ヴァイオリン覚書♪♪第11期SKE女子部:親和楽器 大人音楽会 初参加2021年03月28日

今日は今年の目標に掲げたメンタルトレーニングの一環として、主宰アンサンブルから第11期SKE女子部親和楽器さんの主催する発表会形式の音楽会に初参加しました♪

あいにくの模様でしたが…気分はあげていこう。

朝ごぱんをしっかり食べて…
1回だけウォーミングアップのために弾いてみたら、後はだらだらリラックスモードでした。
出かける前にちょっと糖分補給。

で、いざ出陣。
本番前にスタジオを30分予約していたので、皆で2回ほど通し演奏しました。

去年チェロ教室の発表会で演奏した曲、その際はとにかく緊張でボウイングが制御しきれず、大崩壊した苦い思い出…。
技術的にはやれることをやり尽くしたので、あれからもうレッスンで指導はいただいていないものの、音程やフレーズ感、ニュアンスのつけ方などを自分なりにブラッシュアップしてきて、後は人前で演奏する際に緊張感をどの程度コントロールできるかが一番のカギなのかなと思っていました。

他の参加者の方はほぼピアノでの参加で、アウェイ感半端ないけれど、皆さんの演奏を楽しく聴きながら、まったく湧いてこない緊張感はいつ来るんだ???と違う意味で戦々恐々。。。

休憩を挟んで2部の最初でいよいよ出番です。
ショパン「ノクターン 第2番 変ホ短調」 Op.9-2
 私…ヴァイオリン
 相棒hikoちゃん…チェロ
 Chikaちゃん…ピアノ

他の参加者の方やその応援?の方など、観客は狭いホール内いっぱいに入っていましたので、私の演奏する位置もすぐ右前に観客の方が座っていらして、手元など丸見えの至近距離!

無観客なのにド緊張した前回の事を思えば、”人前”という意味では過去一番メンタルの必要なセッティングだったかも(;^_^A

でもその時私、「オケで隣のプルトに弾いてる人が居る感覚と似てるなぁ」と冷静に思ってて、直前までやっぱり全く緊張していませんでした。

あの、いつもの、弾き始めていきなり襲い掛かるド緊張が訪れるのか?!

でもいざ弾き始めたら、ちょっと平常よりは弓が震えるかな?くらいの感覚と、左手の指の動きが普段よりは硬いなという違和感程度はあったのですが、前回のような制御不能の緊張感ではなく、いい感じで緊張を自覚してコントロールできている気がしました!!!

実際、前半はそこそこ音程も安定していたし、落ち着いてゆったりと弾けてて、心の中で(おおおお~、ぴりぴりっと緊張感きてるけど、制御範囲内!)と心地良ささへ感じながら演奏していました。

が、そこから
(じゃあ、今までのド緊張って何だったの?
人前だからとかあんまり関係ない感じ?
ぼよぼよしたのも前の弓のせいか?
結局ノーミスで弾き切りしたいという自分から自分へのプレッシャーに負けてたの?)
とか演奏中にもかかわらず余計な雑念へと意識が傾き過ぎてしまい、曲の演奏に対する純粋な集中力が失われてしまって、中盤すぎたあたりではこれまで間違えた事のない何でもない箇所でボンミスし、カデンツァの前半の難所を弾き切ったすぐ後でもミス!

あああああああああ!!!!!!!
前半がとてもいい感触だっただけに、痛恨のミス!!!

去年の演奏の完璧なリベンジ、雪辱戦、とまではいきませんでした…;つД`)

でも、これだけ近い距離に観客が居る中で、前回とは比べ物にならないくらい緊張感をある程度制御して弾けた事は、いい経験になりました。

弓はやっぱり、新調してよかったみたいですし。

後は雑念に囚われず、ただ目の前の曲を丁寧に弾いて、聴こえる相手にちゃんと音楽として届くよう弾けるようになれたらなぁ…と思います。

この修業は次の挑戦曲でも継続していきます!

というわけで、お疲れ様のお茶タイム。
私は右上のバナナキャラメルクッキーラテにしました(^^♪
スプーンがスコップ形でカワ(・∀・)イイ!!
お持ち帰りしたかったくらい。
ブリュレクレープとかもあるみたいなので、今度食べてみたいなぁ。

からの、隣の店へ移動して打ち上げ~。
グラスのひと言ひと言が面白い( ´艸`)

お料理は
・サーモンだらけの前菜盛り合わせ
・雲丹といくらの冷製茶碗蒸し
・串揚げ いくら鮭、雲丹鮭
・サーモンと浅蜊のアクアパッツァ+〆の雑炊
・鮭といくらの卵かけご飯
・サーモンのクラムチャウダーパイ包み
今日の音楽会、SKEからはOさんもピアノロで出演なさっており、Nさんも聴衆として駆けつけてくださったので、今期SKEの活動に関しても意欲を燃やしながら…

SKE女子部、次なる目標は★ショパン「ノクターン 第20番 嬰ハ短調『遺作』」を、また親和楽器さんの音楽会で演奏する事です。

チェロ教室の発表会、今日の音楽会と、少しずつ緊張に対する耐性はついてる気がしたので、納得のいく演奏ができるようになるよう、頑張ろう。。。

チェロ覚書♪♪第11期SKE女子部 合奏練習1回め2021年02月20日

先日、主宰アンサンブル第11期SKE新年会を執り行いましたが、実質女子部だけでの活動となった第10期SKEの室内楽発表会から、女子部のトリオは今後も継続して活動しようという事になりまして。
発表の場も決まったため、2か月ぶりに合奏練習しました。

