最近のおうちごはん&お弁当&おやつφ_(*^▽^*)_ψオサレ弁当と果物&野菜たぷ~り2017年07月28日

憂鬱な月曜日。
気分UPのために、週末買った果物を総出演させて、贅沢ヨーグルトを頂きました。

・ネクタリン、ソルダム、佐藤錦の蜂蜜ヨーグルト
全部バラ科vvv
バラ科の果物だーいすき♪

お弁当は前晩に焼いておいたガレットvvv
厚揚げと白いんげん豆のゴーヤわた入り和風冷カレーをベースにして、チーズと卵をプラスしました。

前晩のお夕食で食べたのより、クオリティ上がってるでしょ!?
結構焼きっぱなしにしててもそんなに焦げないと分かったので、卵が半熟になる直前まで畳まずに生地を焼いて、最後に畳むくらいにしたんですよ~見事にパリパリ!

でもお弁当に持参したから、残念ながら熱々の時のパリパリ感はなくなっちゃいました~(;^ω^)
冷めても美味しいからいいけど。

バラ科繋がりで、職場の先輩からもらったオヤツ↓

帰宅後は、作り置きカレーがあるから楽チン。

・魚河岸揚げ 枝豆(紀文)

翌朝は、消費期限1日切れちゃったシュークリームを自己責任で食べて…
柿の種をオヤツに持参しました。

・カルピスシュークリーム レモン(ヤマザキ)
・柿の種 博多明太子味(三幸製菓)

お弁当はもちろんガレット♪
さらにボリュームUPしたら、こんなにでっかく(笑)なったけど、生地の焼き加減は一層クオリティUPで自画自賛です。

火曜はばよりんレッスンがあったので、カレーの残りを平らげて…
翌日のお弁当はありものを挟んだサンドイッチにしました。

ヴィエノワーズ ナチュール(メゾンカイザー)で魚河岸揚げ 枝豆(紀文)サンド


晩御飯…作り置きがなくなってどうしようか…悩んだのですが、レンチンを駆使して時短で作りました。

ピーマン種とワタもしっかり使いましたよ。
でも見た目でなんかボリュームが足りなさそうだったので、おやつも食べようかとスタンバイ……してたけれど十分でした。


お弁当は、冷えおかゆ弁当にしたので…画像スルー。

今週ずっと、もやもやストレスが溜まっていたので、翌日は定時退社後の気分転換にJR名古屋タカシマヤの催事”雑貨で楽しむ世界旅行”をふら~っと覗いてきたついで、地下食で色々ゲットしてきました。


★ポンパドゥル
・もちもちお米パン
・塩パン
・カイザー 
・甘夏のデニッシュ 
・林檎と無花果のデニッシュ 
新米さんぽい店員さんが、一生懸命丁寧に包んでくれました。
デニッシュのプラケース上下逆に入れちゃってて(笑)私も焦った(;☉_☉)けど、先輩店員さんの指摘で詰め直してもらえて、ホッ。 だいぶ時間がかかりましたが…焦ってぞんざいに扱われるよりはいいから…そっと見守る派の私です(ᇂωᇂ)

晩御飯用のお惣菜にと、食べるスープ ホワイトアスパラ(なだ万厨房)も買ったけれど、副菜程度にしかならないから、ちゃちゃっとメイン作ったなり。

パック納豆はこれで完食。

この日、以前ミイルで見て食べたかったスウィーツを併せて買ってきたので、翌朝頂きました♪
・もちっとプリン わらび餅入(ケーニヒスクローネ)
・ネクタリン&ソルダム
底にカラメルソースが絡まったわらび餅がいっぱい入ってます。
プリンもかっちり系でずっしり入っているので、結構なボリューム。甘さは控えめなのですが、半分くらいで満足できるかも。

そしてプレ金(プレミアムフライデー)。
弊社は全く恩恵に預かれないブラック企業ですが、始まって1年にも満たない現段階で、見直しとか言われてるようですね?
見直しってか、いっそなくしたら???まぁ、企業格差が一層露呈したという面ではやってみた価値はあったのかもしれないが、政策にするほどのものでもなく、現状採用してる企業はそのまま企業レベルで続ければいいんじゃないかと思います他人事。


現実問題、たとえ弊社で採用されたとしても、毎月旅行したり、高額な買い物したりって、私の薄給じゃ絶望的に無理
前述の流れからも窺い知れる通り、お野菜の種やワタまで食べて節約しようとしてるくらいの経済状態ですから(笑)

贅沢といえば、美味しいお野菜を色々沢山食べる事くらいですよ。
というわけで、前晩に作っておいた贅沢おでん、頂きましょ。

・食べるスープ 枝豆(なだ万厨房)

人参じゃがいも玉ねぎ南瓜ズッキーニ枝豆おくらトマトセロリゆで卵魚河岸揚げ 枝豆(紀文)入り。
とぉーっても贅沢気分でした♪これぞプレミアム!?
これで吞めたら最高なんだけどなぁ~残念ながら禁酒期間ですので…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの管理人のハンドル名をお答えください♪

コメント:

トラックバック