究極の塩ラーメンを求めて回回つけ麺 舞回回2019年10月26日

可児での城攻めを終え、兵糧を求めて愛知県へ戻ってきました。

晩御飯もミル友さんのプランニングに従って…

お店の看板とか目立つ感じでは出ていないため、目的で来ないと素通りしてしまいそう。

でも駐車場はほぼ満車で、辛うじて空いてたところへ停めて、記名してから、しばし待つ。

スープがなくなり次第終了とあって、可児からちょっと渋滞があったせいで大丈夫かな…と不安でしたけれども、無事ありつけました!

つけ麺専門で、メニューは季節によって多少変わるようですが、この日は濃厚つけ麺昆布水つけ麺ホタテバター昆布水つけ麺 塩の3つ。

もちろん、塩を選びます。
トッピング迷っていたら、お店の方が「特製は味玉・鶏ハム&豚シャーシューが1枚増しでお値打ちなのでおススメ」と教えてくださったので、追加。
待ってるうちにスープがなくなりましたので、本当よかった…ε-(´∀`*)ホッ

席に案内されてから、食べ方を確認。
下に書いてあるチーズリゾット?!がめっちゃ気になる…と思ってるうちに着丼。

昆布水つけ麺 塩 +特製トッピング
おおおおおお!!
あくまでも透き通った塩スープと、つやっつやの麺に期待が高まります。

まずは食べ方レクチャーに従って、スープをつけずに麺を頂いてみましたら…ををを?!使ってる昆布水がとろっとろ!!
とろみが半端ないので、麺に絡んできて、スープにくぐらせなくてもすでに旨みが。

で、全部乗せ。
味玉も…表面は薄味そうにみえたけれど、しっかり味が染みていて、黄身もちょうどよい半熟。旨し。

そしてこの輝く塩スープ
あああ…あっさりだけど丁寧に取られた出汁は、えぐみが全くなく、塩加減もちょうどよくて、しみじみと美味しい…。

鶏ハムもうっすら燻香があって上品。レア感はなく、しっかり火が通っていますが、ぱさつきはありません。
豚シャーシューも余分な脂がいい感じに落ちてて、あっさり。

全体的にどこをとってもあっさりなのですが、ベースにはふかーい味がしっかりついていて、ひとつひとつの味わいに満足感があり、かけ合わさった時にも邪魔せず、さりげない主張もしてくれます。

あ、ミル友さんが注文した昆布水つけ麺ホタテバターも一口いただきましたら、あぶったホタテの風味にバターの香りがしつこくなく、スープはやはり昆布が効いてて、塩とは全く違う味わいだけど、どちらもコンセプトが1本はっきりしている印象でした。

これで相当ボリュームがあってお腹も膨れたのですが、どうにもチーズリゾットが気になるため、追加注文…しようとしたらお店の方が「チーズリゾットはホタテバターに、塩はとり飯でお茶漬けをおススメしています」とおっしゃったので、従いました。

・とり飯 200円
炙った鶏もも肉がのっかってるのを想像していましたが、やはり伝えたい部分が一筋ということか、脂身がない、出汁で炊かれたような鶏肉が白いご飯にトッピングされていました。
ワサビが仕様で入ってたため、個人的にはさび抜きでお願いしたいところでしたけれど、美味しかったです。

で、気になってたチーズリゾットの方はホタテバターを注文されたミル友さんが追加注文されたのを一口いただきまして。
いわゆるイタリアンの煮込んだリゾットではなく、出汁でひと煮たちさせたごはんに炙りチーズをトッピングしたくらいの感じでした。

麺の〆にはこのくらい軽めの方がよいのかもしれませんが、個人的にはこれだったら、麺かトッピングを増したほうが良いかも?

とはいえ、ラーメンに厳しいミル友さんも9点とおっしゃるほど、他店にあまりない感じのあっさり系しっかりつけ麺という感じでクオリティ高いです。

全体的にあっさりという事は…濃厚つけ麺が気になる…
それに、今日でも十分美味しいのに、Twitterで発信されている情報を窺う感じではまだまだ研究中で、日々調味を変えていらっしゃるようなので、ぜひ再訪したいです。

神奈川グルメ旅o(^o^)oミル友さんナビでお食事篇2019年02月16日

演奏会ついでの旅グルメ覚書です。

大阪でも新幹線の帰り際に改札前までミル友さんが逢いに来て下さったのですが、神奈川では地元ミル友さんがナビを買って出て下さり、色んなお店をセレクト&当日ナビして下さいました♪