夕方の練習に備え、朝ご飯はがっつりと…中華風豆乳サラダ豆粥 XO醬添え
春の陽気のごとく暖かくなる、という天気予報でしたが、陽の入らない屋内に居るとさむーい。。。。

そういえば最近違和感があったヴァイオリンの顎あて(スロベニアのSASというメーカーの梨木)の位置を微調整して、肩あてを装着する位置も若干斜めに変えてみたら、だいぶ安定感が出たような気がします。
感覚を確かめながら少し弾いてから、おやつ休憩(笑)

2月19日がシュークリームの日だったようですね。
たまたまコンビニで買ったシュークリームで、前後含めて3日間シュー活してました(^^♪
阿波仕立て窯出しシューなると金時バニラやまもも
3種買って食べ比べてみたけれど、やっぱりやまももが一番。

というわけでヨメ(ヴァイオリン)を背負って合奏へ…
行く前にパン活しちゃいました(笑)
*南瓜のタルティーヌ
*原木椎茸のパン
*新玉ねぎのパン
*里芋とベーコンのパン
*小松菜のパン
*きのこのパン
*ソーセージのパン
*白葱とゴルゴンゾーラのパン
大阪のパンデュースさんの系列店だそうです。
神戸のコムシノワでも修行なさった方が作っていらっしゃるそうで、見た目確かに似ています。
そしてリンクの通り、いずれのお店も実食済みです(笑)
前述2件のパン屋さんは過去に実食済みですので、期待値でたくさん買っちゃったvvv

気を取り直して、相棒Vc-hikoちゃんと合流し、バス移動。
合奏練習へ…はまだ行かず、その前に腹ごしらえ(爆)
《桃園セット》 2,680円(税抜)
■前菜3種盛り
■上海蟹味噌スープ
■特選牛肉と冬野菜の炒め
■パリパリ春巻きに甘鯛の唐揚げ
■えびと彩り野菜のXO醤炒め
■小籠湯包
■桃李蹊チャーハン
■本日のデザート
コロナ禍の緊急事態宣言下で、飲食店はどこも20時閉店ですので、いつもなら終わってからごはん~となるところ、今回は逆順になりました。

これから練習するんだけど、呑むよね~( ´艸`)

Q:ワインはカラフェorたっぷりグラス、どちらが多い""ですか?
A:量はカラフェ半量=たっぷり1杯で同じですが、"値段"はお得です
値段より量を気にする二人でした…(笑)

腹ごしらえどころか、お腹ぱんぱんで若干眠目をこすりながら、いよいよメインの合奏練習へ。

★ショパン「ノクターン 第2番 変ホ短調」 Op.9-2
この演奏の譜面ではありませんが、寄せた編曲で昨年発表会にて演奏し、本番は緊張して上手く弾けなかったし、まだまだ細部の出来が気になる仕上がりでした。

緊張をどうコントロールするか、メンタルトレーニングを兼ねて3月に楽器店で行われる弾き合い会というイベントで演奏する事にしたので、更なるブラッシュアップも狙って合奏。

合奏練習自体は2か月のブランクといっても、私は普段の自習の合間にちょいちょい弾いていたし、前述のフィッティング問題から、緊張して力が入らなくてもある程度弾ける弓圧を考えて弾いたり工夫を重ねてきたので、昨年より弾き方が変わってきて、練習ではゆとりのある演奏が出来たと思います。

ピアノのChikaちゃんも合わせやすかったと言ってくれたし。

特に問題なく合奏できたので、夏の弦楽発表会で演奏したいと思っている
★ショパン「ノクターン 第20番 嬰ハ短調『遺作』」
参考動画ペタ↓
もサラッと合奏してみました。
こちらは個人レッスンが先日ひと段落ついたばかりですが、ノクターン第2番よりはるかに弾きやすいフレーズだし、リズムの揺れもあまりなくて、ほぼインテンポで弾けるので、合奏してもズレる部分がないと思います。

個々の技術がレベルアップして、なおかつ緊張さえ克服出来たら、こちらはノクターン第2番より良い仕上がりになるのではないかと期待。

良い間隔で合奏できていたので、ついでに主宰アンサンブル第11期SKEで演奏する
も、サラッと確認程度に合奏してみたのですが…

わっはっはっ(ノ´∀`*) 

やはり変拍子が多いせいで、迷子になるところ数か所(笑)
ほとんどユニゾンだし、ズレたらカオスです(;^ω^)
でも、3人で弾けるとこだけ弾いただけでも、楽しい(^^♪
合奏したら、もっと楽しそうだし、かっこよく聴かせたいです!

これまではオケやアンサンブルで紛れて弾いて、自分の演奏の粗が胡麻化されていたので、去年から室内楽をはじめて、人前で演奏もして、いろんな気づきの中でわずかながら成長できている気がします。

次は3月の弾き合い会が本番です!

チェロ覚書♪♪第11期SKE 英気を養う新年会2021年02月11日

本日は毎年恒例となりました主宰アンサンブルSKEの新年会。
コロナ禍における再度の緊急事態宣言下ではありましたが、第11期メンバー8名から有志5名にて、今年も決行しました。

昨年の10周年記念で演奏するはずだった
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
を11期にシフト。

現時点では、恒例だった年末の発表会にもこの規模でのアンサンブル参加は可能なようなので、まだ不透明ではあるものの計画を進めていく予定です。

というわけで新年会。

プレミアムビールを楽しむ贅沢なプラン『ドリームコース』
 個別盛り 2時間飲み放題付き5,500円
今回は感染対策に配慮して、シェアスタイルではなく個別盛りのお店を選びました。

でも緊急事態宣言をうけて、営業時間が20時まで、ラストオーダーは19時まででしたので、開始18時だと2時間の呑み放題が実質1時間(ノД`)・゜・。

がんがん飛ばしていきましょう!

