやすいように説明されたパネルなどの展示がありましたが、割愛。

ちょっとしたグッズも販売されていて、昨今の御朱印ブームを受けてか、寺じゃないのに何故か美濃金山城の御朱印があったので、なんとなく記念にもらってきました。

ここから歩いて行ける森家ゆかりのお寺も拝観してきました。

★常照寺
左の石碑に書いてありますが、森可成の奥さんで蘭丸らのお母さん妙向尼の墓所。

そのちょっと先にある
★可成寺
読んで字のごとく、森可成の菩提寺です。


境内にこんなの↓発見(笑)
人気がないのに付けるの憚られて聞いてませんが。

さていよいよ大トリ方面、私の大本命(笑)に向かって更に車で移動しましたよ!
★天龍寺
日本一大きいと言われる明智光秀の位牌があります。
しかし、どことなく真新しさを感じるのは…気のせいではあるまい。
来年の大河ドラマ『麒麟がくる』に向けて観光客を見込んだ整備がされているのかな…。
『太平記』と同じ池端作品という事で…期待はしてますよNHKさん!

★東栄寺
こちらはかつて明智氏の菩提寺だったお寺。

そんなわけで、
前回は恵那市側の明智城を攻め、今回は可児市側から攻めましたが、明らかに今つくった的なものホントに多かった(笑)
この大手口向かって左にある駐車スペース?には、山城サミットの絵柄(後で調べたら「センゴク」という漫画のキャラらしい)の光秀がラッピングされた車がデーン!と駐車されてて(笑)
その手前で井戸端会議?してたおじさんたちが何も言ってないのに観光案内のパンフレットくれたし、ちょうど城址から下りてきた方が「近くに光秀ゆかりの天龍寺があるよ」とすれ違う際に教えてくれたり(すでに行った後)、なんか地元の方?の光秀押しがすごい(笑)

こんなタイミングで来る女性客なんて、光秀ファンしかないと思われたんだろうか…その通りだけどさ。
恵那にある明智城に本丸まで登った時は、人影もほとんどなかったし、ものすごい山道だし蛇いたし、蚊がすごかったし、閑散としたものだったけど…
それは恵那だったから…?
可児の明智城、大手口からは石畳があって比較的勾配もゆるく、初心者向けでした。
でも明らかに最近作ったよね?!という案内発見。
これ↓は令和元年八月って書いてあるから間違いない。
なんとなく、恵那市のほうが光秀押しで、可児市は森氏押しなんだと思ってたが、大河が絡めばそういうもんでもないらしい?

ちょうど2年ちょっと前の同じ時期に恵那市の明智城を訪問した際のブログがあるので、興味をお持ちの方は比較してみてください(笑)

ここではすべて紹介できませんでしたが、恵那市の明智城はただの木の立て札くらいだった案内が、可児市の明智城は立派なの立ってるし、漫画の光秀の旗もいくつか立ってたし、木も伐採されててすっきりしてましたよ。

以上、前回ほどのトレッキングではありませんでしたけれども、さすがに歩き回って疲れた~。

晩御飯は愛知県に戻ってから食べまーす。

可児&御嵩でパン&ケーキo(^o^)o~ぶれない食欲大魔神2019年10月26日

可児市の山城攻め前半戦を終え、地元のパン屋さんへやってきました。
お店はミル友さん任せでしたが、さすが数年来のミル友さん、私の好みをわかっていらっしゃる。

Boulangerie N2/En carre(ブーランジュリー エヌカレ)
イートインを利用するつもりだったのですが…消費税増税を受けてか、しばらくお休みとの事。

折角来たのでいくつか購入し、車中で1個お昼ごはんに頂きました。
・ドライりんごとチーズクリームのベーグルサンド
冷蔵ケースに入ってましたが、皮は香ばしく、中がもっちりしてて噛み千切るとひっぱるくらいの弾力あり。
ドライりんごだから味が濃くて、甘さも自然な感じで、なかなか美味しい(^^♪確か土曜祝日限定の商品でした。

その他のお持ち帰りパンはこちら↓
左上から時計回りに
チェダーチーズ大納言、キャラメルクリームレーズンパン、和食生活、フロマージュデニッシュ?、ゴルゴンゾーラとくるみのパン、いちじくデニッシュ
※商品名はうろ覚えなので適当
後日いただきましたが、どれも素材感やパン生地の違いが楽しめて、美味しかったですvvv

