ヴァイオリン覚書♪8年6ヶ月~結婚式de演奏:挙式編2013年11月10日

今日はいよいよ、今年最大のイベント?当日です!

★11月10日 11:00~

 中部国際空港(セントレア) センターピアガーデン 挙式会場

 
 ※参列者以外でも観覧できるようになっていました。

 にて、"友情"(←ココ重要‼)生演奏を以下5曲、務めさせていただきました。

 パッヘルベル『カノン』…Vn&Vc
 モリコーネ『ニューシネマパラダイス・メドレー』…Vnソロ
 エルガー『愛のあいさつ』…Vn&Vc
 マスカーニ『カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲』…Vnソロ
 クラーク『トランペット・ヴォランタリー』…Vn&Vc


まずは私への応援、花嫁への祝福に駆けつけて下さった皆様、ありがとうございました♪

大勢の見知らぬ参列者の中、友人知人の暖かい眼差しに見守られて、無事…?かどうかはこの後にしたためる事として……なんとか大役をつとめ終える事ができました。


というわけで、色々…本当に色々と…今回も勉強させて頂きましたので、覚書として記録しておきたいと思います。

先日、願掛けして俺のヨメ(ヴァイオリン)をしっかりと磨き…


弦は相変わらず安定せず、もうこれは今更どうにもならないので諦めて、なるべく入念に汚れを除いておきました。
発表会前ですらこんなに慎重なメンテをしたことないけれど、今回は本当に弦とか楽器自体の不安要素が諸々あったので……。

当日はあいにくの雨模様でしたので、往きがちょっと大変でしたけれども、余裕をもって会場へ到着し、楽器などのセッティンを済ませてから、プランナーさん、司会者さん、音響さんと披露宴会場、挙式会場での軽い打ち合わせと音響確認をさせて頂きました。

弾き始め&終わりのタイミングなどは、あらかじめ頂いたタイムスケジュール表にもざっくり書いてあったのですが、ひととおり新郎新婦がここに並んだら…とか会場でないと説明しづらい部分も確認。

楽譜にタイムスケジュール表も添付しておいたし、説明も受けたし、大丈夫だろうとリハ兼ねて5分程度しっかり音出しもして、他の参列者の控え室へ移動。

リハでちょっと弓が震ってたから、いや~な予感はしていたのですが…朝ご飯も食べてないし、喉が渇いたためウェルカムドリンクで癒す。
アルコールはさすがに置いてなかったから、サンザシジュースを頂きました。
もうすでに1杯引っかけたい気分ですが!(爆)

気分的にはリラックスしてるんだけど、なんで弓だけ震えたんだろう…まだリハなのに。
とぼんやり考える私(笑)
ちなみに、衣装のアオザイも、髪飾りのコサージュも私がデザインして、オーダーメイドしていただいた(自作ではない)ものですよvvv

いやいや、大丈夫。
去年の発表会もちょうどいい緊張感で、一昨年ほど大失敗もしなかったし、今回は大丈夫。

心の中で自分に暗示をかけながら…挙式会場へ移動。

実は挙式だけ、自分で動画を撮ってました。
譜面台に置いたiPodで撮影したため、私のドアップとか見切れてる動画しかありませんが、音はしっかりわかりますので、それを確認しながら、以下演奏曲を振り返りたいと思います……。

ちなみに、曲名は前日の自宅での録音とリンクしていますので、これが当日できたらマシだったのにね…と、当日会場へお越し下さった方は是非同情してやってください(泣笑)


パッヘルベルカノン…Vn&Vc【新婦入場】

前日の録音でも何カ所か音程の悪いところ、G線で引っかかるような音とかD&A線でも移弦時の雑音が目立っていますが、当日は「やっぱりか!」というド緊張再び!!

なんか私の緊張の仕方って変?なのか、心は至って平常心なのですけど、身体が完全に反比例してて、弓と脚が震えるんですよぅぅぅぅ。

去年の発表会でそれは克服できたと思ったのですけど、やっぱりソロや会場の違いでダメだったみたい。

全然弓が乗ってない、ド素人の音でした……。
かろうじて、音程は頑張って堅持してたけど、乱れたところももちろんあったし、平素とはほど遠い演奏でしたね…。
まぁ、出だしからいきなり大ハズシしなかっただけでもよしとしましょう…。


★モリコーネニューシネマパラダイス・メドレー…Vnソロ【新郎新婦署名】

急遽、追加となった曲でしたが、弾き始め&終わりのタイミングが良く分からず、???いいの???という感じで始めたら、ブヨブヨのD線からスタートだったので音程は外すし、その後のフレーズも雑音が入りまくって、ヘロヘロ。
半分いったところで、もう次のシーンに突入していたので、やば!と思い慌てて弾きやめました(笑)