最初の1杯だけザ・プレミアム・モルツ・マスターズドリームという『醸造家が夢見た心が震えるほどにうまいビール』とやらを提供していただけるそうなので、もちろん皆そちらで乾杯。

お料理は以下
【前菜6種盛り合わせ】
・ポテトサラダ,うららん卵の洋風出し巻き,ローストビーフの手まり寿司,ガーリックトースト,和風ピクルス,鯖の燻製
【サラダ】
・牛タンスモークと三つ葉のサラダ ~酢橘とオニオンドレッシング~
【揚げ物】
・ガーリックシュリンプとポテトフライ
【温菜】
・フォアグラと大根のグリル
【グリル】
・ビーフステーキ&味噌漬けにしたポークグリル
【〆のご飯】
・ローストビーフ丼

近況報告と、一応11期の演出に関して打ち合わせもちょびっと(苦笑)し、とにかく呑み放題の時間が短いので、ひたすら頑張って呑みました(;^ω^)

皆さん、この状況下で参加いただいた上は、感染対策への意識も高く臨んでいただきましたので、感謝とともに…

食事中は飛沫対策であまり会話もできないため、いつもよりは声のトーンも内容量もボリューム控えめトークでしたが、皆さんの元気な姿を確認出来て、嬉しかったです。

差し入れも頂き、るんるん♪
まだまだ厳しい状況下ではありますし、この1年のコロナ禍で見直さなければならない事も増えましたので、実際に8名で活動する8月以降の合奏練習会場なども、例年になく感染対策に配慮しなければならないと考えています。

主宰としてこれまで配慮してこなかった工夫が必要になっており、演奏や演出以外の部分で仕事が増えそうですが…
安全第一で楽しめたらいいなと祈りつつ。

徐々に活動を本格化させてまいります。

チェロ覚書♪♪Trio Trillo~花拓く時代~演奏会2021年01月31日

今日はチェロ師匠の参加するピアノトリオの演奏会へお出かけします♪

コロナウィルス感染拡大に伴う、再度の緊急事態宣言下ではありますが、先週はオケ、今週は室内楽と、今月は演奏会に行けて嬉しいvvv

朝ご飯は半額ゲットしたお豆腐とお値打ちゲットした和牛のこま切れ肉を使った韓国風肉豆腐
オリーブ油×岩塩の冷奴もvvv豆腐ラブ。

おやつタイムにはロイズピスタチオチョコレートPISTA&TOKYOピスタチオサンドと、これまた半額ゲットした焼きキャラメルプリンを。
昨日出かけた近所のスーパー、週明け月曜が棚卸しみたいで、消費期限が1週間くらいあるものも半額だったんですよ~ラッキー。

さて、午後から相棒Vc-hikoちゃんと待ち合わせして先生への
差し入れをゲット。

・心よせ 結 

※画像は叶匠寿庵さんのサイトからお借りしました

可愛くて繊細で、おまけに軽い(笑)ので、ギフトにぴったりかなと思って。
いつもは生花に製菓(笑)を添えるパターンなのですが、ウイルス云々の問題もあって、生花は避けました。

というわけで会場へ。

本日のプログラムは
―――――――――――――――――――――――――
タイユフェーユ:ピアノ三重奏曲
ラヴェル:クープランの墓より「メヌエット」(ピアノソロ)
マルティヌー:ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲№2ニ長調
ラヴェル:ピアノ三重奏曲 イ短調
―――――――――――――――――――――――――
客席は半分に減らしての開催でしたが、1席置きではなく、1席の間隔が多少以前より空けてあったようなセッティングでした。
ラヴェル以外は知らない曲…私、ラヴェルの三重奏曲が大好きで、一番楽しみにしていました(^^♪

もちろん最前列を陣取って(笑)演奏スタート。


初めましてのタイユフェールラヴェルの直弟子で女性作曲家だそうです。
どおりで曲調がラヴェルに似ていましたが、ラヴェルほど癖?がなく素直な旋律と和声という印象で、やっぱりどことなく女性的でした。

実は師匠の演奏、このレベルの曲でがっつり聴いた事がなかったのですけど、師匠含めトリオのお三方いずれも、演奏スタイルはまさに武士!(誉め言葉です(;^ω^)て感じで、リアクションは地味だけど、きっかり仕事をこなす職人技。

地味に難しいフレーズをしっかり弾きこなしていらして、見事でした。

4楽章構成で盛り上がるフレーズもあって、なかなかに聴きごたえのあったタイユフェールの後は、しっとりとピアノソロ。

ラヴェルらしい浮遊感が心地良く、最初の興奮をなだめてくれました。

3曲目のマルティヌーは、チェコの作曲家だそうですが、曲調はフランスものっぽい雰囲気。
かなり高音域があったりして、めちゃくちゃ弾くのが大変そう(~_~;)でしたけど、その分ダイナミックで色彩感豊かな構成になっており、聴きごたえがありました。
ただ個人的には、元々ヴァイオリンとチェロのため…とはいえやはり内声のヴィオラが入った三重奏とかになってた方がいいのにな、と思いました。

そして待ってましたのラヴェルのピアノ三重奏曲!

