【雑記】腱鞘炎の治療に向かって…ない!?2016年11月01日

腱鞘炎覚書3回め。
というか、腱鞘炎本格的に治療しようと思って通院し始めたのに、もはや腱鞘炎とは違う治療へ向かおうとしている気がするので、今回そんなタイトルです。
過去2回の覚書はコチラ↓から参照くださいませ。


重複しますが、ざっくり経過月表。

2016年2月
両手首に痛み。アイシング等で様子を見るも改善されず。

2016年3月
触診問診の結果、テニス&ゴルフ肘向けのサポーターを装着し、2~3年かけての治癒をすすめられた。
一時的にでも鎮痛効果があるかを試すため、左肘へ関節腔内注射を打つ→全く効果なし

2016年6月
両手親指の付け根(手の甲側)に痛み。アイシングorウォーミング等で様子を見るも改善されず。

2016年7月
両手親指付近の痛み以降、おそらくサポーターの効果で手首の痛みはある程度軽減されたか、逆にサポーターの弊害か、両手の握力が著しく低下、こわばりを感じるようになる。起床時は特に硬く、ストレッチしてからでないと手をついて起きあがる事ができない。
同時に上腕側面から肩にかけての痛みが広がり、両腕を背中へ回す事が困難になる。

2016年10月10日
頸椎から両肩にかけて激しい凝りを感じ、後頭部と額付近に頭痛
この日から二週間以上、毎日同じ頭痛が続き、持病の片頭痛&緊張型頭痛かと自己判断してマクサルトロキソニンを併用するが効果なし。

2016年10月14日
再び、かかりつけ医院へ相談
問診の結果、神経内科のある総合病院の整形外科で検査および診察の上、手術をすすめられた。何故か紹介状を頂けず。

2016年10月24日
触診問診の後、頸椎、肩、肘、手首、親指付け根の合計18箇所をレントゲン撮影した結果、頸椎に関しては加齢による状態が見受けられるものの並びはむしろ綺麗、親指付け根はドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)に違いないが装具の使用によって改善が見受けられるのであれば手術の必要はない。肩の動きには明らかな異常があるがレントゲンでの異常は認められないため、MRIでの判断が必要。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

というわけで本日。

紹介状とレントゲン画像を携えて、紹介先の総合病院の診察を受けてきました。
結果は更に悶々です。正直かなり面倒になってきてます!
そんな遣り場のない想いを、またしてもブログへぶつけます!!

2016年11月2日
綜合病院の整形外科(肩・手の外科)で診察を受ける?
レントゲンの頸椎画像から、なで肩で肩に不具合が起こりやすいと指摘された。
触診問診の後、エコーで両肩の腱の炎症度を確認。やはり右より左肩が重篤という事で、リハビリを薦められ、診察後リハビリ科の予約を取る。
鎮痛のため、関節腔内注射を打つ→全く効果なし
関節リウマチ診断の為、採血。


本日は肩と手の外科の両方で診察があるはずだったのですが…初めてお世話になる病院だったので早めに行って、診察券を作ってもらったりして、それでも予約時間より1時間半くらいの余裕を夜のヴァイオリン&チェロレッスンの譜読みに費やそうかと思ってたら、診察の空き時間にぶっこまれたらしく、早々に診察となってビックリ(;゚Д゚)

で、今日も結局、右肩の診察がメインになってしまい、結局手の外科の診察ってどうなったの…?的な。肘にも以前同じ注射を打って効果がなかった(その当時は肩の痛みがなかったので)件はお話ししたのですが、今日も場所は違えど同じ措置を取られて、即効性があると言われたのに全く効果がないどころか、注射のせいで射された付近がむしろ痛い(( ノД`)シクシク…


関節リウマチは、これまでにも可能性を疑って調べたんだけど、違う気がする。身内に罹った人も多分いないし。

それよりはキーンベック病の方が近いように思うのだけど、これはレントゲンでは判断できないらしく、今日の診察でもMRIを撮りましょうという話はなかったから、手より肩に診察が集中してるしで完全にスルーされてますね、がっくし。

そもそも、手術を薦められて町医者から総合病院へ来たと言ってるのに、手術しない方向へ進んでいる事がイミフメイなのと、原因となった箇所より、現在痛い部分の治療へ移行していくのは何故?

手術の必要がないなら、初めから高い検査費をかけて総合病院へ通う必要もなかったし、結局時間をかけて自然治癒という結果になるなら、この通院で無駄なお金と時間(振休&有給)を費やしただけという事になるので、年内をタイムリミットに治療方針の見切りをつけたいです。

でも完全に出端をくじかれたので、もう「仕事の帰りでも通える整形外科を紹介してください」という思いに傾いています。

そして、手首の腱鞘炎の対応策として装着していた肘のサポーターが原因で、肩と手へ痛みが移ったのならば、いっそサポーターを外してもう一度、本来痛かった部分へ痛みを戻したらどうだろうという荒療治を行う事を、私が勝手に決めました。
元々、肩も手も痛くなかった。痛かったのは両手首だけだったのに、サポーター着けたら両方が痛くなったって事は、肘や手首へ負荷がかからない分、他所へ負荷が移ったってことなんだから、多少痛みが和らいでる手首と肘へ負荷を戻して均等にしたらいいかもしれないし、むしろ手首をもう一度重篤状態に戻して、腱鞘炎として対処してほしい。

もう、ホントいやだ。
病院を変えた事で余計、違う煩わしさが増えて良かったと思える点がないのです。
ため息しか出ませんよ……とほほ。

コメント

_ kuri ― 2016年11月02日 21時15分21秒

ありこさん こんばんは〜

泣くわ。読んで泣けてくる!
そして腹立つわー
\\\٩(๑`^´๑)۶////

可哀想で仕方ないです。
大きな病院にかかるだけでも、時間やお金がかかるのに!
疲れちゃった+腹立ったで終わらなんて。

ようし!
またの宅急便を待つのだ〜 (笑)
明日出かけてくるずら(笑)

_ ありこ ― 2016年11月03日 00時35分55秒

>kuriさん

なんの進展もないどころが、むしろ無駄が多くて、患者の意向無視ってあたりは本当に腹立たしいです。
もう、このタイミングで手術しなければ、年末進行な楽器イベントの都合で次は来年末になるので、それまで我慢するしかなくなりますし、善くなるようには思えません。

そんなこんなで今日のワイン講座はヤケ酒でした!

私もおさんぽして気晴らししたい!それができるお金を治療に繋がらない検査に費やしてるのかと思うと、無駄にしか思えません…。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの管理人のハンドル名をお答えください♪

コメント:

トラックバック