さて、パンを食べたばかりですが食後のデザートを食べに、今度はちょっと移動して御嵩の山奥へ…

途中、ぐるぐる景色がかわり映えしない山道で、ホントにこんなところにカフェ的なお店があるの…?と不安になりましたが、近づいてきたら案内板が出てきて(´▽`) ホッ

え…てか駐車場こんなにあるし、結構車が停まってる!まだお昼時間帯なのにケーキ屋さんって…
しかもとってもおしゃれで素敵な佇まい…
左手の階段を上っていくと、小さめの別棟が2軒ほど建っていて、そちらはギャラリーのようです。この日は残念ながら開いていませんでした。

かわいらしいお庭の植物を眺めながら…
てくてく上ると、カフェに到着。
入口の案内板に満席の札がかかっていましたが、中から出てきた店員さんが「ケーキは3種類になってしまいましたが、お席はご用意できます」とホテルマン風の丁寧な接客で迎えて下さり、ここまで来て食べられないってならなくて、またε-(´∀`*)ホッ

というか、返す返すもまだお昼ごはんの時間帯なのに、ケーキがもう売り切れ寸前って…駐車場の車の台数からも訪問客の多さはうかがえますが、なんせ山奥(失礼)なので、びっくりです。

エントランスまでも十分素敵な空間でしたが、内装もかわいらしい。
最初はこの暖炉の前のテーブルに案内していただきましたけれど、注文後に眺めの良い窓際の席が空いて勧めてくださったので、移動しました。
店内にさりげなく「カメムシが大量発生中のため注意」と書いてあり、確かにちらほら窓をちょろちょろ蠢いておりました…ので、虫がとにかく苦手という方にはおススメできませんけれども、日常の喧騒感を離れて自然の中でゆったりとした時間を過ごすには良い雰囲気です。

めったには来られないし、せっかくなのでケーキは残り三種類全部注文しちゃいました(^^♪

・チーズタルト
見た目クッキーシューのようですが、ずっしり重たい系です。
でも甘さは控えめ、ベイクド系にしては上品な作り。

・シュークリーム
日ごろシュークリーム好きを公言しているわたくし、これは外せませんし、残っててよかったvvv
ん!こちらも甘さ控えめで、香ばしい皮とかっちりしたカスタードクリームが美味しい(^^♪
皮はもっと好みのお店がありますが、クリームはかなり好みでした。

・もえぎ
シェル型に作られた抹茶とホワイトチョコのムースに柚子ジュレがアクセント。そこには抹茶チョコクランチが敷かれています。

個人的にこのクランチ部分は一体感がなく、上のムースとの固さが違いすぎて一緒に食べづらいため、必要ないかな…パイかクッキー生地のほうが嬉しいかも。

でも柚子が結構良い仕事してました。

飲み物はローズティーを注文。
落ち着く~。
ケーキはミル友さんと半分こして、合計1.5個食べた勘定になりますが、ランチの後だったし、かなりお腹膨れました!

さぁ、腹ごしらえは済ませましたので、城攻め後半戦に参りましょう!

可児で城攻めo(^o^)o土田城,今城,大森城,久々利城など2019年10月26日

今日はミル友さんと可児市に点在する城を攻めに行ってきました!
なんか、そういうアプリ?のイベントがあるらしいのですが…疎い私はただの歴ヲタ、山城萌え要員として同行(笑)

城の説明は可児市戦国城跡巡り事業さんのHPがわかりやすく提供なさっていますので、そちらを参照くださいませ(^^♪

まずは土田城址から。
古城めぐり遊歩道もあるようですが…結構規模が大きくて他の山城が回りきれないといけないのでスルー。
説明は↓これで端折る(;^ω^)
まず名前で、信長母の土田御前とか、側室の生駒吉乃ゆかりの氏族かなっていうのが真っ先に思い浮かびますね。

サクッと次行きます今城址
あ、なんか土田城址より入口が立派感…
というか、こういうの↓立ってる時点で”今”(現代)感あるわ…。時代ですねぇ。
かくいう私は今でいうところの”歴女”という括りではなく、ガチの歴ヲタ(しかも専門は南北朝)なので、一線を引いておく…。。。。
こちらはこじんまりしてるし、結構きちんと見学者向けに整備されているので、上ってみました。
お子様にもわかりやすい案内板↓あり。
城主は小池氏で、その一族の墓?↓かもしれないとか。
で、何故入口に萌え画な森蘭(乱)丸の旗が立ってたかというと、小池氏は森氏の家臣だったけれど、本能寺の変後に反抗した結果、森長可(蘭丸の兄)に城を立ち退かされてしまった云々という歴史があって、森家にゆかりがある城だからなんですね。
上ったらこんな可愛らしい絵札?もありました。

こんなパンフレットも置いてありました。
あんまり取る人がいないのか、建てつけ悪くて開けづらかったけど(;^ω^)綺麗なパンフレットは補充されてたし、いたずらもされてない。

