東京グルメ旅行o(^o^)o~六本木&麻布十番パン屋巡り2017年10月24日

旅とパン屋巡りはワンセット(^^♪

今回も行ける範囲の気になるパン屋さんでお持ち帰りしてきましたvvv

まず1軒目は六本木駅近くのパン屋さん。


併設カフェもあり、併設ワインショップとも提携していて、買うだけでなく食べる事も楽しめるお店。

私はハード系パン大好きっ子ですので、バケットをお持ち帰りしたかったのですが…とりあえず1軒目で長いものを買うとヤバい感じなので(;^ω^)自粛して、なるべく潰れない系のパンを厳選してきました。

・カヌレ 抹茶
大きさは標準、ずっしりと重め&甘めで、色目ほど抹茶風味は感じなかったかも。

・クロワッサン
生地は重め、噛みごたえのあるパイ層、ちょっとリベイクにコツが要るかも。

・ライ麦入りベーグル


・栗あんぱん
生地は白玉粉入りっぽいです。
もっちりしててずっしり重たく、大福の皮みたい。
漉し餡がとっても上品な味でした。和菓子屋さんの餡子みたい。

・六本木あんぱん
これも白玉粉入りの生地のようです。
こちらは粒あん。やっぱり餡子が美味しいvvv

・ラム漬け無花果とクリームチーズのパン
こちらも生地はずしりと重たく、もっちりした固めのクリームチーズに、トロトロの無花果がたっぷり!

ハード系を狙って買った事もあるけれど、全体にかなり粉の詰まったずっしりしたパンが多くて、1個の重量感半端ないです(笑)
特に白玉粉入りの生地と、何といっても上品な餡子が気に入りました♪

この後、麻布十番へ移動してちょっと歩いたところにぽつんとある2軒目のパン屋さんで爆買い。

イートインスペースはランチタイムという事もあって混雑していました。

食事系のパンの棚には、おやつ系でもいけるソフト系からハード系まで数種類ずらりと並んでいます。
ゴロゴロとフルーツの入った食パンたちにとっても惹かれましたが潰れやすいので敬遠して…

・フルーツのロデブ 400円
ウェッティなドライフルーツが魅力的なこちらをゲット。
パン生地もほどよいもっちり感で美味しいです。

・ゴーダチーズフランス 315円
フランスとありますが、ソフトフランスパン…って感じかな。
柔らかくて、たっぷり入ったゴーダチーズをもlっちり

・イタリア栗と無花果のパン


・木苺とイタリア栗のアールグレイデニッシュパン

・湘南小麦のリェージュブション 330円


・大人のコーヒークリームパン
ホントはキューブ形なんだけど、潰れちゃった(;´Д`)
ほろ苦いコーヒークリームが確かに大人味でした。

・柚子クリームパン
ちょっと歯ごたえのある生地に、かっちりした柚子カスタードクリームが入ってて、ものすごく柚子の香りでした。

・豚肉と野菜のデニッシュ
カマンベールチーズがごろんと入っていて、お野菜とのバランスもなかなか良かったです。

そして最後に六本木一丁目駅からちょっと歩いたところにある3軒目のパン屋さん。ここはミイル友さんの投稿で知りました。

こちらもイートインスペース、カフェメニューが充実しているみたい。

ケーキや焼き菓子も沢山!

しかし私はひとまずパンを買い漁る!

国産バターのクロワッサン 250円
これでも十分美味しかったのですが、倍値近くするクロワッサンがありまして…


クロワッサン(仏) 480円
フランスAOCバターを使用しているそうで、値段の違いはバターの単価の違いだと思うのだけど、じゃあ仕上がりがどれだけ違うのかを確認したくて、買ってみました。
確かに、リベイクした時の香り高さ、同じパリッとしてても噛んだ時の香ばしさの違い、そして食感は歴然としていましたよ。
でも私のような庶民が普段買うなら、380円くらいまでだな…。

・ブリオッシュ

・バケット・トラディション

これ切った感じで、食べる前からかなり私好みの味と感じました!
大事に取っておいて、美味しいおつまみと一緒に食べたいですvvv



・ドライトマトとオリーブのパン

これはワインのお供にぴったり。
皮パリッと、中はややもっちりと食べ応えがある生地でバランス良いです。

・ヴィエノワーズ
メゾンカイザーのヴィエノワーズ ナチュールよりひと回りくらい大きいです。サンドイッチ用に買いました。

・南瓜と豆乳のパンドミ
南瓜の味はほとんどしないけれど、何となく豆乳の舌触りを感じて、皮がパンドミらしくパリッと香ばしいです。
もっとオヤツ寄りのパンかと思ったけど、お食事系でした。

・カヌレ
ミイル友さんおススメのカヌレもゲット!
ちょっと小ぶりだけど安ッ!
もっちりと柔らかくて、甘さ控えめ、パクっと行けちゃう味でした。
余分に買って、職場の女子に配ったら好評でした(^^♪

これらはほぼ解体して冷凍庫へ~~
しばらく冷凍庫になにも入りません(笑)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの管理人のハンドル名をお答えください♪

コメント:

トラックバック