冒頭の、漣か…はたまた光の乱反射のようなピアノの前奏から、ヴァイオリンとチェロのユニゾンが切なく鳴り響くところ、毎回ゾクッとするほど好き……vvv

去年から私も、室内楽強化期間と銘打って、ラフマニノフをレッスンし、これからクララ・シューマンの三重奏曲に取り組む予定ですが、三重奏ってホント、受け答えになってるフレーズのタイミングも難しいけれど、案外オクターブ違いのユニゾンが難しかったりして、合奏するのだけで大変なのに、ラヴェルの三重奏は技術的にもソロか!ってほど盛りだくさんで、超絶技巧の応酬!!

音源で聴いてると、美しいな~vvで終わってしまうところ、こうして演奏している姿を目の当たりにして、いかに難曲であるかを思い知りました。

それにしても改めて師匠の演奏を見てみると、手は結構お小さい方なのに、無理なく開いて音を捉えていて、すごいなぁと思いました。
手が大きくて指が長い私ですが、小指はピーンと立っちゃうし、その割に間隔が開かないし(ノД`)・゜・。


相棒Vc-hikoちゃんも手が小さい方で苦労しているので、「先生は手が小さいのに何の無駄もなく弾いてる」と改めて確認していたようです。

ラヴェルの三重奏ほどの難曲は、一生かかっても弾ける気がしないけれど、比較的挑戦しやすいトリオの曲は、もっと美しく、無駄なく無理なく弾けるようになりたいなぁ~と思いました。

終演後は予約していたお店で呑みましたvvv

手羽先で全国展開してる世界の山ちゃんの系列店です。

4,000円で3時間飲み放題のコースにしました。
まずは白穂乃香でかんぱーい!!

お料理は全体的に山椒風味たっぷり。
・麻辣ピーナツ
・名古屋餃子
・天心4種
・つるむらさき炒め
・鶏皮揚げ
・麻辣豆腐
・担々麺
・杏仁豆腐
飲茶バルと冠しているだけあって、おビールが進むメニューでしたvvv
後半はジャスミン梅酒をロックで頂き、ビール3、梅酒2の5杯飲んだから、元はとれたでしょう。

味もまずまずだし、白穂乃香が飲み放題に入ってるのはうれしいですね♪

お会計後、帰りがけにカイロをくれて、ぽかぽかで帰宅しました。

チェロ覚書♪♪第10期SKE 打ち上げ2020年12月19日

毎度打ち上げのために本番がある気がする(笑)

というわけで、今回は女子部らしく、昼下がりらしく、アフタヌーンティー打ち上げと致しました(^^♪

・アフタヌーンティーセット 4,000円
キャロット・ラペ
厚切りベーコンサラダのサンドイッチ
知多豚のチャーシュー
紅茶のゼリー
花園ゼリー
アールグレイのクッキー
5種のナッツ
アイリッシュモルト・プリン
薔薇のローストビーフ
フルーツの盛り合わせ
紅茶はカップorグラス提供で飲み放です。

去年演奏会遠征した時に利用したテイスト オブ ザ ランドマークスクエア オオサカのアフタヌーンティーで頂いたロンネフェルトの紅茶がどれも美味しかった(大阪おひとり旅o(^o^)o逆バレンタインな孤独のグルメ参照)ので、名古屋でも頂けるサロンが出来たと知って初利用。
紅茶でかんぱーい🥂

お肉料理が結構がっつり!
アルコール提供のないアフタヌーンティーに、ナッツがこれだけついてたり、スコーンがなかったり、メニューはちょっと不思議な感じで、実は食べ物も食べ残しなしならお替りOKという驚きのボリューム感でした(笑)

が、大食漢の私でも完食が精いっぱい。
もうちょっと一種類のボリュームが少なくてちょこちょこある方が理想かなとは思いましたが、味はまずまず。

紅茶は頑張って7杯飲みました!
①ゴールデンアールグレイ
②ダージリンスーパーファイン
③アッサムマンガラム
④イングリッシュブレックファストセントジョーンズ
⑤グリューワインティー※季節限定
⑥ローゼンテーミッドブルーテン
⑦ドゥードロップス
なるべく前回と被らない種類をセレクト。そういえばポットサービスじゃなかったから、全部ストレートにしちゃってミルクで飲むの忘れてた(;^_^A
やっぱり紅茶はどれも美味しかったです。

でもアフタヌーンティーセットはボリュームがありすぎたから、紅茶飲み放題だけつけてパフェとかスィーツを1個注文する方がいいかも(;^ω^)

発表会の反省点など楽しく歓談しながら…

練習の時からすでに話題が上がっていましたが、早くも来年に向けて三人で弾く曲決定

すでに先行着手している
★ショパン「ノクターン 第20番 嬰ハ短調『遺作』」
参考動画ペタ↓
これは今回同様、ヴァイオリンソロ+ピアノ伴奏にチェロ編曲を加えたなんちゃってトリオ編成にするので、もう1曲ちゃんとした室内楽の曲も。
★クララ・シューマン「ピアノ三重奏曲 op.1」 第1楽章
私が提案したラフマニノフ「悲しみの三重奏曲」は相当ハードルが高かった(;´・ω・)ので、もうちょっと難易度を下げて…とはいえ、本格的な室内楽の曲はやっぱり難しいので、果てしなき挑戦です。

そして来年はメンタルトレーニングを兼ねて、三人で武者修行する事も決意(笑)