久々に山城散歩を愉しみました。

ノルマをこなすため、どんどん行きます!お次は大森城址
ここはちょっと入口とかわからなかったので、この辺一帯が…ってことでおしまい(笑)
ちなみに東海自然歩道って、おそらく愛知県民なら小学生あたりの遠足でいくスポットで、あちこちに点在してるので自分がどのへん行ったか全く記憶にありませんが、当時アウトドア派だった私はわりと好きでした(^^♪

歴史もちゃんと振り返ろうという事で、可児郷土資料館も行きましょう。
ちょうど森氏の企画展示やってました。
そういえば今城址にあった乱丸旗にも書いてあったけど、山城サミットなんてあるんですね。

楽しそうだけど、南北朝限定でやってくれたら絶対いくわ(笑)
入場券買ったら、絵葉書がもらえたので、蘭丸の甲冑写真のやつにしました。ま、私は戦国時代の甲冑より、鎌倉時代の縅に命かかってるくらいの奴の方が好きなんですが。

企画展には陣立図があって、ト書き?を読むと当時の状況が窺えて楽しかったです。
あとは器の展示が素敵なの多くて嬉しかったvvv

駐車場にある案内を確認し…
この次は歩いて行ける久々利城址へ。
土岐氏の一族・久々利氏…と訊くと真っ先に南北朝の土岐頼遠を思い出す…。
が、ここは戦国時代の史跡です。
また萌え乱丸の旗が立ってるのは、これまた兄ちゃんの森長可が攻略して居城としたから。
ま、一般ピープル的には蘭丸の方がネームバリュゥあるからって事なんでしょうね…
それにしても今日一番立派というか手がかかってる!
こんな、クスリと笑っちゃう案内板↓も。
駆け上るのは難しいです(足元注意)
幸い?猪には遭遇しませんでした。
スタンプ小屋もこんな可愛い作りに。
開けたらこんなん貼ってありました。
戦国時代はこういうのやってくれてて、いいなぁ…(´;ω;`)
山城ではありますが、城郭のモデルになっているそうで、規模もそれなりにあり、なかなか登る愉しみのある城址でした。

これにて前半ノルマ終了!
ほぼ予定通り回れて、そろそろ小腹も空いてきたので、ミル友さんがプランニングしてくれたお店へランチにGO!

ギリシア旅行o(^o^)o6日め~最後まで名物喰いだおれ2019年09月23日

シンタグマ広場まで移動し、ランチは気になっていたお店へ行ってみました。

★O Kostas(オコスタス)
スブラキ・ピタの有名店。
カフェと違ってファストフード店仕様なので、ゆっくりはできませんが、夕方には帰国しなくちゃだし、私は一度ギロピタをカフェで頂いているので、手軽に食べられるのがちょうどいいかなと思って…
昼時とあって、多少レジ前に順番待ちしているお客さんはいたけれど、私たちが並んだ数分後には道路の方まで結構な行列ができてました!
タイミングよかった~。

お肉はポーク、ビーフあとラムが選べるはずだけど、それらしいのがメニュー表に見当たらなかったので、ビーフにしました。

椅子なしのテーブルが奥に少しとカウンターがあり、すでに満席だったけれど、出来上がるのを待ってたらちょうどカウンターが空いたので、すかさず移動して店内で頂きました。
よく冷えたギリシャのビールFIXと。

う、まーーーーい!!
カフェで食べたのとは全然違って、ピタはふかふかもっちりだし、お肉も香ばしくてジューシーだし、トマトとザジキソースの酸味がまた堪りません!

これは行列わかる!!

十分お腹は膨れたけれど、暑かったし、アテネ国立考古学博物館の鑑賞時間が押したせいで、本当はもう1件行きたかったアクロポリス博物館を諦めたので、おやつ休憩に変更!

Chill box(チルボックス)
また来ちゃいました( ´艸`)
私は再訪だけど、相棒はお初だったし、美味しかったから…。
左は私、右が相棒の。

二人で来られて良かったです。
涼を取ったら、時間潰しにお土産屋さんをぶらぶらして、なんとなく雰囲気に乗せられて、日本じゃ絶対買わないようなもの↓を買ってしまい。

早速着けて、ホテルへ戻りがてらのアクロポリスを背景にパシャリ。
ギリシャ人ごっこ( ´艸`)。
でも浮かれ過ぎず、気を引き締めつつ…

ホテルからアクロポリス駅までの坂道、お土産ぱんぱんに詰め込んで重たくなったスーツケースを抱えての移動は大変でした(~_~;)
現金残ってたらタクシー使うべきだったな(;´Д`A ```