おかげで初訪問の土地でも効率よく、私好みのお店を利用する事ができ、お喋りの相手も出来てとっても楽しい旅になりましたvvv
改めてミル友さんとの出逢いに感謝。

毎度パン巡りはボリュームが多いため(;^ω^)別記事にて纏める事に致しますので、ここでは現地で実食したものとパン以外のグルメをお届けしたいと思います。

まずは演奏会最寄・青葉台駅の近郊にて、ミル友さんとの待ち合わせ前にちょっとパン屋巡りを致しまして、そのままパン屋さんのイートインでティーブレイク。

可愛らしい雰囲気のお店。
結構ひっきりなしにお客さんの出入りがあり、地元の常連さんが日常的に利用されているようです。

扉が2箇所ありましたが、上画像の扉がパンブースの正面扉で、向かって左面の扉はカフェブースの出口専用って感じかな。

チャイを頂きました。
たっぷり入ってて、長居できます(笑)
もちろんパンを頂く事もできますが、ランチ待ち合わせがあるため、お持ち帰りのみ購入して、しばしまったり(*´ω`)

出口専用ぽいと申し上げた扉のすぐ脇のテーブルに座ったら、レトロな雑貨がディスプレイされていました。
可愛らしいvvvこういうインテリア、大好きです♪

この後、無事数年来のミル友さんと初めて実際のお逢いし、イタリアンレストランへ。
予め、いくつかランチの候補店を列挙して頂いた中で、場所がわかりやすくてゆっくり食事を愉しめそうなここを選んで頂きました。
ABCから選べるランチコースのうち、お茶は別のお店でしましょうと打ち合わせして、Aコースにし、選べるメインはピザとパスタをシェアする事にしました。

こういう選択も、普段の食生活を投稿で知っているからか、初めてという感じがしないくらいスムーズで好き嫌いや好みも変な遠慮なく言えちゃう不思議。

ちょい吞みしたかったのだけど、コースについてるドリンクはソフトドリンクのみで、アルコールがプラス料金じゃなく全く別料金になるのがちょっと残念かな。
なので、アイスティーにしました。

最初の前菜盛り合わせ。
キッシュとレバーペーストが乗ったバケットとサラダとハム。
ガチのイタリアンという感じではなくシンプルですが、美味しかったです。

フォカッチャはフカフカ。
オリーブオイルはすでに塩気が加えられていて、ちょうどいい塩梅で、美味しかったです♪

選べるメインはプラス料金で蟹のクリームピザにしました。
蟹身と蟹味噌がたっぷり、ベシャメルソースもたっぷりでかなりボリューム感があります。
ちょうど案内されたテーブル席から見える石窯で焼いたピザ生地は、薄いけれどもっちりパリッとした食感で、これぞお店で食べるピザ!

下仁田葱とスモークサーモンのパスタもこんなに葱がゴロゴロ。
スモークサーモンがまた、生臭みがなくて美味しかったです♪
食事中の会話も弾んで弾んで、演奏会遠征では最近おひとりさまが多かったので、久々に食事と会話をじっくり楽しめましたvvv

この後、通り沿いを駅へ向かって歩きながら、沿道にあるお店についての情報を伺いながら…名古屋では催事や委託販売コーナーでリピしているドイツハムのお店の実店舗を案内して下さいました!

ソーセージやハムは保冷品なので、夜中に帰る今回の旅では買えないからと訪問を諦めていましたが…外観だけでも可愛いと教えて下さって、連れて言って頂いたら…萌え~(*´з`)

可愛い~vvv
と激写しまくる私をいつの間にかミル友さんに撮られていました(;^ω^)
ここまで来たら店内も、見るだけ見ようと中へ…入ってみたら、保冷品じゃないお惣菜もいっぱいある~さすが実店舗。

もちろん買いました!
・ラタトゥイユのキッシュ
お持ち帰りしておうちで頂きましたが、しっかりラタトゥイユの味で美味しかった(^^♪
・ワイン漬けの手羽先
これも多分、鶏肉自体が美味しくて、あんまり食べるとこがない手羽先なのに、結構食べ応えがありました!