新たな目標も明確になり、二人からクリスマスプレゼントも頂いて、胸いっぱい。
私からも手作りスコーンと英国展で買った紅茶をプレゼントしました。

この後、呑み足りない私と相棒は、二次会へ繰り出しました。
お腹はいっぱいといいつつ、野菜のピクルス鮮魚のカルパッチョ鮮魚と野菜のフリッターをアテに、私はビール呑み比べセット、フランスのシャルドネ、アルザスのクレマンを頂きましたvvv

コロナの状況如何ではありますが、今のところ来年の発表会では主宰アンサンブルでの参加も可能とのことだったので、そちらも勿論本格始動予定。

並行して室内楽強化年間を継続したいと思います。

チェロ覚書♪♪第10期SKE パフォーマンス2020年12月19日

いよいよ本番当日
朝ごぱんは昨日北欧展へもう一度行ってリピ買いしてきたデニッシュパン&クロワッサンをたっぷり頂きました♪
出演は午後からで無観客だし、衣装も着たまま出かけるから、例年よりは比較的軽装で、わりとサクッと準備完了。

今年の衣装コンセプトは、淡いブルー×グレイ
私はトップスにこれ↓をポチって
靴とロングスカートは手持ちのアイテムを組み合わせました。
演奏中はマスクを外してOKでしたが、時勢を反映しようということで敢えてのマスクを衣装にとりいれて、こちらもブルーをお揃いで着けることに。

その他、髪とかアイメイクとか爪はこんな感じ↓
隠れてない部分があるので一応自粛シールを貼っておく。
で、私は本番1か月前くらいになると、通し演奏は1日1回その日の初っ端しかしない、後は弾けてない&苦手な箇所だけ抜粋で弾くようにしているので、本番当日もこれまでは1回弾くかどうかという感じだったのですけど…

今回は時間の余裕もあったし、なんとなく不安要素が多くて、何度か弾いて、最終確認で本番当日厄落とし動画まで撮ってみました(笑)

まだまだ色々しくじってるけれど想定内かな…これより本番は間違いなく崩れるという覚悟を以て会場へ。

今回はコロナ対策無観客(同伴家族は5名まで)、控え室は利用不可出番の5分前に入場するシステムで、演奏時間は5分まで、その演奏時間によって与えられた前後の参加者との空き時間まで(参加者によって異なりますが私たちの場合は15分)が退出までの持ち時間でした。

短い演奏曲の方は、リハで1回弾いてから本番を撮影されるも可。

私たちは集中力をそがれるから演奏は本番1回にし、まずはマスク装着なしで記念撮影(笑)
今度はお揃いのマスクを着けて記念撮影(笑)
で、毎度のことだから予想はしてたけれど事前リクエストしてあったにも関わらず、ホールのひな壇などの都合で、通常のトリオ配置ではありえないようなところへ椅子と譜面台がセッティングされていたため、再セッティング。

そうすると動画を撮影されるカメラマンの方の位置取りや照明をやり直すことになって、それで時間がだいぶ費やされ…その間に調弦など済ませて、とっとと本番スタート。

ショパン「ノクターン 第2番 変ホ短調」 Op.9-2
 私…ヴァイオリン
 相棒hikoちゃん…チェロ
 Chikaちゃん…ピアノ
多少の緊張は想定内だったけれど、ちょっと久しぶりに弓も脚も震えちゃって(;´Д`A ```
心はものすごく冷静だし、集中力も保てているのに、右手と脚だけが相反して制御不能。。。。

だから、ただでさえ柔らかい音や重音を出すのに苦戦していたところは、普通に音を鳴らすだけが精いっぱいでした…Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

それでも破綻はせず、縦ラインは合奏練習の甲斐あって綺麗に揃っていたし、弾いてる最中は遅いと感じてた(多分緊張で)テンポも、ピアノのChikaちゃんが練習どおりの速度を保って弾いていてくれたおかげで奔らずに済んで、全体的にはまとまっていたと思います。

個人的にはあれだけブラッシュアップしてきたのに、できなかったことが多くて悔しさいっぱいでしたが。。。。

技術以外にもメンタルトレーニングをする必要ありかな。。(ノд-。)クスン

教室で公式な動画配信(限定公開)はありますが、スマホで先生が撮って下さった演奏動画を確認しては、この半年超の努力がなんだったのかと…やや放心状態。

ま、終わってしまったことは仕方がないし、オケやアンサンブルに紛れて弾いてきて久々にまともな室内楽をやると、この程度しか弾けないんだなぁという事を思い知らされる発表会でした。

残念無念はあるけれど、練習や、一緒に弾けた事は楽しかったし、自分の演奏技術を見直すよい時間だったので、今日の日を室内楽デビュウ?の思い出の1ページ目に刻んで。。。。

この後は皆で反省会(打ち上げ)しましたので、次の記事にて。

チェロ覚書♪♪第10期SKE 合わせ練習3回め※最終2020年12月05日

記念すべき10周年を迎えた主宰アンサンブルSKE
ですがコロナ禍につき今期は女子部だけでの活動です。

今回の演奏曲は
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ショパン「ノクターン 第2番 変ホ短調」 Op.9-2
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

楽器編成は以下↓※ [ ]はメンバーの通常レッスンコース。
 私…ヴァイオリン[チェロ]
 相棒hikoちゃん…チェロ[チェロ]
 Chikaちゃん…ピアノ[ピアノ]

今日が本番までの最終合わせ。

先週うっかりで怪我した左手人差し指の傷もほぼふさがりました!
朝ごぱんもしっかり食べて…
ちょっと練習してからスタジオへ。

これまでは教室のスタジオを利用していたため、ピアノもアップライトだし、楽器のレイアウトも本番仕様じゃなくて、色々支障があったのですが、今日はなるべく本番に近い仕様で練習できるよう、多目的ホールをレンタルしました!