 
★エルガー愛のあいさつ…Vn&Vc【立会人署名】

私が前曲の弾き終わりをしくったため、相棒の出だしがいいの??いいんだよね??という感じでおっかなびっくりスタートになり(笑)、私も慌てて続いてヘロヘロ(笑)
この辺から、事前確認したはずの弾き始め、弾き終わりがわからなくなってしまい、耳だけで確認して司会者の言い切りを頼りにしすぎてはいけない(思ったよりシーンの切れ目がわかりづらかった)と思い、そんな余裕もないくせに余計な気を回そうとしたのが、後の失敗につながったのでした……。


★マスカーニカヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲…Vnソロ
【指輪交換&ウエディングキス】

まだ弓は震っていたものの、気は落ち着いてスタートしました。
しかも、前2曲が用意した4分どころか2分以内で終了していたため、4分用意してほしいというリクエストで寸足らずになる可能性大だったこの曲も、案外普通のスピードで弾けばOKかなと思って、行き当たりばったりで練習時よりスピードを上げてしまった点が、まず失敗。

ウェディングキスのシーンは、クライマックスの何ポジ???て高音域のリピートを持ってきたかったし、多分そのあたりになるだろうと推察していたのですけど、下手にスピードアップしたおかげで結局寸足らずになり(笑)
今どのシーン???と思って、新郎新婦の様子を確認しようと気を反らした途端に、フィンガリングを間違え、音程大ハズシ!!(泣)

ぎゃ~~一番目立つ、会場が静まり返ってるところでハズした~~しくしくしくしく。

でも立ち止まるわけにはゆかないので、次の小節ですぐ軌道修正して、弾き続け……

あ…あああ…ああああああ!!

まだベールあげてない!!キスまであと何秒!?(焦っ)

というあたりでもうすでに予定のフレーズへ突入してしまっていたため、ここからエンドレス・リピートの悪夢再び!(爆)

 ※注:ピアノを辞めた理由
  最後の発表会で暗譜がぶっ飛んで、思い出すまで
  同じフレーズをエンドレスリピートする羽目になった

終盤2回ある4小節の盛り上がりフレーズを結局アドリブで+4回繰り返し(爆笑)、なんとか♥ぶちゅー!♥まで間を持たせて、最後の超高音まで一曲フルバージョン+αを弾き切りましたっ!!!

ぜーはーーーぜーーーはーーーー。

ここは多分プランナーさんも私の心の動きを察したらしく、終わった後で「うんうん」と無言でうなずいでいらっしゃったので、結果オーライだったのだと思います。



★クラークトランペット・ヴォランタリー…Vn&Vc
【新郎新婦退場】

『カヴァレリア…』で大失敗したおかげで開き直り、(っていうか、『カヴァレリア…』のリピートも多分失敗したから、その後アドリブが利いたんだと思う)、もうこの時点では平常心、弓も正常でした。

きちんと弓が弦に乗ってる音が出たし、音程もまぁ、そこそこ丁寧にクリアに弾けていたと思います。

が、気が抜けて、当初チェロの相棒と打ち合わせしていたとおりの切れ目の良い弾き終わりで終了できませんでした…あらら残念。


何はともあれ、初めての挙式演奏は、こんな感じで終わりました。
悪天候の中、遠方にもかかわらず私のためにたくさん応援に駆け付けて下さった、ばよ友の皆さん!重ね重ねありがとうございました!
当日の私と、前日の録音と、この実況を見聴き比べして、ご自分が似たようなシーンで演奏なさる機会があれば参考に、あるいは踏み台にしていただければ幸いです(泣笑)

さて、披露宴にもう一曲、余興演奏があるし、この後、がんがん呑んで食べまくったので、これにて一旦しめまして、後記事にて~~~。

コメント

_ かおり ― 2013年11月13日 08時02分19秒

日曜日はありがとう〜!
雨の中楽器持ち運びするの大変だったね。
自分も必死で、実は全然周りの様子も目に入ってなかったし、音も聞こえてなかったので、状況が全く思い出せない…。
ありちゃん達の様子がどうだったのかブログ読んで初めて知ったよ。色々ご苦労かけました。
でも友達に演奏してもらったということが嬉しかったよ。
DVD出来上がったら鑑賞会しましょう!

_ ありこ ― 2013年11月13日 19時46分03秒

>かおりちゃん

二度とない素晴らしいステージで演奏させて頂き、こちらこそありがとう〜:;(∩´﹏`∩);:
気持ちだけは精一杯込めましたが、思うようには演奏できず、力不足で申し訳なかったものの、私にとっても一生に一度の思い出になりました!
私も必死だったあの時間、舞台裏情報を愉しんで頂き、それも楽しい思い出の一ページに加えて頂ければ…本望です!
DVDは…私の音だけカットして〜〜⁽⁽(ཀ д ཀ)⁾⁾้

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの管理人のハンドル名をお答えください♪

コメント:

トラックバック