この後、もう一軒パン屋さんをご紹介頂いて、もちろん購入(笑)し…
すぐそばのアメリカンなカフェでお茶しました。

・コーンミールブレッド
・ベイクドチーズケーキ
手前の赤いのは私が頼んだクランベリージュースです。
食べ物は仲良くシェア。特にチーズケーキが美味しかったです♪

そして私の大好きなクルミっ子までお土産に頂き(/・ω・)/
演奏会のホールに直結するエレベータまで案内して頂いて、無事迷わず演奏会へ赴く事ができました。

で、演奏会終了後、ミル友さんの投稿で気になってて、今日場所を教えて頂いたラーメン屋さんへGO!
思ったより可愛らしい外観。

ラーメンと…ビール?!
でも、ビールお腹膨れちゃうし、高速バス待ちにちょい吞みしたかったからここでは吞みませんよ。

もちろん塩ラーメンを頂くのは決まっていますが、店内に入るとすぐ香る鯛の香りにほだされてはいけない。
こちらはベースが選べるラーメンがあり、塩も選べます…がミル友さんがに「鯛はあんまり、ネギがおススメです」と教えて頂いたので、ここは葱ベースでいきました。
・塩らーめん 葱ベース

ちょっとトロミのある若干白濁した塩スープに、細麺。
葱ベースというのは…スープを飲んだらわかりました。焦がし葱っぽい香ばしい葱の風味がふわ~っと広がります。
スープが美味しい。
どちらかというとかなり淡麗でスッキリな塩スープが好みの私ですが、この葱の香味のおかげであっさり感が増しています。
チャーシュー、メンマは平均点上という感じでしたが、上品でシコシコの細麺と、絡み合うコク旨な塩スープの相性が良かったですvvv

さすがミル友さんおススメのお店。

そんな青葉区グルメ探訪の後は、横浜駅まで移動しまして、夜行バス出発場所のビル内にあるバーでおひとり吞みを決め込みました♪

東京では夜行バスの出発場所はだだっぴろい、ビル内でもないところで、時間潰しも他所でするしかありませんでしたが、バスターミナルがビルになってて、しかもこんな小じゃれたバーが利用できるなんていいなぁ。

もちろんカウンターに座って、何を頂こうかな~♪
とメニューをみたら、ちょうどいいカクテル発見。
・ヨコハマ
折角シェイカーでバーテンダーさんがシャカシャカやってくれるんだから、ショットにしないと。

うーん美味しい(^^♪吞みやすくてグビグビいけちゃう。
女性おひとりさまは私だけでしたが、落ち着きすぎず、ちょいちょいバーテンダーも話しかけてくれるので、おひとり客でも利用しやすいです。

ちなみに1席空けた両隣は男性ひとり客でしたが、「あちらのお客様からです」はありませんでした(笑)ので、二杯目いっちゃおvvv

・チャイナブルー
赤飲んだから青で(*´∀`*)
旅の疲れも癒されるひと時でした。

夜行バス移動も結構慣れたし、吞んじゃえばわりと眠れる(笑)ので、節約のためにもこのパターンいいかも♪
って、交通費節約しても、こういう飲食費嵩んでるから結局出費は同じというオチも…(;^ω^)

究極の塩ラーメンを求めて回回中華そば 櫓屋回回2017年07月19日

ごはん作りたくない病に犯される中、職場の後輩ちゃんからの「北海道物産展やってますよ」情報を耳にした翌日、ぷち残業明けにイートインへ駆け込みました。

今日は名鉄百貨店北海道物産展第2弾でイートイン!


広告掲載の50杯数量限定商品、冷やし担々麺は何と!閉店一時間半前くらいでも若干残っていました!
それも、イートインとは思えないこの↓メニューの多さによるのか???
おそらく10種類以上ありました。
あまりにもメニューが多くて一抹の不安を感じつつ。

もうひとつの広告掲載商品は味噌バターコーンでしたので、塩派の私はスルーして、、、、
実はもう一品、広告未掲載の1日50杯限定冷やし塩ラーメンがあったのですけど、残念ながら売切!これが食べたかった!!

やはり暑い夏ですから皆さん、ラーメンといえどさっぱりしたものを召し上がりたいという事なんでしょうね。

そんなわけで塩派か、季節感かという点は置いといても、函館のラーメン屋さんであれば、ここは塩でしょう!と、初志貫徹で塩ラーメンを頂きましたよ。


・櫓塩ラーメン 780円

個人的には値段がUPしてもいいからナルトじゃなく、煮卵が欲しい感じ(笑)
さてさてお味は…


・スープ

見た目は大変シンプルで、脂も浮いていない、いかにもあっさり系スープですが、透き通るような塩スープという感じではないから、かつお出汁が濃いのかな?と思いながら啜ったところ、メニュー記載の「昆布の旨みたっぷり!!」という謳い文句に偽りなく、がっつり昆布の旨みが広がります。