駅に着いた時点でへとへとになってたけど、ここで往きのようなトラブルが発生しては元も子もないので、ひたすら気を緩めずに無事空港へ到着。

出国ゲートが混んでて、わりとギリの搭乗だったから、免税店はさらっと見ただけでした。
あ、帰りも忘れず、滞在中にホテルで事前チェックインしておいたので、そこはスムーズでよかったです。
でもチェックインカウンターで仮の旅券出したら、係のお姉さんに同情されました(;^ω^)

こうしてアテネを発ち、最初の機内食。朝ご飯かな。

これは相棒の↓
食べたら眠くなるかと思ったけれど、相変わらず眠気どこ行った?感じで映画を見まくり。

お菓子をぼりぼり食べながら…

ドバイからの乗り継ぎ時間を持て余して、空港内でスムージーを飲んだのですが…後でカードの決済額確認したら、1杯2,000円って高くない?!
注文した時に英語でなんか言われたけど理解できず、2人分の値段なのか、レジ打ちのミスか謎のままです…量が多かったから2人でシェアしてちょうど良かったのはいいのですが。

往きに飲んだスープも安くはなかったけど、半額以下だったしなぁ。
空港でぼったくり?っていうか、今となっては泣き寝入りです…英語ができなくてその場で確認できない自分が悪い。

最後の機内食は黒酢あんかけチキンでした。
ご飯もパンもあるのに、そうめんついてきた…どんだけ炭水化物(爆)

何はともあれ、最終的には楽しめて、今後の教訓も得て、ひとつ成長した旅だったと思います。

お土産はまた改めて。

ギリシア旅行o(^o^)o6日め~アテネ国立考古学博物館その22019年09月23日

アテネ考古学博物館、今度は主に『王家の紋章』萌えシリーズです( ´艸`)

この絵なんか↓もう完全にミノアのミノス王か皇太后さまじゃない?!
この特徴的な髪、漫画でわかりやすく描かれていて印象的でした。

こちらはエジプトコーナー。
ガチ、『王家の紋章』

ヒエログリフも。
アイシスやキャロルが着けてた腕輪。

見事な装飾が施されたツボですが、残念ながら口周りのみで、ワイヤーで象られた部分が本来の形状を示しています。
こういう冠、キャロルがかぶってた時ありましたね。
棺も美しい…。
こちらはギリシャ。カワ(・∀・)イイ!!

海産物のご当地メニューが人気なギリシャらしい、蛸柄のツボがカワ(・∀・)イイ!!
同時の服飾品などがうかがい知れる美しい壺。
とにかく壺がツボで撮りまくる!

彫刻で見たスフィンクスが描かれていますね。

お鍋の蓋の柄も美しい…










彫像と壺のコラボ。

以上、厳選した数点をご紹介しましたが、色形も様々で本当に楽しかった!

鑑賞時間1時間半~2時間を見越してたけれど、3時間以上かかっちゃいました(;´∀`)
でも、見応え、満足度は満点でした!

さて、すっかりお昼を回ってますので、この後はランチへ繰り出しまーす。

ギリシア旅行o(^o^)o6日め~アテネ国立考古学博物館その12019年09月23日

ギリシア旅行も実質観光最終日。

ホテルでの最後の朝ご飯は、これまで食べて美味しかったいちじく&トマトを鬼盛りしてきました。

チェックアウトを済ませたら、開館時間に合わせて博物館へ行きました。

★アテネ国立考古学博物館
館内の禁止事項がこんな↓イラストで表示されてて、なんだかほっこり。

最初にいきなり超有名なアガメムノンの黄金マスクが、でーん!
黄金マスクとかいうと、聖闘士星矢の黄金聖闘士の聖衣を思い出します( ´艸`)

美しい金細工の装飾品とか↓

くま???

可愛らしい動物をかたどった水差し?やら置物

そして未だ均整の取れたプロポーションの喩えにされるくらい、美しいギリシア彫刻。






スフィンクス
はエジプトだけかと思ったが、地中海を挟んで近接してるからなのか、そっちからの流出品なのか…?
でもエジプトの、というよりは妖鳥シレーヌ?(爆)


関係ないけど私、子供の頃のあだ名がスフィンクス→途中から省略されてスフィでした( ゚ ρ ゚ )
パッツリのおかっぱ頭で、なおかつ野生児だったから常に日焼けして地黒みたいな肌だったせいで…。あ、別にいじめられてはいませんよ。
『王家の紋章』大好きだから、どうせならそっちのキャラの誰かに充ててくれたら嬉しかったけれど、それは認知度が低かったらしい。



なんかカワ(・∀・)イイ!!
トルソーだけなのに美しすぎる!
なんだこの造形美!
とまぁ、感動する事しきりだわ、展示数が半端ないわで、これでも厳選してるけれど紹介しきれないため、その2へ続きます。