本番が近づいたので、先週弦も交換完了♪
今回は値段と色合わせ?でピラストロ社ヴィオリーノにしました。
左がこれまで張ってあったラーセンのイルカロリーノ ソロイスト、右が今回のヴィオリーノ
開封してみたら…ボールがガンメタだった!!
カッコイイ!!ボディがブルーでホイールがガンメタの車みたい!!
全弦同じヴィオリーノ
弾いてみた感じ、音は柔らかめというレビューどおり、今回の曲にも合ってると思いますvvv
ただ、最近この弦に限らず思うけれど、私のやっすいカーボン弓がテンションの低い弦と合わなくて(-_-;)
自分が欲しい柔らかな音を目指して弦を選ぶと、弓がうまく乗ってくれないんですよね…高望みせず、そろそろ手ごろなン万くらいの弓を買おうかな。

そんなこんなで皆と合奏。
本番もこのトリオ配置で行きたいのですが、本番のホールをChikaちゃんが個人レンタルで確認してくれた感じだと、ひな壇がせますぎて、弦チームはひな壇に乗れないかも(;^_^A

まずは前回からニュアンスを変えた部分を敢えて事前申告せずに、「変わってるけど合わせてみて」もらって、1回通し演奏。

みんな、アンサンブル脳は鍛えられていて、そこは合わせてくれたので、具体的に変えたところ、緩急や強弱のニュアンスや各楽器のバランスをもうちょっと整えたいところなど微調整して、1度動画も撮ってみました。
この↑画像も実は動画からスクショしたやつ。

弦も張替えたし、本番弓も使って、だいぶ柔らかい音色になったつもりでいたのですが…録音や動画で動きをチェックすると、音が濁ってたり、音程が微妙だったり、まだまだ修正しきれていない箇所がちらほら。

少しでも曲想に沿った表現ができるよう、本番まで二週間は苦手箇所を詰めることに集中したいと思います。

練習後はみんなで晩御飯。


Chikaちゃん相棒hikoちゃんたちがウニ好きなので、絶対このメニュー選ぶだろうと思ってたけど、やっぱり二人ともウニのトマトソースパスタでした(笑)
ウニが苦手な私はルパンカリオストロ(フェニボーレ風ボロネーゼ)
のん兵衛の私と相棒hikoちゃんはチリのシャルドネをボトルで注文。
おつまみに浅蜊とムール貝のワイン蒸し&枝豆ガーリックをいただきました♪

終わる前から、次回もトリオで何かやりたいね~と意欲満々。
SKEフルメンバーでのパフォーマンスも来年はやれそうなので、そちらも徐々に再始動したいし。

室内楽は勉強になることが本当に多くて、オケやアンサンブルで演奏するのとはまた違う、自分の技術の足りない部分が露呈するので、今後も積極的に続けていきたいと思います。

まずは二週間後の本番を目指して、ファイト!

チェロ覚書♪♪第10期SKE 合わせ練習2回め2020年11月15日

記念すべき10周年を迎えた主宰アンサンブルSKE
ですがコロナ禍につき今期は女子部だけでの活動です。

今回の演奏曲は
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ショパン「ノクターン 第2番 変ホ短調」 Op.9-2
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

楽器編成は以下↓※ [ ]はメンバーの通常レッスンコース。
 私…ヴァイオリン[チェロ]
 相棒hikoちゃん…チェロ[チェロ]
 Chikaちゃん…ピアノ[ピアノ]

今日も練習前にがっつりランチしました。
私はチリコンカン チーズ+ポテト 1,500円をチョイス。
ドリンクはセットじゃないので単品でアイスチャイにしました。
右上のは相棒hikoちゃんアボカドチーズ

サーブされた時にチーズが蕩けて、チリコンカンがちょっと雪崩れる…映えなビジュアルにテンションUP!

全粒粉のバンズは軽めでパリッと焼かれて食感がいいし、パティはしっかりしてるけど赤身が多いのかあっさりめ。

見た目かなりボリューミーですが、しつこくないのでペロリ完食。

チャイも、少し甘めだったけれどスパイスが濃くておいしかったです。

まだまだ練習時間まで余裕があるので、おやつも食べにいっちゃう。

こちらは店内撮影禁止でしたので、外観のみ。
私は薩摩芋と林檎と栗のケーキ季節のジュース桃
ずっしりだけど甘さはかなり控えめでペロリ完食。
相棒hikoちゃんピスタチオのケーキもピスタチオムースのところに色んな果物が入っていて、生クリームでデコレーションされたやつで、美味しかった~♥️
いつ営業してるか分かりづらい&イートインスペース少なくてなかなか訪問出来なかったけど、大満足。

まだ時間が余ったため、鶴舞公園を一周お散歩してから、スタジオへ。

前回課題となった速度の改変を受けて、今回は予め、ヴァイオリンパートでタメが発生するところのガイド付き譜面を二人へ配布しておきました。
ヴァイオリンとピアノの譜面↓赤枠がヴァイオリンのタメる部分。
ただしヴァイオリンは一部編曲して変えてます



チェロはこの↑譜面に追加で編曲したのでソロ譜ですが…
で、すぐこれを実践するのではなく、まずはインテンポ四分音符=40の速度でメトロノームに合わせて合奏してみました。

1回目は若干遅れがちながら食いついてる感じで、テンポ感がリズム感に乗っかってない感じ。
私が頑張って引っ張るくらいの印象だったので、2回目もインテンポ合奏して、40の速度をキープ。

基準の速度を掴んだところで、ワンフレーズずつ区切りながら、タメが入るところのヴァイオリンの確認と、タメの中では無理に合わせず、タメが終わった直後の音のタイミングを合わせる意識を高めて、部分演奏。

緩急のメリハリがついてきたところで、強弱のメリハリもつけてみて。

最後に合奏録音して終了。
前回、5分ギリギリ切るくらいの演奏時間だったのが、今日は目標の4分30秒を切るくらいでいけました!