鶏がらより、昆布が一番がつんと舌に染みわたってくる感じ。
香りはかつお出汁…かな???
しっかり味だけどしょっぱくないので、濃厚なお吸い物感覚で啜ってしまいます(笑)


・麺

細めですが、適度にちぢれた卵麺で、すっきりスープもよく絡みます。
熱々でサーブされて、猫舌の私はダラダラゆっくり食べましたが、最後まで伸びずにシコシコ、美味しく頂けました。
噛みごたえがちょうどよくて、とっても満足感あり。


・メンマ

長くて適度に厚みがあり、食感もほどよく歯ざわりというか、抵抗感があって食べ応えあり。
味つけはシンプルですが、塩スープを邪魔せず、ちゃんと存在感もあって好感触でした。


・チャーシュー

こちらもメニュー記載の「特製チャーシューが旨い!!5時間煮込んだトロトロの厚切りチャーシュー!!」という謳い文句に偽りなく、美味しかったです。
分厚いけれど脂がいい感じに煮出されていてしつこくなく、塩スープを邪魔する事もなく、自信のほどが伺える味わい深さでした。


汗だくだく掻きながら、ゆっくり食べましたが、しっかり完食。
温かいものを美味しく頂けて満足です。

冷やし塩ラーメンが食べられなかったのが、とても残念!ですが、美味しい塩ラーメンと出会えた事に感謝vvv

究極の塩ラーメンを求めて回回波飛沫回回2016年10月13日

今週ずーっと片頭痛に悩まされ続けてたのですけど、明日通院有給を取っていたのと、体調を鑑みて定時退社し、帰りの電車内で10分ほど、固く目を瞑って大人しくしていたら……

名古屋駅に着いた頃、何だか頭がスッキリしてまして。
あれ?何かコレ行けるんじゃない!??????

と調子に乗って、行きたいと思っていた名鉄百貨店開催の北海道物産展でイートイン!(爆)
してきました。
完全復調ではなかったのだけど、ちょっと前からずっと、ラーメン屋さんのラーメンが食べたいと思ってたところに始まった物産展だったので……おそるべし我が食欲(苦笑)



食どころ北海道のミシュランガイドにも掲載されたというお店。
ホームページを見ると何だか、呑兵衛が行きそうなラーメン屋(笑)だったので、こりゃストライクゾーン近いでしょ?と思いまして。
しかも、塩ラーメンを出発点にして始まったお店との事でしたので、塩ラーメンをこよなく愛する私としては、是非一度実食してみたかったのでした。

ただ、苦手な豚骨ベースですので……普段は避けますけれども、今回はとにかく「ラーメン食べたい」欲求が勝りましたね…ホント、おそるべし我が食欲(苦笑)

・塩ラーメン 


スープ… 
豚骨ベースの割にはクセが少ないと思います。味はしっかりしているけれど、ギトギトしてなくてサラッとした喉越しと舌触りなので、苦手な私が鼻先へレンゲを持ってきても気になりませんでした。
綺麗な塩とんこつ、という印象。


麺… 
細からず太からずの中庸な、ちょっとちじれた麺。まずまずのコシ。そして見た目よりしっかり小麦粉の味がします。スープの主張はそれなりにハッキリしているのに、麺が負けていませんね!好感触。


メンマ… 
メンマ好きな私も、このスープにこのメンマはOKと思いました。
歯ごたえもしっかり、太さもほどよし。


のり… 
シワシワになって美味しくないので、私は基本いらない派なのですが、豚骨の香りを磯の香りで中和してくれるという意味ではあって良かったかも。 


ねぎ… 
生ねぎがあまり好きでない私……くどいようですが苦手な豚骨ベースなので、今回は逆に生ねぎのおかげで香りが中和されて良かったかも。


シャーシュー… 
太めカットで食べ応えがあります。お醤油の香ばしい香りもしっかりするため、塩とんこつスープとの味のコントラストがハッキリしていて好感度大。
ただし、私はもっと炙った香ばしさが欲しいので、その点では100%好みではなかったです。


かなり厳しい採点ですが、総合的には美味しかったです。
というか、体調万全なら、もっと素敵な感想になったと思います…(苦笑)
案の定、食べて帰宅してしばらくしたら、逆上せて頭痛再発(( ノД`)シクシク…
食べたいものを美味しく頂けない体調がウラメシイです……。

究極の塩ラーメンを求めて回回凡の風回回2015年03月11日

今日はJR名古屋タカシマヤ春の北海道物産展第2弾イートインでリベンジラーメンです(笑)

第2弾の味噌ラーメンは………だったし、元々ラーメンは塩派なワタクシ、でもあまり過度な期待はせぬように、定時退社してイートイン!