緩急やニュアンスも、やりたいことが伝わるレベルについてきたし、合奏になってきた~。

私はまだ、ちょいちょい弾き切れていない部分があったので、そのあたりの精度をきっかり上げることが課題。

あと、前回個人レッスンで変更した重音のフィンガリングは、まだ修正版に慣れていないけれど、これまでのフィンガリングよりは音の濁りも減ったので、変えたフィンガリングでちゃんと弾けるよう練習していこうと思います。

最後に、ラスト1小節の重音
ものすごく苦手意識があり、今日の仕上げ演奏ではなんとか響きと音程を保っていたのはよかったものの、本当はpppで消え入るように響かせなくちゃいけないのに、グランドフィナーレみたいな鳴らし方になってしまい(;´Д`)

個人レッスンで先生に相談してみます…。


今日の演奏で合奏としてはそこそこまとまったので、一か月後に本番を迎えても大丈夫かなとは思うのですが…
スタジオのレイアウトの都合で、本番のようなトリオ配置で練習できていないのが、ひとつだけ気がかりで。

皆の予定が合えば、最終合わせ練習をやるかもです。

今日は暖かくて、スタジオ内も緩く冷房入れてたのに汗だくで。

帰りにまた東北物産展へ寄り道し、ジェラート食べちゃいました♬
・桑の葉茶×玄米茶
桑の葉茶は抹茶の和菓子?のような味わいで、抹茶とも煎茶とも違う味が癖になりそう。
玄米茶には玄米が粒粒入っていて、こちらも香ばしいvv
素材感たっぷりで、後味すっきり。
すっかり気に入ってしまいましたvvvv

ヴァイオリン覚書♪~ランチタイム名曲コンサートVol2089 ピアノカルテットで奏でる秋2020年10月24日

今日はヴァイオリン師匠が出演されるカルテットのコンサートに行ってまいります。

その前に、せっかく栄まで出かけるので、またまたレイヤード久屋大通パークに行き、今度はお外モーニングしてきました(^^♪

・小倉あんバタートースト 450円
 +300円で自家製レモネード(炭酸なし)
パンは耳がしっかりしてて、中はもっちりずっしり系。
この厚さは、かなり食べ応えあり!
何よりエスプレッソで炊いた餡子が美味しい!
ちょびっとフレークの岩塩がかかってるのもいい。
後、接客が気持ちいい。
久しぶりにゆったりしたモーニングできた感じです(^^♪
クラフトビールの品揃えもいいし、朝からシャンパンもあるし(笑)今度はランチかカフェで利用したいな。

大満足で、コンサートへ。
★宗次ホール ランチタイム名曲コンサート
  ピアノカルテットで奏でる秋
※画像は宗次ホールさんの公演情報からお借りしました

本日のプログラムは
 エルガー:愛の挨拶
 日本の歌メドレー 赤とんぼ~小さい秋見つけた~村祭り~ふるさと
 ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ第3番より第1楽章 変ホ長調[ピアノ・ヴァイオリン]
 ショパン:ノクターン Op9-2  変ホ長調[ピアノソロ]
 J.Sバッハ:G線上のアリア[ピアノ・ヴィオラ・ヴァイオリン]
 ブラームス:ピアノカルテット 第1番より第4楽章 ト短調
(アンコール)
 ブラームス:ワルツ

今日はすべて知ってる曲だし、自分が年末発表会でトリオ演奏する曲もあるし、秋はブラームス(笑)だし♪
やっぱり、ヴィオラが入ると和声が気持ちいいなぁ~vvv秋っぽい!

一番のお目当てだったブラームスのカルテットが特に良かったです!
心がワクワクしましたvvv
アンコールのワルツもブラームスで、こちらはMCでも仰られた通り、直前のカルテットで高揚した気分を、いい感じになだめて癒してくれました。

今月は生演奏が2本も聴けて、よかったなぁ。

そろそろ交響曲や協奏曲の生演奏も聴きたいです。

るんるん気分で迎えたランチもレイヤード久屋大通パークで。
日替わりランチセットは下田さんの熟成豚から、焼く、蒸す、煮るのうち、<煮る>の熟成豚で作った角煮と平飼いの煮卵 1590円をチョイス。

したんだけど…野菜はこだわり産地で美味しいし、それを活かすためのシンプル調理なのは良いとして、思ったほどボリュームがなかった…(ノд-。)クスン
あと、ライスにすべきだった…パンの味は普通だし、おつゆにご飯入れた方が満足感出ましたね(-_-;)
1人だけど4人掛けのソファ席へ通してもらったものの、ローテーブルでご飯は食べづらかったのも難点。
んんん~おしゃれだけど、やっぱりキャンプ飯だから、こんなものかな。
色々満たされなくて速攻で駆け込みティータイム。
ダンデライオン チョコレート ポップアップストア
・名古屋限定コーヒーフロート880円
お天気が良かったので、テイクアウトにして…といっても目の前のテラス席を利用して、テレビ塔を眺めながらまったり。
今日はワンコをお散歩してる方もちらほら見かけたし、ベンチに憩う老夫婦やカップルや家族連れも沢山いらして、休日らしい雰囲気にほっこりしましたvvv
そんな中で頂いたカカオニブ入りのソフトクリームは、ニブがザクザクしてなくていい感じに一体化してるから滑らかで美味しい!
コールドブリューのコーヒーは、味と言うより舌の中でじんわり広がる香りを楽しむ感じ。
ここは来春までの営業だから、利用しておいて良かったです♪
ようやく満たされない想いを回収し(笑)
少し三越をウィンドウショッピングして、お買い物もした後で、帰りがけの地下街で前から気になってたコレ↓買いました。
★咖喱&カレーパン 天馬
で、さっそく晩御飯にモッツアレラチーズ入りの方をいただく。
いつものようにNHK-FMでN響ザ・レジェンドを聴きながらの晩酌タイム♪
今日は一日、めくるめく音楽と食の世界に浸れて、いい気分。
が、爪が弱すぎてあまりにもピスタチオの殻が剥けなかった( ノД`)シクシク…ため、先日買ったプレスバターサンド栗に手を出す。


いい音楽があると、お酒が進む~。
というわけで、シメは堅あげポテト白えび味(;'∀')
天高くありこゆる秋です…(;^_^A

チェロ覚書♪♪第10期SKE 合わせ練習1回め2020年10月18日

記念すべき10周年を迎えた主宰アンサンブルSKE
ホントは過去最大人数で、過去にない演出を計画していたのですが…コロナ禍の現状で叶わなくなり、今期は女子部だけでの活動となりました。

今回の演奏曲は
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ショパン「ノクターン 第2番 変ホ短調」 Op.9-2
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

楽器編成は以下↓※ [ ]はメンバーの通常レッスンコース。
 私…ヴァイオリン[チェロ]
 相棒hikoちゃん…チェロ[チェロ]
 Chikaちゃん…ピアノ[ピアノ]

今日は初合わせだし、Chikaちゃんとは2月の新年会以来、久々に逢うので、スタジオレンタル時間など諸般の都合もあって、ランチ&お茶ミーティングからスタート。

ランチ予定のカフェが1時間半待ちだったため、先に軽くお茶しちゃいました( ´艸`)

・豆乳きなこラテ アイス(ドトール)
皆これを注文してたから何となく同じのにした(〃艸〃)ムフッ
普通に美味しかったけど、氷が多かったです…。

待ち時間は衣装合わせやら合わせるニュアンスやら、ちゃんと打ち合わせして…

・ランチB キッシュプレート(スープ・パン・ドリンクつき) 1,200円
+200円で白ワインにしました♪
3種から選べるキッシュ、私は茄子とひき肉と青梗菜のキッシュをチョイス。
以前のキッシュプレートはワンプレートにデリの種類が多めで、キッシュのカットがこの1/3くらいだったけれど、デリの種類が減ってキッシュが大きくなったみたい。
これも良きかな。

お腹はいっぱいになったのだけど、スタジオ予約時間までまだまだ余裕があったし、気になったので、名古屋コーチンのシュークリーム紅茶を追加注文。

カスタードがガッツリ入ってて、美味しかったけれど相当お腹膨れました…。。苦しいっ!

というわけで、練習スタート(^^♪

テンポがかなり揺らぐため、指定速度を定めづらくて、一応40としましたが、今日はニュアンスの確認もあるから、だいぶゆっくりめの速度からスタート。

タメるところのニュアンスやテンポ感など、フレーズごとに切って確認演奏してゆきましたが…

何か違和感のあったとこが、チェロの6~7小節め↓。
同じ小節をヴァイオリンとピアノはこう↓弾いてて、
よーく比較するとわかるのだけど、7小節の前半まではチェロにしかない旋律になっています。
が、それが全然聴こえてこなかったから、あれ?とツッコんだら

「音程に自信がなくて、コソ弾きしてた(-_-;)」

との事。
練習だし、まして初回だから、そこは気にしなくていいのに。

ここが聴こえてこなくて、私はpじゃなくppか、いっそpppくらいで弾いてみたりしたので(笑)、ここは今後、チェロが一番目立つくらいのつもりで自信を持って弾いて欲しいです!

ニュアンスのすり合わせは確認すれば割とサクッと合ったので、思ったよりはすんなり合奏できた感じ。

やっぱり私は重音部分のフレーズの音程が捉え切れていなくて汚いのと、まだ柔らかさが足りない点を頑張らないとなぁ…。

今日の最終通し演奏を録音したら、規定時間5分をぎりぎり切ってるくらい。
弾いてる分にはいい感じに落ち着いて弾けて、このくらいのテンポで仕上げればいいと思いましたが、後から確認してみると、弾いてる時よりずっとテンポが遅く感じて、ワルツらしい軽やかさがあんまりない…。

ので、次回はテンポアップして弾いてみたいです。

課題点も見つかったし、うまくいった部分もあったし、有意義な合奏練習でした。

ところで待ち合わせ前に、がっつりパン活してた私(;^_^A
SURIPU(スーリープー)
*焼きたて食パン
*ホールウィート食パン
*ブリオッシュ食パン
*チャパタ
*カンパーニュ
*紅茶のブリオッシュ
*3種の豆パン
*茄子のキッシュ
*ゴルゴンゾーラとじゃがいものキッシュ
*クロワッサン

45分待ちでしたが、一度買ってみたかった食パンが買えました♪
全部で4,500円近くいったけど(爆)、このために冷凍庫開けてたし、満足です。

少しずつ楽しみま~す(^^♪