・つけ麺 南印風~二年熟成尾札部昆布仕立~
 (1人前) 981円

「鶏ガラと魚介が香る淡麗つけ麺!」ってコピーに否が応でも期待は高まってしまいますけれども、冷静に行こう…と案内されたカウンター席へ座ったら、隣のお客さんがすでに食べているつけ麺を見て、まずボリュームにビックリ!

折込チラシの写真より色鮮やかで、ボリューム感も満点じゃあないですか!!

で、ワタクシの分が到着し、お姉さんが食べ方についてレクチャーして下さるには、「つけ麺が昆布だしに浸っていますので、まずはそのままお試しください。スープはかなり濃いめに作られていますので、お好みで昆布だしで割ってお召し上がりください」との事でしたので、レクチャー通りに頂いてみましたよ。


・スープ(つけ麺が浸ってる昆布だし)
常温より冷たいくらいで、おおお!めっちゃ昆布風味!
海藻臭さはないけれど、海藻風味はガッツリ。なので昆布をしゃぶってるような味わいすら感じられます(笑)
でも塩気はほとんどなく、そのまま頂くなら塩をかけたいレベルです。
シンプルながらも、絶妙レベルに煮出された旨みが上品に麺へ絡まり、キラキラ輝いていました。

・スープ(つけダレ)
こちらは器もスープもアツアツ。焦がし葱が浮いていて、ちょっとカリカリに炒めたベーコンからにじみ出た旨みのようなコクも感じられます。
ただし全体的には和風なオニオンスープみたいな味わい。濃厚なのに、後味がスッキリ。出汁の取り方と配合が絶妙。
微かな隠し味程度に香るカレーのスパイスみたいなものが、いいアクセントになっていました。

そのまま頂くと、塩気がかなり強めです。でも麺を入れて絡めたら、ちょうど良い塩度になりました。

つけ麺に添えられていた白髪葱を落とすと、さらにスッキリとした味のコントラストが楽しめ、お葱の美味しい食べ方をパターンで頂けます。

つけ麺に添えられていたチャーシューが冷たいため、そのまま頂くと脂が凝固しているし、お肉が得意でない私にはちょっと生臭く感じちゃいましたが、このアツアツスープへドボンしたら、脂が蕩けてお肉も柔らかく温まり、美味しく頂けました♪

スープはどっちも美味しいので、最終的にはつけダレのスープへ麺が漬かってる昆布だしをじょぼーっと混ぜてしまい、ちょうどよい塩気になったスープを、飲みきって完食!

・麺
太い麺はかなり硬くコシがありました!硬い味噌煮込みうどんの麺に慣れている名古屋人には、この噛みごたえがたまりませんなぁ~♪
これだけコシがある麺なら、漬かってる昆布だしも温めてあってOKなんじゃないかと思いますが、そこは作り手のこだわりがあるのかな。

・メンマ
穂先メンマで、元の方まである長いやつが3本も入っていました!
私、ラーメンのメンマには大変思い入れがあり(笑←単にメンマが好きなだけ)、ラーメンのトッピングにはメンマが欠かせない人なので、このメンマ量と食感の違いが楽しめる計らいは嬉しいvvv
それに、上品な味つけ!!メンマだけでも美味しい♪
ので、濃厚なスープにくぐらせるのはもったいない感じですが、麺が漬かってる昆布だしでスープを緩めたものにくぐらせると、また美味しかったですvvv

・チャーシュー
あっさり系で、厚みは標準、大きさは食べやすく、前述のとおりアツアツスープに入れて柔らかくして頂くと、とても美味しく頂けました。
がっつり系がお好みの方には物足りないかもしれませんが、これ以上濃厚だとスープを邪魔するし、厚みがありすぎてもスープの中で温まりにくくなるしで、バランスを考えてこの味つけ、形なんだと納得しました。


いや~~総合力の高い塩ラーメンでした!!
久々に麺、スープ、トッピング、すべてに納得のゆく塩ラーメン、しかも珍しい塩味すっきり系のつけ麺で、ハイクオリティな商品に出逢えましたよ~vvv

このブログタイトルくくりも久々で、美味しいラーメンをご馳走様でした!!

スープが、ご飯を入れて、かき卵落として、おじやにしたいくらい美味しかったので、レトルトのお持ち帰りを買ってしまいましたvvvお家でアレンジして楽しもう~っと。